2019年上半期 難しかった&面倒だった&簡単だった各種トロフィー 5選を紹介! | エピックパインのゲームブログ

エピックパインのゲームブログ

閲覧ありがとうございます。
このブログでは主にFPSやバトロワゲームのレビューや感想。
たまにPSNトロフィーガイドなどについて書いていきたいと思います。
ブログ主やフレンドのPSN ID情報は原則非公開とさせていただいております。

今回は2019年の上半期に私が獲得したトロフィーの中で難しかった、面倒だったトロフィー。

逆に簡単だったトロフィーを各カテゴリで5個ずつ紹介していきたいと思います。

計測期間は2019/01/01から06/31まで。今回の獲得数は「435個」と、去年の下半期よりも少なくなっています、、、

今年の下半期は500個あたりを目指したいです。

 

ここでの「難しかった」と「面倒だった」、「簡単だった」の定義について簡単に説明すると、

  • 「難しかった」は、獲得する事が困難で、プレイヤースキルや運要素を必要とするトロフィー。
  • 「面倒だった」は、トロフィー獲得の難易度や内容が簡単なものの、獲得まで多くの作業時間が必要で、精神的に苦痛だと感じたトロフィー。
  • 「簡単だった」は、ゲームを起動してすぐにそのトロフィーを取れるくらい簡単なものや、ゲーム全体を通して非常に簡単なプラチナトロフィーを指します。

それでは早速紹介していきたいと思います。

 

難しかったトロフィー

 

5位 武器に夢中 - ロケットランチャーを入手する

バイオハザード コードベロニカ完全版

 

 

つい最近紹介したコードベロニカのトロフィーの1つで、Sランクリアすると言うもの。

PS2アーカイブ版なので全編ラジコン操作。

コードベロニカ自体が本編が長く、それなりに難易度が高いゲームだったので大変でした。

 

4位 収集 - 全ての武器と装身具を入手した。

メタルギアサバイブ

 



どちらかと言うと、面倒だったトロフィーの1つでしたがこちらにランクインさせました。

ランクインさせた理由は過去の記事に書いた通り、大型矢筒がサルベージミッションの難易度エクストリームでBランク以上をクリアする必要があるからです。

難易度エクストリームの参加条件が、1つのサブクラスを最大レベルにする必要があるので、かなり参加人数が絞られてしまう上に、しっかりとした装備を固めないといかないのでここまで到達するのも大変で、人口も少ないので今でもマッチングするのか不明です。

 

3位 キルの王者 - Soloの対戦で勝利する。
H1Z1

 

 

数ヶ月前に配信されたが、案の定すぐに過疎ってしまったH1Z1のトロフィー。

このゲームはアーマーの回復手段が無いので、終盤で撃ち合う機会が多くなるほど優勝が難しくなってきます。

これは私の立ち回りの問題でもありますが、日本版では円外で回復しながら最後まで待機する人も多く、それらに最後倒されて優勝できなかった場面がありました。

今では人がいるかも怪しいH1Z1ですが、人数がすくないと言うことは投下物資を狙いやすいと言う利点となるので、終盤まで装備を集めて温存すれば勝てると思います。

 

2位 ハードな初日 - ゲームモード「HARDCORE」でレオン編をクリアする。
バイオハザードRE2

 

 

今では攻略情報が沢山あるのでトレースすれば簡単ですが、私は発売当初に無限武器無しでクリアを目指したのでゾンビの処理が大変で難易度が高かったです。

 

1位 頭脳派!-将棋、麻雀で1回ずつ勝利した。
龍が如く2

 

 

上半期中、色々考えた上でこのトロフィー、と言うより麻雀のサブストーリーが本当に難しくて大変でした。

当時の記事はこちら。

麻雀は初めてやったゲームでルールを覚えるところから大変でしたし、龍が如く2のサブストーリー「麻雀」は対戦相手が明らかなイカサマプレイをしてくると言う初心者虐めなんてものじゃないクソゲー仕様だったので、クリア出来たときは嬉しかったです。

 

余談ですが、サブストーリークリア後にリアルで麻雀をしたら結構楽しかったです。

 

面倒だったトロフィー

 

5位 プレステージ大賞 - ゾンビで、25種類の武器レベルを最大にするか、プレステージに突入。
コールオブデューティ ブラックオプス4

 

 

発売当初はバグで獲得不能だったトロフィー。

去年あたりから修正されていたはずでしたが、ゾンビに飽きていたので放置していました。

BO3より武器の数が多いので面倒ですが、ゾンビの武器経験値2倍の時期にやっておくと作業量が少なくて楽になります。

 

4位 別の顔 - キャラクター2人に別々の特性を有効化させる。

Generation Zero

 

 

これまで色々な不満を書いたGeneration Zeroからのトロフィー。

2キャラ目のユニークスキルを1つアンロックさせると言う内容ですが、ストーリーの進行度は2キャラ目でも維持されるので、ソロでストーリーを進め過ぎるとレベル上げが非常に面倒になってしまいます。

ちなみに発売当初はフレアを使った簡単な経験値上げがありました。

 

3位 Spelunker - Explore all caves.

The Forest



海外ゲームのThe Forestで全ての洞窟を探索すると言うもの。

こちらの記事にて詳しい内容を書きましたが、To-do Listを全てクリアすることで取れます。

当時は全然情報が無く、フレと錯綜した日々が続いて大変でした。

今ではクリエイティブモードが実装され、そこで取る事も出来るので難易度は低めです。

 

2位 エンディングマスター - 複数回ゲームをクリアしすべてのエンディングを見る。

BEYOND: Two Souls

 

 

全てのエンディングを回収するトロフィー。

今月のプリープレイで配信されてるDetroit: Become Humanにも同じ事が言えますが、この会社のゲームは基本的にムービースキップが存在しないので何度も同じシーンを見る必要があり、とても面倒でした。

 

1位 熟練 - 全てのスキルが最高レベルに到達した。
メタルギアサバイブ

 

 

上半期中、精神的ダメージを負うレベルで苦痛だったトロフィー。

詳しい内容はこちらの記事に書きましたが、このトロフィーは短期間で目指すトロフィーはありません。

 

簡単だったトロフィー

 

5位 デターミネート - トロフィーをすべて獲得する。

TERMINATOR SALVATION

 

 

元祖トロフィーゲーのTERMINATOR SALVATION。

ゲーム自体が簡単なのでプラチナにまとめました。

 

4位 最初の血 - 機械獣を倒す。
Generation Zero

 

 

ゲーム開始5分もしないうちに取れます。

 

3位 Platinum-explosion - Complete all the trophies.

InkSplosion

 

 

つい最近紹介したInkSplosionです。

こちらも慣れれば簡単なのでプラチナトロフィーとして紹介です。

 

2位 Big Adventurer - Obtain all trophies.
Little Adventure on the Prairie

 

 

こちらもトロフィーゲーから。

 

1位 「影に潜みし亡霊」への転身
メインクラスをファントムにクラス変更した。力が欲しいか?ならば、《亡霊》の力を求めるがいい…
ファンタシースターオンライン2


 

新クラスに変更するだけなので、EP5でヒーローが使える人はすぐ取る事ができます。

 

以上で、2019年上半期 難しかった&面倒だった&簡単だった各種トロフィー5選でした。

最後の簡単だったトロフィーが雑なコメントになってしまいすみません、、、

これからもトロフィー攻略を書いていこうと思います。

 

フォローしてね