マルハン加治木店 幼児車内放置死亡事故

テーマ:


中途半端。さんのブログ を見ていたら、
表題の件についてマルハンからリリース出たようです

そして某氏のブログ(リンクするとファンに叩かれちゃうのよね・・・)でも指摘があったとおり、通常通りイベントをやってるんですよ


私はね。
マルハンって好きですし、すごく期待もしてます。
間違いなくパチンコ業界のヤマダ電機になり、メーカーに一泡ふかせるでしょう。
ただ、これはいかんよ。
「熱況店長」と煽るのも結構だけど、子供は熱中症で死んでるっつーの。


何度か書きましたけど、子供の車内放置については、
ホールも、パチンコ業界も、全く責任を負う必要はない。

なぜなら、車内は高温になり放置すれば死に至ると誰だって知っており、
パチンコ店の駐車場でなくとも、仮に自宅の駐車場であっても、
同じ事故は起こりうるから。
そして、車中に子供を一人残すこと自体、誘拐等の危険があるから。
アメリカだったら虐待とみなされて母親逮捕ですよ。


マルハンは託児所まで用意していた。
14時に行ったら、満席だから15時に来てくれと言われた。
それを待てずに車内へ放置し、母親はパチンコ。
15時に再度託児所を尋ねたら、まだ満席だと言われた。
仕方ないからと、母親は子供を放置したままパチンコを続行。
これのどこにマルハンが負うべき責任があるというのか。


母親がバカ。


この一点です。
親としての責任の一切を放棄したわけですよ。

「パチンコは熱中しやすいからパチンコ業界にも責任がある」と、
そーゆー意見もあるでしょう。
でもね。
まともな母親は子供を車内に放置したりしないんだよ。

もしも母親が友人の家へ遊びに行き、子供を車内に残して死んだら、
その友人は責任を取るべきなのか。
ショッピングモールで買い物に熱中して子供が死んだら、
テナントのショップは託児所を用意しなければならないのか。

あくまでも母親よりパチンコホールに責任があると思うなら、
まずは児童憲章を読んでみてほしいんですよ
これ、母子手帳にも書いてあるのよ。
昭和25年に採択された、50年以上の歴史を持ちつつも、
中身は全く廃れず、素晴しい内容だと感じられると思います。
今回亡くなった子供は、憲章の1から12全てを与えられませんでした。

母親が児童の生命を守れないからパチンコ屋がその責任を負えって、
パチンコに恨みのある人間の発言としか思えません。


2ちゃんねるのニュース速報+でも、
マルハンやパチンコ業界を叩く意見は少数でした。
何があっても叩かれる業界にあって、
「子供の車内放置は親の責任」と伝わり始めたということでしょう。

そんな今だからこそ、
「私達も必死で取り組んでいる」というスタイルを崩しちゃいけない。

イベントを中止する配慮は絶対に必要だった。

うちは悪くないから大丈夫だろうとイベントをやってしまっては、
夏じゃないから大丈夫だろうと子供を放置する母親と同じ土俵でしょう。
パチンコ業界を率いる資格のあるトップ企業だからこそ、
エモーショナルな部分は大切にしていただきたい。

特に人の生死ですからね。



=追記=

柔らかく書きすぎて意味不明になってるっぽいので、追記します。
今回の件について、人が死んだ責任は誰が負うのかという部分。
これは「母親」。
事故の原因が母親だし、事故を防ぐための一義的責任も母親にある。

ただし、死者が出たのにイベントを開催するマルハンは、
業界の盟主としての配慮も自覚も足りない。

・責任は母親
・イベントを開催したマルハンはダメ


吉田の結論はこの2点です。




=さらに追記=

もう一歩話を進めて、マルハンの個別案件ではなく、
車内放置自体を減らすために必要なことを考えてみます。
考えてみるに、以下の2点に集約されそうです。

・現場の努力
・根本的な法整備


コメント欄にも書きましたが、
飲酒事故に対する自動車業界の動きから学べるでしょう。
メーカーは事故を起こしても死なないように安全性を高める。
国は厳罰化を実施し、一発で免停になるようにする。

この両輪があって、初めて死者は減ると。


パチンコ業界の現状は、ホールの見回り強化、託児所の設置など、
現場の努力に全てを頼っているのが現状です。
負担を全てホール企業と、そこで働く人間に押し付けてる。
バカ親に対する厳罰化が必要なんです。

エアバック付けたってABS付けたって衝突安全性能を高めたって、
飲酒を厳しく取り締まる法律がなければ死者は減らない。
実際に減らなかった。
そして、厳罰化したら死者は減った。
実際に減った。
法整備があって初めて、メーカーの努力も報われたわけです。
この流れをパチンコ業界も踏むべきであると考えます。

どこぞの組合が民主党に陳情に行ったらしいですけどね。
また規制緩和がらみですよ。
組合は「車内放置厳罰化」の陳情を政府自民党に行いなさいよと言いたい。



=とどめの追記=

「防げたはず」という論について。

私は「防げなかったはず」という考え方です。

500台の車を全部チェックするには、
1台3秒、移動に7秒としても、1分6台、1時間360台が限界。
この子供をホールの努力で救おうと思ったら、
常に二人のスタッフを駐車場に常駐させねばなりません。


暑い日には30分も持たないそうですし、
さらに、毛布等で隠されたら3秒のチェックでは足りないでしょう。
常駐三人ならカバーできるかもしれません。


ここまですれば、確かに「救える」


ただ、常駐三人という負担はホールが負うべきなんですかね。
マルハンを擁護するつもりはないんですけど、
どうしても納得できないんですよ。

努力は怠ってはいけない。
ただし、完全に防止するのは不可能。
完全に防止するならばホールの努力だけでは不可能。

間違ってるのかもしれんけど。

どうしてもホールが「命を完全に救う役目」をせねばならないなら、
組合主導で全国のホールで実施すべきです。
駐車場360台あたり最低二人の常駐。
マルハンだけを攻撃しちゃいかんでしょう。