パチ検について

テーマ:


受けてみて、いくつか思った事を書きますね。


・くだらない問題が多い
→じやん球の「じやん」とは何?
 →選択肢に「豆板醤」とかある。バカじゃネーの。

・機種の偏り
→海物語6問、必殺4問、倖田來未4問、アクエリオン4問

・負の面についての問題が無い
→総合的な知識を問う「検定」の意味を考えてほしい
 →依存症や子供の蒸し殺し、社会的不適合機や裏モノなどの問題もあってしかるべきかと

・確定演出を問う問題があった
→ホールには「確定演出はない」と説明しているはず

・お土産
→夢夢ちゃんストラップはまだしも、パチンコの検定に「北斗の拳2天覇ライター」はなぜ?
 →マイクタイソン・曙・ボブサップの時計など、明らかな余り物も混在
  →余り物を配るくらいなら、何も無いほうがいい

・試験前に合格点、合格後の流れ、上級試験の案内が無い
→これっきりの金儲けという印象を与える

・全体的にカルトQのノリ
→試験ではなく、クイズ


全体としては「まあ、面白かな」という領域です。
何といっても初めての検定試験ですので、主催者も探り探りでしょう。
次回以降に期待しますね。

でね。
これ、TOEICのような方式の方がいいんじゃないかなぁ。
1級から3級までの問題を混在させ、800点以上を目指す、みたいな。
論述問題も用意してさ。

750点以上かつ論述クリアで、ガイドやマガジン、
アミューズメントジャパンやプレイグラフにコラムを掲載とかね。


あ、でもそれじゃ、受験料を1回しか集められないか。(爆弾発言)