紹介します | 肉屋の情熱わがまま娘 ERIKOの部屋

肉屋の情熱わがまま娘 ERIKOの部屋

夢も希望もなかったわがまま娘が日本を飛び出し、大きな野望を抱いて肉屋に帰ってきた!!
”女子の女子によるお肉屋さん改革《田中精肉店 女子部》の日々”をつづります。※絶賛部員募集中※


今日は多気町にある竹内牧場さんへ出荷に向けた最終打ち合わせに行ってきました。


ここには牛愛がすごい人たちしか居なくて、そのこだわりをどう〜しても皆さんに知って欲しい!

という私の願いで、お肉に生産者を紹介する紙を付けたいからと、竹内さんにはアンケートまで頼んできましたチュー

現在、78人の方からご支援を頂き780,000円が集まっています!!

あと2日間残っているのですが、

ここで頂いた資金を元手に、私は人生初の一頭買いを行い、跡継ぎへの第一歩を踏み出させてもらいます。

皆さんの応援やご支援を頂いてはじめの一歩を踏み出せることは一生忘れないと思います。

本当にありがとうございます。

もうひとつ、私にとって一生忘れられないと思うのがはじめの一頭となる牛のことです。

松阪牛になれるのは昔から肉質がより良いと言われている雌牛だけなので、私たちは女の子同士です。今日は顔を突き合わせて少しお話し?してきました。

みゆこです。

竹内牧場さんで育ててくれた人たちと相談して、この子に決まりました。

暑い夏を越せて良かったね。

ありがとう。

よろしくね。

頑張るね。


このプロジェクトでは、

牛を「一頭買いする」という経験を、私を通してオープンに知ってもらおうと思っています。

知ってもらうことで、普段とは違う目線で食を見つめ直し色々なことを感じ取ってもらう機会になれば、と思っています。

もしそんな想いにご賛同頂ける方は、是非パトロンとしてプロジェクトに関わって頂けたら嬉しいです。

ご支援・リターンの選択はこちらから▼▼