スギというお魚

テーマ:

 

どうも!

 

タカヒロっすグラサン

 

昨日に引き続き今日も海へ船

 

北風もおさまり

 

波も落ち着いていたので

 

朝一から崎山へ船

 

 

一本目はオリジナルサンゴポイントグッ

 

 

 

花びらが重なり合うように

 

「リュウキュウキッカサンゴ」が

 

あちらこちらで群生しておりますガーベラ

 

少し前まで「キャベツ畑」と

 

形容していた私ですが

 

最近は「花びら」で表現して

 

ロマンチストなガイドを演出しております赤薔薇

 

 

浅場には

 

 

ご覧のようにノコギリダイの群れうお座

 

近くにはイスズミやロクセンスズメダイも群れでいましたが

 

近づくと、さーーーっと逃げていきました。。。

 

中々難しいお相手。

 

彼らはいつ寄らせてくれるのだろうかと

 

日々考えておりますコアラ

 

 

 

そして二本目からは、本日のメインイベント

 

鹿野川中ノ瀬へ!!

 

ドリフトで入ることに星

 

 

もちろん狙いは。。。

 

 

 

 

 

 

 

ってバラクーダ!?

 

エントリーして直ぐに

 

私たちを一周して沖の方に泳いでいきましたギザギザ

 

なんだ?

 

と思いながらもバラクーダが泳いだ方向に向かってみると。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!?!?!?

 

 

大きなサメ!?

 

 

その直後

 

 

どーーーーん!

 

 

と、マンタ様のご登場音符

 

 

何度もこちらにアタックもしてくれ

 

サービス心、旺盛なマンタ様ルンルン

 

少しすると

 

 

二枚目のマンタも登場し

 

海の中は大盛り上がりのお祭り騒ぎにルンルン

 

 

 

 

 

さてさて

 

皆さん気になっております

 

 

こいつの正体は

 

 

 

 

「スギ」という魚です。

 

サメではございません。

 

スギと聞いて、内地の皆様

 

「杉」花粉でお悩みの方も多いと思います。

 

私も子供の頃から花粉症に悩まされていたので

 

大変さを身に染みてお察しします。

 

 

当時は「スギ」という言葉を聞いただけで

 

クシャミを連発し、涙が止まらなくなるほどでしたが

 

こちら沖縄に住んでから

 

花粉症の症状とは無縁になりました。

 

皆さん、春は沖縄に避難して、ダイビングしましょう!!

 

 

と、話が大分反れてしましましたが

 

 

こちら「スギ」というお魚は

 

世界中に1科1属1種という不思議な魚でございます。

 

また、姿かたちが似ていることから

 

昔は「コバンザメノコバンノトレタウオ」

 

と言われていたようです。

 

私も今日初めて海で見たのですが

 

大きいコバンザメがいたもんだ!

 

コバンザメじゃなくて、オオバンザメだ!

 

と思っておりました。

 

習性も似ておりまして

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のようにマンタの上を

 

くっついて泳いでいます。

 

 

 

また、こちらの「スギ」の別名がまだありまして

 

「黒カンパチ」

 

とも呼ばれています。

 

実際に、

一時期、「黒カンパチ」という商品名で売り出されていたこともあるようです。

 

熱帯域などで成長が早く、病気にも強いため

 

現在は沖縄で養殖されており

 

ブランド化が進んでいるのだとか。。。

 

一度食べてみたいものです。

 

 

にしても今日見た「スギ」はでかかった。。。

 

図鑑では1.5mとありましたが

 

2mはありましたね(笑)

 

 

 

 

そんなマンタ②&スギとの

 

劇的な出会いの後は

 

 

崎山まで戻りまして

 

 

 

 

最後はサンゴポイントで〆

 

 

 

 

 

 

ぶっといエダサンゴは

 

崎山特有です!

 

 

さらにこちらのポイントは

 

 

山脈のような

 

一風変わったサンゴ地帯も楽しめます♪

 

 

 

ではでは、今日はこの辺で~ ノシ

 

 

〇今日の西表〇

 

天気:曇り

気温:26℃

水温:24~25℃

波:1.5m

風:南東8m

 

 

by タカヒロ