瑇瑁(タイマイ)

テーマ:

 

どうも!

 

タカヒロですひげかお1

 

 

今日はこちらの生物からご紹介!!

 

 

 

ウミガメ~~♪

 

その中でも「タイマイ」という種類のウミガメになりますhonu

 

大西洋、太平洋、インド洋の熱帯海域に生息していますhonu

 

深海を避け、繁殖地である砂浜が近く

 

海綿生物が多い海岸線を好みますウインク

 

この八重山地方では多く見られますが

 

実は絶滅危惧種に選定されていますえーん

 

 

そんなタイマイの甲羅は

 

『鼈甲(べっこう)』と呼ばれ

 

古来べっこう細工の材料とされてきましたhonu

 

綺麗な色と独特な模様で

 

魅了されますが、捕りすぎはいけませんねえーん

 

 

 

さてさて、前置きが長くなりましたが

 

なぜ、「タイマイ」と呼ばれるんでしょうか?

 

初めて聞く方は、「タイ米」を想像してしまうことでしょうニヒヒ

 

私も最初そう思っていました(笑)

 

 

実は、漢字で「タイマイ」と書くと

 

瑇瑁(タイマイ)

 

と、こうなります。

 

見たことも無い漢字ですよね~えー

 

「瑇」には「毒」の意味、

「瑁」には「嫌う」とされており

 

合わせると「毒消し」の意味があるようですびっくり

 

昔、身を乾燥させて粉にして

 

解毒剤や熱さましなんかに使われていたことがあったのだとか。。。

 

今で言うスッポンと同じ様なことですね。。。カメ

 

まさか、「タイマイ」の由来が

 

こんなに重たい話しのものだったとは。。。

 

 

 

ではでは、今日の海へ!!

 

 

天気は晴れまして太陽

 

絶好のダイビング日和~~ルンルン

 

 

1本目から崎山へ音符

 

 

 

360°サンゴに囲まれて

 

 

小さな「テングカワハギ」の群れも発見目

 

さらには

 

 

海をラムネ色に染め上げてくれた

 

「デバスズメダイ」たち音符音符

 

 

崎山の綺麗な海を満喫し

 

さらに島の南側の鹿野川へ船

 

 

ウミガメやサメ、マグロと

 

いきなり大物に巡りあえ

 

少し移動すると

 

 

バラクーダの群れが目の前に!!びっくり

 

大興奮の中

 

なんとなんと

 

 

マンタ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

 

西表にマンタが帰ってきました笑い泣き

 

 

お客さんとの2ショットも撮れまして

 

 

サービス心旺盛のマンタさんでした爆  笑

 

ありがとーーーーデレデレ

 

 

3本目はドロップオフへ~♪

 

 

 

深場のアイドル

 

「ハナゴンベ」

 

良く見ると尻尾まで綺麗!

 

足元まで気を遣えるオシャレさん☆

 

 

こちら「マルスズメダイ」さんは

 

枝分かれしている尻尾も特徴的ですが

 

目の下のアイラインもオシャレポイントウインク

 

 

今日はマンタに出会え興奮した一日となりましたおねがい

 

 

ではでは~ ノシ

 

 

 

〇今日の西表〇

 

天気:太陽

気温:26度

水温:24~25度

波:2m(うねり)

風:南5m

 

 

by タカヒロ