1 | 2 次ページ >> ▼ /
September 22, 2006

プレイステーション3発動、そしてxbox360

テーマ:ゲーム
プレステ3の価格が再設定された。
20GBのモデルにHDMIが搭載され、価格は49980円と発表。
HDMIは以前発表されていたこのモデルには搭載されておらず、
綺麗なグラフィックやサウンドの恩恵を得るには、60GBの高い方のモデルしかなかった。

おそらく60GBの価格が70000円を越えると予想され、それに対してのユーザーやメディアの
反響がもの凄かったんだろうと思う。
とはいえ、なんとか49980円の価格に変更され、事実上このモデルがプレステ3のスタンダードに
なる。

それでもWiiやxbox360と比べ高いと言われるかもしれないが、
HDDがあり、ブルーレイディスクが走ることを考えると、どんだけ安いんだよってくらい安い。
現在発売中のブルーレイユニットはだいたい10万前後なのだから。

xbox360がDVDであんだけのクオリティをだしてることを考えると、
PS3が特別突出してる風でもないので、今のところブルーレイの真価は見えないけど。



そしてxbox360側。
ブルードラゴン12/7発売に本体同梱版が29800円で勝負にきた。

xbox360用のHD DVDプレーヤーも20790円で発表。
ということはHDD付きの通常版xbox360本体39975円+20790円で60765円。
この価格がPS3とほぼ同等のスペック。
ただ、xbox360はHD DVDでゲームができるわけではなくあくまでHD DVDの映像ディスク用なので
ゲーム機としては意味ないし、HD DVDが普及しなければ存在自体意味ない。

この辺はやっぱり、ブルーレイ、HD DVD両ディスクの方向性っていうのはまだわからない。




そしてなぜか昨日から一部で発表されていたブルードラゴンとロストオデッセイのプレイムービー。
今日見たら削除されてました。
たぶん明日か明後日にはちゃんとでるんじゃないかと。


ブルードラゴンはまさに王道、ファイナルファンタジーの冠をかぶってもおかしくないほど。
フィールドから戦闘までの音楽やビジュアルの挿入の仕方なんてFFそのもの。
坂口さんが帰ってきましたよという感じです。

戦闘画面もまさにFF。
ボス戦の時のハードなメロディも植松さんらしく、FFらしく。
懐かしい雰囲気に涙腺を刺激されますよ。

最近のビジュアル系ファイナルファンタジーに辟易な人にはピッタリかもしれません。
欲を言えば、キャラクターデザインは最近の鳥山さんのやらわかいタッチではなく、
フリーザ戦あたりのガツガツしたタッチであって欲しかったし、
戦闘システムで自分の影が戦うっていう設定上、常にFFの召喚獣のようなアニメーションが
ついてくるので、無駄に長そうな所が気になる。



ロストオデッセイは、
ブルードラゴンとは反対にリアルなモデリングで、グラフィックやモーションも相当凝っている。
ムービーでは大勢の敵と戦うシーンと、大型のボスと戦うシーンが流れていた。

大勢と戦うシーンでは地道に一人ずつと戦っていて、
同じような攻撃を何度も受けていることに飽きる。
その都度主人公のガードモーションは違ったりするけど、やっぱりなぁ。
例えるならスライム16匹と一人づつ戦うようなもの。

反面ボスとの戦闘は演出が凝っていて、最後の一撃がかっこよかった。
ロストオデッセイのほうはまだまだ開発途中のような感じなので、
これから色んな変更もあるだろうから今の段階ではなんとも言い切れないけど、

個人的にはロストオデッセイよりもブルードラゴン。


ブルードラゴンはFF9までのファイナルファンタジー、
ロストオデッセイはFF10以降のファイナルファンタジーというような印象でした。



価格、スペック、ソフト、色んな意味で三者三様のハード。

Wiiは新しいプレイヤーや時代を切り開いていくだろうし、
PS3はやっぱりPS3で、高スペックならではのハイクオリティな映像やサウンド、ボリュームが
堪能できるゲームが必要だろうし、
xbox360は両者の中間のような存在として、洋ゲースタンダードとしての役割があるんだろうね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
September 20, 2006

フォーガットン

テーマ:映画
昨日の「フライトプラン」に続いて、今夜は「フォーガットン」を紹介。
テーマが「フライトプラン」ととてもよく似ています。


この作品は、飛行機事故で失った息子の悲しみが忘れられない母親の
孤軍奮闘サスペンス。
息子の死を乗り越えられない主人公。
しかし、彼女とは逆に、周囲の人間はなぜか息子の存在を忘れていく。
夫さえも息子なんていなかったと言う、そしてビデオや写真に写っていたはずの息子が消えている。
いったいなぜ?


的な。
似てますね。「フライトプラン」と。
ちなみに公開は「フォーガットン」のほうが先です。
あと、ジェームズ・ホーナーが両方の音楽を担当してたりします。


テーマが似ているのと、結果的に両方ともB級映画なので、
批評の上でもよく両者がでてくることがあります。

でも、僕的にはこの二つの映画はテーマは似ているけれど評価は全く変わります。
「フォーガットン」は衝撃的な展開が待ってます。
多くの人はなんだこのクソ映画、と評価を下すかもしれないけど、
この映画の展開、演出のセンスは個人的には絶妙。
きっと1万人いても、だれ1人この展開は予想できないと思います。
そのくらいセンスが絶妙。秀逸。


おもしろい、おもしろくないとかじゃなくて、
好き。


「フライトプラン」がクソゲーだとするなら、「フォーガットン」はバカゲー。
愛が感じられる。


この映画を観て、「え、えぇーー!?」って思わない人はいない。
センスだけで言えば「24」の斜め上!
期待を裏切るどころか、そんな期待してなかったよ。
ジャージの裾からパンツがはみ出してるよ?みたいな。


一見の価値はある珍味サスペンスです。



あ、でも基本的にはB級映画ですよ。






アマゾン見るとネタバレします。
これから観ようと思っている人はアマゾンのレビューは行かない方が無難です。
アマゾンのレビューは遠慮なしにネタバレをぶちまける輩が多いので嫌いです。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
フォーガットン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 19, 2006

フライトプラン

テーマ:映画
ジョディ・フォスター主演で、けっこうCMも打たれていたので
知っている人は多いかと思います。

ずいぶん前にDVDで観たのですが、
感想を書くべきかどうか悩んでました。

あまり映画を善し悪しで区別するのは好きではないのですが、
それも感想のひとつだし、この作品に限ってはそれも仕方がないかなということで。


この「フライトプラン」、
こんだけ期待させて、こんだけつまらない期待はずれの映画というのは初めてでした。

ジョディ・フォスターとその娘が飛行機に乗った。
母親が機内で眠ってしまった後、娘の姿はどこにも見あたらない。
あたりの人に聞いても、誰も娘の存在自体をみていない。
娘はどこに?なぜ誰もみていないの?

という話。
期待しますよね。
なぜ一緒に乗ったはずの娘がいないのか、誰も見ていないのか。
気になりますよね。
いったいどんなトリックがあるんだろう、とか。
誰が犯人なの?とか。
もしかしたら最初から娘はいないんじゃ?とか。
色々考えちゃいますよね。


でもね、
つまんないんですよ。
普通に。
これでもかってくらい。
そんなの普通すぎて考えもつかなかったってくらいに。
つじつまも合わないし。
画面ぶん殴りたくなるくらいに。


CMの煽りがなければただのつまんないB級映画で済むんですが、
やっぱりそれで期待されたために掴まされた感がぬぐえない。

CM打った人が一番良くない。

が、このシナリオでGOサインだした配給会社もおかしい。



最高にガッカリする映画としての観る価値はあります。







ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
フライトプラン
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
September 16, 2006

超こち亀

テーマ:コミック
0.0


買ってきました。
割と大きい。
ジャンプの完全版と同じくらいの厚さで、サイズが一回り大きいくらい。
ていうかジャンプ本誌と同じサイズでしたね。


もともとこち亀の単行本なんて買ったことないし、ジャンプでもなあなあに読んでいる程度なので、
今までの歴史とか設定とか解説なんていうのにはさほど興味はないのですが

ゲスト作家達の寄稿漫画。
かっこよく言うとトリビュートコミック。


すごいですよ、このメンツは。
伝説ですよ、もう、レジェンド。
年代を越え、出版社を越え、そうそうたるメンツが揃ってます。
現在連載中のジャンプ漫画はもちろん、
ジャンプ漫画ではない、「クレヨンしんちゃん」、「アンパンマン」、「ごくせん」、「はじめの一歩」、
「おぼっちゃまくん」、「鋼の錬金術師」等、
ジャンプ漫画でも訳ありの「世紀末リーダー伝たけし」、
集英社と訳ありの「原哲夫」、「北条司」、等との1ページコラボ。
あと「吉田戦車」!「吉田戦車」!
「スラムダンク」「マキバオー」「デスノート」!

そして「ドラゴンボール」の世界でフリーザ様やベジータと絡むショートストーリーだったり、
キン肉マン達が亀有にきたり、ゴルゴ13が、ルパンが。とミニ漫画がすごい。

やっぱり熱かったのが、今の鳥山さんの描くドラゴンボールの世界。
若干等身がデフォルメされ、昔よりもやわらかいタッチになったフリーザ様やベジータ、悟空。
そしてナメック星。
懐かしい!
けど新鮮!


すごいっす、ほんと。
30年間一度も連載を休むことなく続けてきた秋本治先生の偉業だからこそ集められた作家達。


アメコミでは出版社の枠を越えて競演ていうのは割とよくあるけど、複数の出版社が同じ本になるっていうのは無いと思う。
バットマンとスポーンとスパイダーマンとヘルボーイが同じ雑誌にでるようなものですよ。
そんな例えをあげても、きっと誰も理解してくれないですよ。


他の出版社の漫画とのここまで大がかりなコラボっていうのは後にも先にももう無いですよ。


他紹介サイト
マンガがあればいーのだ。
めっつぉ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 15, 2006

Wii  わかったこと  思ったこと

テーマ:ゲーム
任天堂公式サイトにて紹介さている
岩田社長の講演の様子の動画を観てみた。

ムービー

約30分あり少々長いけど、Wiiの概要についてはよく理解できる。
情報のだいたいがわかっていることだけど、岩田社長が、任天堂が伝えたいコンセプトというのが
岩田社長のメッセージを通してよくわかる。
それと、動画とスライドを連動させるページ展開っていうのも見やすくてよかった。
つくづくユーザーフレンドリーに力を入れているんだな、と。


まず価格。
税込みで25000円。ヌンチャクとリモコンが同梱。
アメリカが$249.99なので、一応日本の方が安い。

クラシックコントローラーは1800円だが、
WiiポイントというWiiで使う電子マネーのようなものを5000ポイント買うと、
それにクラシックコントローラーがついてくる。
Wiiポイントは主にバーチャルコンソールのダウンロードコンテンツで使うので、
ファミコンやスーファミ目当てで買う人は
一気に5000ポイント買うとコントローラーもついてお買い得。

ちなみにファミコンのゲームに関しては、Wiiリモコンを横に持てばなんなくプレイできるそうです。

映像ではすんなりとスーパーマリオワールドが動いていた。
懐かしいな。
あの時はスパーファミコンを手に入れるために家電、ゲームショップ、スーパー、デパート、
色んなとこに走った。どこもかしこもスーファミ売ってた。そしてすぐに売り切れたんだっけ。


バーチャルコンソールのソフト価格は
ファミコンが500円、スーファミが800円、NINTENDO64が1000円程度。
メガドライブやPCエンジンもおよそ800円から1000円の枠に入ると思う。
こういうのは昔のディスクシステムの書き換えを思い出す。
アトラスのロゴが見えたので、くにおくんシリーズもプレイできるかもしれない。
ドラクエもぜひファミコン版でプレイしたい。
アドバンスやプレステでのリメイク合戦はいったいなんだったのかと思わせるくらい
ソフトが充実して欲しい。



本体の25000円だけど、二つ買ってもPS3より安い。
Wiiとxbox360買っても、PS3より安い。
どうなんだろ、この価格差は。

実際、Wiiのほうもホームサーバー的なことを意識して、
天気やニュース、写真や掲示板などがかなりインタラクティブに閲覧できる。
ボタンを押すときの音がポインポインしてて、さわりやすく、おもしろい。

天気予報を見るなんてことはなんもおもしろいことでもないけど、
Wiiを通してだと、それがゲームのような操作性で楽しくも思えてくるはず。


PS3のホームサーバーはどんな風に展開するんだろうか。
プレイステーションのソフトダウンロードや映像コンテンツの供給だけでは物足りないんじゃないか。
ゲームショウで何かサプライズがあるのかな。
なんだかんだいって、この状況を見るとxbox360が先行して発売したっていうのは
大きなアドバンテージなんだろうな。とくに海外では。
Wii、PS3と同時期に発売してたらほとんどインパクトなかったもの。



Wii自体にはおもしろ要素はいっぱいあるんだけど、
いまいちソフトの方にはインパクトがないと個人的に思う。
どうもハードのイメージが強いのと、
やっぱりバーチャルコンソールがいい。

ニンテンドーDSの時もそうだったけど、
任天堂の出すソフト以外はWiiのリモコンにたよったものが多く、
作ってみました的な具合で中身がなさそうなものが多い。

バーチャルコンソール目当てだけど、そんなに焦って買ってもしょうがないし、
どうせ売り切れですぐには買えないだろうから、
年末は地道にソフトの補給でしょうか、エンタブ的には。

なにせ、バーチャルコンソールのソフトには売り切れがないしね!



とにもかくにも、3つのハードとも、ネットワークが絡んだコンテンツが重要になってきているので、
じわじわと時間をかけた対決になりそうです。
コンテンツ次第ではいつ逆転が起きるかわからないおもしろい3すくみの戦い。
できれば全ハード持って純粋に楽しんでみたい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 15, 2006

色々あるなー。

テーマ:ゲーム
任天堂の発表会でWiiの詳細およびダウンロードコンテンツの内容とか、
任天堂のインタビュームービーで松野さん復活してるとか、
ファミ通でシレンDSの画像お披露目とか、
メタルギアソリッド バンドデシネがもうすぐ発売なのにまだPSP買ってないとか。
いや、買ってないというよりも、年末のラッシュを考えるとバンドデシネのためにPSPは
買ってられないんじゃないかとか、
Wiiのダウンロードコンテンツのメーカー一覧にスクウェアエニックスの名前があり、
ぜひファミコン版のドラクエをプレイしたいと思ったり、
xbox360のガンダム オペレーショントロイは予想に反してジワジワと完成度を高めてきていて、
いい感じでバトルフィールドを消化してきている、というよりバトルフィールド2142にかぶってるじゃないか。
一般兵士の装備にナイフを入れたのは、バトルフィールド的には当然なんだけど、
ガンダムの世界観で考えると奇妙な装備だと思ったり、
そもそも軍服のままモビルスーツに乗るなんて設定は赤い水星のシャアくらいなものなんじゃないのかとか、
こうも一気にネタが増えるとひとつづつ消化しづらくなってくるのですが、
また来週末にはゲームショウが開かれて新情報であふれ、
しかもマイクロソフトには未発表のタイトルがあるとか、ここで一気に発表しないと
年末の結果が見えてしまうとか、
いや実際WiiやニンテンドーDSのラインナップを見る限り、年末にxbox360のソフトと本体を
一緒に買おうなんて考える人はよっぽど奇特な人じゃないかとか、
なんかもうとりとめのない文章になってきてるので
ここら辺で一端とめて、後日整理してピックアップしようと思う今日この頃。
ゲーム業界、まだまだ腐ってないよ、ようやく第2ラウンドって感じでしょうか。
とりあえずスーファミ版を元にしたシレンDSは熱いだろう、と。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 13, 2006

Appleの発表 色々

テーマ:ブログ
iTunesがバージョン7になってすごいことになってますよ。

01

なんかアルバムのアートワークがぐりぐり動きますよ!
アルバムのジャケットを見ながら曲を選べますよ!
しかも全部自動でダウンロードしてくれましたよ。
そんなに実用性はないけど、感動したー。

あと、肝心の映画のダウンロードのほうは、やっぱりアメリカが先で、
アメリカ国外は2007年だとか。

アメリカのアカウントさえ持っていればパイレーツオブカリビアンが買えちゃいますよ!
自宅で観れちゃいますよ!


それと、新しくでてきたipod shuffle。
s

ちっさ!

ニンテンドーDSのソフトなみにちっさくてうすい。


今持ってるipod shuffle、はやく壊れないかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 13, 2006

twenty four -24- シーズンIV

テーマ:TVドラマ
地上波でフジテレビで10月2日より放送。
例年新シリーズのDVD発売に合わせてきてるので同じように今年も。

今回はすでにDVDで観てしまったので、それほどワクワクはしていませんが、きっとみます。
観てしまいます。
今までのシーズンを観てきている人にはたいへん熱い展開だと思ってます。
逆に今までのシーズンを観ていない人には観たらもったいないと思う。
観るなら全部観てからのほうが熱い。
全部観よう。

ということでこの番組に関してはネタバレさせてしまうとおもしろみが無くなってしまうので、
何にも書けませんよ。
シーズンIIIを観ていないと、とか、シーズンIのあれが、とかいう話になってしまうので。
こればっかりは知っている人同士で話すことしかできません。
おもしろいんだけど、そういう面で複雑です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 11, 2006

痴漢男

テーマ:ブログ
まず最初にサイトの紹介。

痴漢男まとめサイト

漫画痴漢男


電車男のほうはなんとなーくしか知らないので、比べることはできないけど、
この「痴漢男」。

感動した。
ちなみに主人公が痴漢のマスターだ、というような話ではない。
痴漢に間違われたというだけで、基本は普通の恋愛ドラマ。

最初にネットの漫画版を観て、漫画だから見やすいし、なかなかおもしろいなこれ。
と思ってみてたけど、漫画版は現在進行中なのだけどまたこれがいいとこで切れてるの。

そこでまとめサイトの方のログを読み始めた。

といっても結構長いものだったので、途中から「だいたいの流れ」の方のページを読んだ。
そっちのほうがメインだけ抜粋してあるので、わかりやすいっちゃあわかりやすい。
でも臨場感を楽しむなら2chスレも含んだログをみたほうがおもしろい。
一日で読もうとしなければそれほど多いログでもないはず。


さっきも書いたけど、漫画のほうがラフで読みやすくていいかなと思ったけど、
やっぱりこういうものは文字を吸収して自分の頭の中でイメージしたほうがいいね。
恋愛ものは絵より文字だ。


いい話でしたよ。
映画化や書籍にもなったらしいが、二番煎じであり、なおかつ版権的な問題もあり、
あまり喜ばしくはない様子。


どうやら実話ではないような感じがするけど、
実際恋愛小説なんてほとんどがフィクションなわけだからこの際どっちだなんて
気にせずに純粋に読んだほうがおもしろい。


うーん、久々にいい話を読んだよ。


これを機にたまってた小説も読もうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 09, 2006

ポケモンか!

テーマ:ゲーム
昨日の続き。


年末に出る「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」に
「ブルードラゴン」が喰われるかもしれないと書いた。

いや、喰われるんだと思う。
今までのドラクエモンスターズと違ってちょっとシリアスだし、
今のところ雑誌等で紹介されているモンスターがかっこいい。
アークデーモンやバーサーカー、しにがみきぞく、ギガンテス。
なんかかっこいいじゃない。
wi-fiも対応だし。


一つ気になったのが、
いつまでポケモンが持つのかということ。
ニンテンドーDSを持つ少年少女達ならきっと今か今かと楽しみにしているであろう
「ポケットモンスター パール」「ポケットモンスター ダイヤモンド」。
今回は大人のユーザーも楽しみにしている人は少なくはないと思う。
もちろんwi-fiによる通信機能もある。
いったい何百万本いくのか、いつまでロングセラーが続くのか、どんだけ記録を残してくれるのかは
いちゲーマーとしての楽しみの一つでもある。

このソフトの伸び次第では、同じジャンルのドラクエモンスターズすらも喰ってしまう可能性もある。
メインの購入層は少年少女だろうけど、ここまで売れたDSだ。
もしかしたら、「お母さんもポケモン買っちゃおうかしら」「よーし、パパもギャラドス育てちゃうぞー」
なんて層も開拓するかもしれない。
すでにAmazonの方では在庫切れ状態。他のショップでも遅かれ早かれそういう状況になるだろう。

ファイナルファンタジーIIIで加速をつけて、続々と本体投入、そして品薄に、とてもいい感じで
ポケモンにバトンが渡るんじゃないかと思う。


全ては推測だけど、発売してみないとわからないけど、
ただひとつ、これだけは言える。

この記事を書いていたらポケモンやりたくなっちゃったっていうこと!
そういえばまだルビーをクリアしてないんだっけ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。