クラック防止材 | エンタの法面管理塾
2012年03月09日

クラック防止材

テーマ:創意工夫
こんにちは。

エンタです。

毎回記事を書くたびに、ご無沙汰しております。

今回は年度末の忙しい最中にこれは書いた方がいいと思った事なので書き残しますね。

最近クラック防止材を色々試す中でこれはなかなかいい感じと思った物をご紹介します。

よく皆さんが使用する頻度が高い物がナ○ロクだと思います。

簡易法枠で使うアレですね。異常に高くて買う気すら起きない製品で、監督泣かせですね。

しかも吹付で使うと玉になって詰まりの原因になる事も多いと思います。

クラックは防止したいけど、なかなか良い商品はありません。

条件として

1,よく混ざる。
2,玉にならない。
3,安い。
4,クラックが入らない。
5,NETIS登録してるとなお良い。
6,握った時に手に刺さらない。

もっと有るんでしょうが、私はこんな感じの基準かな。


今回使用した品は大阪にある、株式会社テザック と言う会社の「タフライトRG」という商品。


これを使ってみました。

$エンタの法面管理塾-タフライトRG荷姿


荷姿はこんな感じです。
これ1個に20kg入っています。

配合は

1m3当たりに0.91kg(標準)~1.82kgという事のようです。

私は創意工夫の一環と、実験の為に購入し混入してみましたので0.91kgで。


$エンタの法面管理塾-タフライトRG配合


ざっくり手でガサッ大盛りでつかんで0.1kg程度です。(1BT辺り0.11kg)

投入時に振動機等は使わずそのまま手でざっくり入れました。

手に刺さる等の事はありませんでした。

そして吹いてみましたが、以外に粘る事も少なく(多少は粘ります)快適に使用出来ました。

$エンタの法面管理塾-タフライトRG混合


しっかり混ざってます。

もう少し玉になったりするかな~って思っていましたが、これがなかなか使いやすい。

単価的にはkgで1700円。(設計価格)(取引業者によって単価が違うと思います。)

1700円で20kg=34,000円(あくまでも設計価格!)

1m3辺り0.91kg使用したとして約18m3分有ります。

創意工夫の範囲では十分に使用範疇に入るように思います。

ましてや、クラックが入らなければ手直しも無くなりますし、トータルコストを考えればお得な事もあるかもしれません。

もう少し安ければもっと使用したいと思いますが。。。w

後はクラックの発生率がどのくらい軽減するかを見ていませんのでまた後日談として書かせて頂きます。

ちなみに枠内モルタルがあるので、0.91kg使用の場合と1.82kgの場合と実験してみたいと思います。

それとテストピースの差も調べてみますw

それではまた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヘロンズケイ

これをアンドロイドのスマホ版にするか迷っていますw
それと横断測量をアプリにしようか迷ってます。
現場でトラバ見ながら野帳に書いて事務所帰って横断書くのが面倒で・・・
携帯で打ち込んで帰ってダウンロードで図面出来上がればと思っていますが、なかなか資金がねーw

web監督これで総合評価もらえました。

エンタさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス