神秘の森 | 不動産調査|不動産コンサルティング|名古屋|昭和区|御器所
2018年10月15日

神秘の森

テーマ:◆ コラム

長良川の支流である板取川は清流から渓流は水が透き通り、アウトドア好きにとっては楽園である。
流域の関市は刃物の街、美濃市は和紙で有名なエリアだ。

今回は、そんな板取川に面した山間にある神秘の森を探索した。

「21世紀の森」というふれ込みで杉の林をPRしているが、今一つ地味な感じである。
しかし、この、整備された森には不思議な感覚が漂っている。
パワースポットとしてPRすれば多くの人が訪れるのではないかと考えてしまう。

 

 

同じエリアにある「モネの池」はその澄んだ池に睡蓮が浮かびコイが泳いでいる。
まるでモネの絵画が動画になったようである。
小さな名もなき池だが、観光名所となってからはバスや自家用車で乗り付け、池の周りは人でいっぱいだ。

 

 

一方、「21世紀の森」は大型駐車場やトイレも整備されていて、森林学習などに利用できる施設も充実しているが、観光で訪れる人は少ない。
この地域にある株杉の群生は大変珍しく、他では見られない貴重なものだ。
一つの株から杉の木が何本も生えている。
伐採を繰り返し、同じ株の上に何本もの杉が生えてきたようである。

 

 

多いものでは一株から20本もの杉が天に向かってまっすぐ伸びている。
杉株はこのエリアに70くらいあり、幹回りが5m近くあるものもある。
樹齢は400年~500年と推定されている。

 

 

大きな歪なカタチの株に直線的な杉の木が乗っかっている姿は、まるでおとぎ話に出てくる神秘の森である。
自然に出来上がったのだが不自然にも見え、見たことのない壮大な姿には心を動かす力がある。
この身近な秘境に足を踏み入れる価値は大いにあると思う。

 

[魅惑の板取川エリア Attractive Itadori River/株杉の森]
https://itadorigawa.com/kabusugi.html

 

前田由紀夫

株式会社円昭 enshow Corporationさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス