2月7日、奥久慈しゃもが鶏肉としては全国初のGI取得(地理的表示:農林水産物、食品の産品の品質や評価が、地理的原産地に由来する場合に、知的財産として保護し生産業者の利益や消費者の信頼保護を図るためにその商品の原産地を特定する表示)したことを記念したイベント「奥久慈しゃもの世界」が、東京ガス業務用ショールーム「厨 BO! SHIODOME」で開催されました。

 

 

奥久慈しゃもは、軍鶏(しゃも)の雄と、名古屋コーチン(名古屋種)およびロードアイランドレッドの交雑種 の雌を交配して生まれた茨城県北地域の地鶏で明治時代から飼育されています。

1985年、任意組合奥久慈しゃも生産組合が設立され、2017年度には50,000羽を出荷しています。日本の田舎の原風景のような茨城県久慈郡大子町で、飼育され、特別配合の資料を与えられた奥久慈しゃもは高品質かつ均質で安全な地鶏として、有名飲食店でも使われています。

 

記念トークショー「奥久慈のしゃも」登壇の銀座クラブ「稲葉」のオーナー白板亜紀さんは「奥久慈しゃもは銀座の客が望む一流の味」ということで経営している和食店でも使用しているとのこと。

 

 

また、ミシュランガイドで初めて焼き鳥として星を獲得した銀座バードランドのオーナー、和田利弘氏が奥久慈しゃもの料理をデモンストレーション。

奥久慈しゃもの旨さに惹かれ、お店でも使っている和田氏の料理は、ローストチキン、2種の串焼き(胸肉、モモ肉)、シャモゲタン。
中でも和田氏考案の「シャモゲタン」は、韓国料理のサムゲタンにヒントを得た、大子町の米やクレソン、りんご、湯葉、ニンニクなどふんだんに使った、滋味あふれる鍋料理。
使われている漆木の乾かした小枝もデトックス効果が期待できるとあって、女性客や健康を気遣う客に受けそうです。

 

 

笑顔のバードランド銀座店店主・和田氏

 

 

和田氏考案の「シャモゲタン」

 

 

銀座バードランドには外国人客も多く、評判を聞きつけた海外の有名ワイン生産者も訪れれ、奥久慈しゃもの焼き鳥に舌鼓を打ち、「素晴らしい鶏!」と絶賛するそう。

地鶏の中では一番皮下脂肪が少なく、火が入るとジューシーに。
そのため「いい加減に料理すると難しい鶏」と和田氏は言います。

 

地鶏の味がしっかり味わえる奥久慈しゃもには、やはりワインは欠かせません。

肉の旨みをさらに増す、ワインを今日はご紹介いたします。

 

 

リースリング種100%の

「ブラック・タワー ドライ・リースリング オーガニック」(スクリューキャップ/有機栽培)

*「榎本ワインカタログ2018」 P7 #28をご参照ください

 

 

 

 

 

EUの認証を受けた有機栽培のリースリングから造られています。レモンやグレープフルーツなどの柑橘系果実にほんのりとした桃の香り。リースリングらしいシャープな酸味の辛口白ワインです。

 

ヤキトリとワイン。実は最高のマリアージュだったのです。

ぜひお試しください!

 

ワインの詳細は小社営業部までお尋ねください。