お客様

テーマ:

 

ここ数年、毎年生産台数を1000万台以上達成しているトヨタ自動車。

かつて豊田社長がこんなことを言っていました。

 

「1000万台よりも1000万人が求める車」

 

とても大事なことですよね。

 

 

大なり小なり会社の目標はそれぞれあると思います。

 

「今年の売り上げ目標は◯◯円」

「今月は◯◯◯個売り上げる」

 

「売る」という目標はあくまで売る側の視点です。

これは買う側(お客様)にとって全く関係ないこと。

 

企業としての目標数値は大事だけど、その目標数字にだけ囚われると、それを達成するために必要なお客様に、目がいかなくなってしまいます。

 

『売る!』という言葉を『買っていただく!』という言葉に変えるだけで企業風土は変わっていくと思います。

 

「売る」「買っていただく」

同じようで全く違う言葉だと思います。

 

お客様は神様ではないかもしれませんが、お客様が「お金」や「利益」をもたらしてくれることは事実です。

「買っていただく」という「顧客本位」「顧客目線」が商売の基本だということを忘れてはいけませんよね。

 

昨今、かぼちゃの馬車やスルガ銀行など不動産業界を取り巻く問題は、この考えが大きく欠けていたことが原因の一つでもあるんだと思います。

 

今日から11月ですね。

今年も残り2ヶ月、精一杯頑張っていきましょう♪

 

 

 

 

 

オーナー情報誌「ぷらむ通信」11月号アップしました!

不動産の悩み解決します!

 

 

世田谷、調布、狛江など住宅購入・売却ならお任せください!!!