プーチン大統領

テーマ:

 

先日、ロシアのプーチン大統領が

トルクメニスタンの大統領から犬をプレゼントされました。6

5歳の誕生日のプレゼントだったのですが、この時の表情がネットで話題になっています 笑

 

トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領が子犬の首を掴んで高々と掲げている姿を見ているプーチン大統領の表情について

「怒っている」

「なんて持ち方するんだ!」

「犬がかわいそう」などのコメントが多数投稿されているようです。

 

確かにちょっと怒っているように見えますね 笑

 

 

犬好きのプーチンさんはさすがに持ち替えました 笑

ただまぁプーチンさんもそこは大人の対応をして、ベルディムハメドフ大統領に対しては感謝の気持ちを表したようです。

 

プレゼントされた子犬はアラバイ犬という犬種で中央アジアの護羊犬だそうです。

ベルディムハメドフ氏は贈呈の際、犬の名前は「Wepaly(忠実・誠実の意)」だと説明したうえで、「最も重要なのは、この犬たちは非常に忠実だということです」とも伝えたそうです。

 

なお、犬好きのプーチン大統領は、これまでにもたくさんの犬をプレゼントされていて、全部ちゃんと飼っているそうです。

日本の秋田県も2012年、秋田犬の「ユメ」を贈呈していますね。

 

そんなに犬好きなら

犬をいっぱいあげるから北方領土返してくれないかなぁ? 笑

 

 

 

 

いつも応援クリックありがとうございます。


人気ブログランキング

 

世田谷の不動産なら えのき家へ!!!

AD