御堂に相談し

 終えた裕也が

 自分のデスクに

 戻ると

 待ちかまえていた

 岩崎が立ち上がり、
 裕也の席の

 横に立って書類を

 見せながら

 問いただした。
「山内さん、

 また受注数の

 入力ミスしてます。

 50個じゃなくて

 5個でしょう?
 あなたはいっつも

 こうなんだから。
 販売店様に

 ご迷惑をかけるし、

 クレームを受けるのは

 私なんですから

 こういう間違いは
 いい加減に

 やめてください。

 ちゃんと最後の

 入力確認してください。」
  昨日の裕也の

 担当店の名前と

 受注数の一覧を

 プリントした書類に

 記載された

 ミスしたと思われる店に

 大きく赤く丸をして、
 おまけに指で

 トントンと

 音を立てて、どうだと

 言わんばかりに
 間違いを

 指摘してきた岩崎は

 とにかく裕也を

 へこませたくて

 仕方ないように

 見える。

 岩崎のヒステリーは
 もしかしたら御堂と

 裕也の仲の良さに

 起因している

 かもしれない。

 御堂と裕也が

 話してきたことが

 何かを知りたくても

 岩崎は

 蚊帳の外だから

 御堂に尋ねても

 どうせ

 教えてくれないと

 分かっているからだ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。