「昨夜強烈な

 黒いエネルギーを

 キャッチして

 ソウルブレイドが捕えた。
 男はレベル6の

 敵だったが俺は

 勝てると思って

 力試しをしていた。

 そうしたら突然

 光弾が飛んできて
 俺は吹き飛ばされた。

 意識が戻って

 戦闘に復帰したら、

 山内がレベル6の

 敵と戦っていた。
 山内は、

 …あの女の子を

 守って必死で

 戦っていた。

 だが、黒い魂は

 女の子が…

 生きている状態で
 エネルギーを

 食い始めた。

 あの時に奴と

 彼女の魂が

 たぶん繋がったんだ。」
 まひろが受けた

 惨い体験に

 一成も堂島も

 黙り込んで、

 部屋はシンとなってしまった。
 あの世界では

 痛みも苦しみも

 リアルに感じるのに、

 生きたまま

 食われたというのだ。
「彼女の魂を

 黒い魂が食って

 いくのを俺は

 助けられなかった。」
 悔やみながら

 御堂は項垂れた。
「魂が魂を食らって

 …それで繋がってしまったんですね。」
 一成は繰り替えして

 呟いた。そうして

 考え込んでしまった。
 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。