あいつと俺のそーゆう関係ー128 僕たちは入れ替わっていない | エンムブック2のブログ

テーマ:

「おい、いい加減にしろよ千堂!!

 早く肉体を交換して

 俺は元に戻りたいんだ!!」
 だんだんイライラして

 豪は怒鳴った。
「千堂君、すまない。

 君の物語に

 付き合ってしまったけど、

 もう怖くなった。」

 豪は自分から

 一成に近寄ると

 その分一成は

 後ろに下がった。
「おい、お前、

 あと少しなんだぞ!!」
「千堂君、

 僕たち入れ替わってないよ。」
「はー??」

 余りの事に

 豪は素っ頓狂な

 裏声を出してしまった。
「僕たち元から

 何も変わってない。

 君は千堂一成で、

 僕が田村豪だ。」
 豪は呆気に取られて

 言う言葉を失った。
 満月の下で「田村豪」は

 悲しげな顔で

 こっちを見ている。
 ふざけた野郎だ、

 本気で腹が立つ。

 豪は目を向いて吠えた。
「千堂おおおおおおおおおお、いい加減にしろおおおおおおおおおおおおお!!
 早くお互いの魂と肉体を交換させろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」
「もうやめてくれ一成!!」
 突如林の暗い木陰から

 中年の男が姿を現した。

 千堂の父親だ。
「な、なんだ、なんであんたが、?!」
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

エンムブック2さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス