女子の注目を

 一身に浴びる

 この瞬間はさすがに

 気分が良い。

 黄色い悲鳴を

 浴びながら
 豪はドリブルをしてみた。
 本来の豪は

 バスケは下手くそだ。

 しかし、身体が軽く、

 ドリブルもうまく床につくし、
 相手をかわしながら

 自陣に進むのも

 嘘みたいに

 スムーズにできた。
 敵のパスをカットした

 仲間が豪に

 パスしてドリブルで

 かわしたが

 いつのまにか豪は
 敵を交わしながら

 自陣から敵陣に

 向かった。
「おい、一成こっちだ!!」
 味方がパスを

 要求したが

 豪は無視して敵陣で

 相手に囲まれた。
 そうして豪は飛び上がり、

 味方ではなく

 敵のゴールにシュートした。
 ぱさっとシュートは

 見事に決まって

 オウンゴールで

 敵に点数が入った。
 体育館は敵、味方が

 呆れて静まり返った。

 白熱しすぎて間違った

 とは思いにくい。
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。