あいつと俺のそーゆう関係ー102 大きくなる欲望 | エンムブック2のブログ

テーマ:

 梓の部屋は

 同年代の少女の

 部屋に比較して広い。
 可愛い雑貨や、

 ぬいぐるみが山盛り

 されている一角がある

 女の子らしい雰囲気だ。
 豪はクローゼットを

 開けて、

 並んでいるお洋服から

 ワンピースを選んで

 梓のベッドに
 寝かせるように置いた。

 それから鏡を

 枕元に置いて、

 ワンピースを梓に

 見立てて、

 服の胸の部分を

 撫でまわした。
「我慢できないよ。」
 ずっと梓の

 傍にいても

 照れてしまって

 顔もみれないが

 欲望だけがどんどん

 大きくなっていた。
 もう恋の魔法も

 かけたしあと

 2週間くらいで

 元に戻るので

 その前に色々

 遊んでおこうと
 考えて、

 梓が帰るギリギリで

 こんな変態な遊びを

 興じてみた。
 ワンピースの

 スカートの中に

 手を入れて、

 妄想の中で梓の

 太ももを撫でた。
「はあ、はあ、はあ。」
 豪はチャックを下して

 一成の物を出して

 自慰を始めた。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

エンムブック2さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス