液体ミルク | 助産院エンジェルスマイルモモ

助産院エンジェルスマイルモモ

イベントの情報はブログトップ(スマホはブログ情報)をご覧下さい。他院で出産された方も大歓迎です。


テーマ:

最近液体ミルクについて聞かれることが多いです。

 

以前から液体ミルクについてのことは知っていて、伊勢市の災害時の備蓄にどうだろうかと提案したことがありました。ただ、海外の商品であり、安全性などどんなものだろうとは思っていました。

 

避難所には粉ミルクはあるけど、清潔な哺乳瓶と清潔な水がないため、下痢を起こしたりすることもあります。海外にはディスポ(使い捨て)の哺乳瓶もあり、これもあったらいいなあと資料を提供。でも、実際はどうなっているのかは不明・・・。

 

今年3月5日に江崎グリコさんから日本製の液体ミルクが発売されました。

災害時はショックで一時的に母乳が出にくくなったりすることもあるし、ミルク育児の方は自宅で備蓄がなければ大変なことになるので、素晴らしい商品だと思います。

 

ネットで調べてみても、使った方の体験談がたくさん出てきました。「やっぱり便利」「泊まりに行くときに便利」。「液体ミルクの自動販売機があると良い」と書いてあるのもありました。

 

毎週行っているイオン明和でも育児用品売り場のすぐ横に並べられ、簡単便利👍どうぞどうぞみたいになっている。賞味期限は6ヶ月です。中身は125ml。値段は12本で2,592円(1本216円くらい)。1回開けたらおいとけない。

 

また、体験談から分かったことは、ストロー付きの紙パックなので、やっぱり「哺乳瓶に移して飲まさなければいけない」こと。そして、「ストローが細くて移しにくい」「200ml飲む子には量が中途半端」。常温で保存できるけど「冷たいままだと飲まない」」など書かれていました。

 

あくまでも災害時の備蓄用である方が現実的かなぁ、とっても便利ですけど。