起きることには意味がある。魂の視点からの答え合わせ① | よく頑張ったね ここからは

よく頑張ったね ここからは

エジプシャン・ポスチャー・オブ・パワーとシュンガイトLOVERの日記


テーマ:

*タイトルを変えました。

 

直近の出来事について魂の視点から見た答え合わせを残します。

長くなりますが、お付き合いください。

現実で悩んだ時など、こういう視点もあるよということで参考になれば幸いです。

 

宝石緑 宝石緑 宝石緑 宝石緑 宝石緑 

 

9月もあっという間に20日を過ぎました。

今月は、現実面で、密度の濃い(ハードだけど魂的には超楽しい)時間を過ごしました。

 

上旬にはこれまで全く縁のなかった世界のお手伝いでイベントに参加させてもらいました。

相手がいることなので詳細は伏せますが、現実の視点ではうまくいかなかったと思います。

一方、魂の視点で見れば、途中いろいろあったけど最低限必要なことはできたので結果的にはまあOK。

目に見える出来事としては同じなのに視点が変わると評価も変わるのは面白いことです(^^)

 

人と一緒に何かをやることになったということは、私達の意思を超えたところで目に見えない意図が設定されたということです。(今回は特に。後で書きますが「冥王星」が絡んでいました。だからこそ相手になってくれたAさんには自分の判断を責める必要はないことを伝えたいと思います) 半年以上、直接的なものでは三か月前の昨日にはすでに準備が始まっていました。

 

私達二人に共通していたテーマは「これからのために今までのやり方を変えること」 

魂のシナリオから今回の共同作業をみると、①A氏と私はお互いに持ってはいるけどうまく使いこなせていなかった資質・エネルギーを持っていたので鏡として引き合い、②私はA氏の〇〇を引き出す”触媒”になり、③A氏は私の「火星と水星の統合(完成)」を助けてくれる、そのためのプロセスでした。

 

▼ホロスコープの説明は、リンデンバウムのぞみさんの記事をお借りします。

ホロスコープは「今回の人生で達成すべき青写真」と言えます。
配置された惑星のエネルギーを使いこなして、魂に統合するのです。

自分の星のエネルギーを自分自身のものにして使いこなすのは、魂の望み、人生の大切な使命です。魂はその「統合(完成)」を目指しています。
だから、すぐ使いこなせないものは周りの人間に投影して「あなたはこういうエネルギーを持ってるんだよ!気づいて!」というヒントを出すのです。


「私、○○座だけど○○座っぽくないんだよね」の理由 より。

 

火星は仕事、男性性、行動力、自己主張など

Mars
 

水星は知性、情報伝達、言語化、コミュニケーションなど

Mercury

ホロスコープを擬人化で説明しちゃうぞ☆より

   

(私から見た)A氏は男性性の塊で言葉でのコミュニケーションに強い人。人を育てるのも男性原理で。

一方、私は普段ほとんど話しません。特に雑談やおしゃべりは全くと言っていいくらいできません。魂の役割は受容から始まります。媒体なので個をなくす方向です。

 

私の学びポイントは 「自分の考えを言葉で伝えること」 (Aさんの分は承諾ないので割愛します) 

共通の学びポイントは「使ってないほうの資質を発揮することがすべてにおいて相乗効果を生むと気づくこと」 結果を出したいならまず自分たちの間でやりなさい、順番も答えも「逆」だと言われていたのです。

 

ほんというと、私は自己主張がかなり強いです。必要だったら闘うこともします。(人生の前半はほとんど闘ってました) どうしたいのか。どうするのがいいと思っていて、それはなぜなのか。すごくハッキリしたものを持っています。ストレートに言うのでそれが日本的なというのか周囲とは馴染まなくてあまり言葉を使わなくなりました。

 

でも、言葉で伝え合うことがすごく大切で重要だという文化背景を持つ相手だったら問題はないはずです。 むしろ積極的にそうすべき。特に仕事では。 お互いの気づきが進まなくて強制的に軌道修正されながら最終日(4日目!!)にようやくスタートラインに立てました(^^; *その時やり切れなかったことが後始末として後ろにずれ込みました。共同作業のプロセスだったので双方に"後処理"が残ったと思います。

 

加えて、私は冥王星の影響を強く受けていて、ホロコープでは10天体のうち5天体とメジャーアスペクトがあります。(海王星と土星も同じ) 今回統合した火星と水星もそれぞれ冥王星とコンジャンクション。良くも悪くも破壊力があって、使い方を間違うと相手も自分も傷つけてしまいます。(だから天秤座に天体が4つあって「バランス」が人生の大きなテーマになっています。) 

 

冥王星のイメージ: 極限、極端、抗えないもの

pluto

ホロスコープを擬人化で説明しちゃうぞ☆より

 

Aさんとは一緒にいると使い方さえ間違えなければ素でいられる解放感がありました。今回はそこまではいけなかったけど「意識して使いこなせる同じ目標があったらきっとすごい(強烈な・笑)ことが出来る。冥王星が絡んだ2つを同時に一緒にやれる!!」と魂が嬉しがっているのが分かりやすいこと(笑) それだけのパワーと度量を持つ相手だからこその采配だったはずです。揺さぶられる人としての私にはハードでも間違いなく貴重で楽しい時間でした(^^) ありがとうございました。

 

keroppikeroppikeroppikeroppikeroppi​​​​​​ ​

 

まとまらなくなってきましたが、ブロックが外れたからか、もう少し書きたいので続けさせてください(^^)

 

話さなくなった理由には、スピリチュアルな感覚が人に理解されづらかったというのもやっぱりあったと思います。日常を現実的な視点と魂の視点(シナリオ)から同時に捉えていることは、今でこそオープンにしていますが前は難しかったです。

 

普段、日常的にいろんなものをキャッチしていますが、受け取っている情報の断片には過去・現在・未来という時間の区別がありません。その時必要な気づきなど朝受け取って夜には答え合わせできるものもありますが、受け取ってから体験を伴う「現実」として認識できる(意味が理解できたり、その情報を現実で見つける)までだいたい数日(ものによっては数か月~数年)タイムラグがあることが多いです。

 

説明が難しいけど、未来はすでに(過去・現在と同時に)存在していて、自由意志を使って変えたほうが成長が進むとか明るい未来になるという意味でいいものもあるし、たとえ「試練」と言えるものであっても受け取った情報のままに体験したほうがいいものもあって、この2つは同じ未来の断片でも似ているようでちょっと違います。(これは「魂のシナリオ」と呼んでいるものが、私達より広い視野と大きいスケールで描かれた「そのタイミングにおいてその人が一番成長できる選択肢(プロセス)」だということと関係していると思います。) 意志では変えられない未来というのもやっぱりあると思います。

 

日々、その時に必要な学びや気付きや情報を得ながら、過去に受け取った未来の断片(つまり今)の答え合わせもやりながら、さらに必要なメッセージを受け取っているような?そんな感じの日常です。こういうことも、もうオープンにしていっていいかな?と感じています。

 

 

 

「よく頑張ったね」 

「よく頑張りました」

 

チャレンジがようやくひと段落して、ねぎらいとご褒美を受け取りました(^^) 

占星術という共通言語が使えたらもう少し表現しやすくなるのかもしれません。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

MAKIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス