Newブログへ移転のお知らせ

テーマ:
この度新しいブログを
スタートさせました!




ブログタイトルはこれまで同様、
キング佐々木さんに名付けて
いただいた「ポチョンドッカン」


ブログのレイアウト等は
今後変わっていくかもしれませんが、
これまで以上にディープで役に立つ
内容をアップして行きたいと思います。


ブックマーク、お気に入り登録
いただければ幸いです。


アメブロの記事はしばらく残しておく
予定ですが、ひとまずこちらで
ブログをご覧いただいた皆さま、
本当にありがとうございました!


奮わなかったH1相模湖の
復習のため、メタル系とダイラッカを
握りしめて相模湖へ行ってきました。






{E94D2843-3AA7-4A71-9737-23CAC27FA244}


タックルはこんな感じ。

左から
ワサビー4g・8g用のHB660MLS-Sgt
オーバー2〜5用のHB760L
ダイラッカ用のST700H
ワサビー12g・18g用のLTT650MH
インザベイト12g・18g用のLTT630M


ミドルを徹底的にやるつもりで出船!





程なくして3mレンジのベイトに
ワサビー8gをチョイ投げして
1200gのナイスフィッシュ!





{A49CF46B-6AE4-4BC0-937E-DA1EB895D155}




プラクティスの時から
感じていましたが、
相模湖の魚は本当によく引きますね。
あんまり引くので巨大なヘラのスレ
だと思いました^^;




相模湖でメタルやってると、
ヘラ?バス?ニゴイ?トラウト系?
コイ?ハス?・・・と、
何が上がってくるかわからない
ドキドキ感を楽しめます 笑





そのままメタルを続けて行くと
ノリーズファンのKさん登場!
{27821FA3-87BE-4ACF-BB08-C0BBF426DD43}




いつも気合いが入ったタックルで、
この日もしっかり魚を
キャッチしていました!






そのうちに日が出てきたので
最も試したかったダイラッカの
シェード撃ちを試してみることに。






始めて20分くらい経った時に、
ちょうど風が吹いてきて
ふとシェードを見るとデカそうな魚の
尻尾が2〜3チラ見え・・・




あれ?さっきはいなかったのに、
急に魚が浮き出した??


と思いつつ、
ヒラクランクギル・ガルツーチューンで流すもわずかにチェイスするのみなので
魚が沈んで行った方向にダイラッカを
ピッチング。

そして数投後、フォール中に違和感。
しっかりアワセてブンバボーン!

54cm2500gのビッグフィッシュを
キャッチ!


{0337089D-1D6E-496C-B52A-D29E119742FE}



試合で釣りなさい!と
いったい何人の先輩方から
言われたことか・・・^^;

復習だから釣れたんです。
相模湖戦上位の方々は
完成された釣りをしていたんだなと
実感しました。




そしてその後はニゴイを6本追加して
終了。通常営業の相模湖でした^^;



タックルオーガナイズ

テーマ:
このところ定期的にタックル類を
見直しています。






ルアーは年に一度は必ず見直して
いましたが、今回はタックル収納を
見直し。





今までは現場にvs3070と
プライムエリアのバッカンに
メタル系などを少々という
スタイルでした。





{1BD65F3A-A192-40C4-974A-CF7F7F24ABED}


こんな感じ



まず現場のタックルボックスを
vs3070から3078へ入れ替え!






{F6FC98D1-12A0-4DCA-BFC7-85C0241615DE}



新しい相棒はブルーにしました。
私のイメージカラー(のつもり)です!








そして、今まで歴代の
タックルケースへ雑多に
収納されていたストックルアー達は、
vs9030へお引越し!






{84C9B63B-7A14-41FB-AA65-127FCC4F5689}


2つじゃ全然足りません^^;







タックル整理をしていると、
未開封のルアーがたくさん・・・







{74BC736D-4653-47C5-B3B9-B6F30789DCFE}

{9B4AF5A3-CFD8-48BA-9C2E-BCAC9E12B5FD}



エーキンスジグ!






{86EFE890-880B-4A73-A4B0-F71F93E99CEA}



マイケル!








タックル整理は続く・・・

雑誌掲載のお知らせ その①

テーマ:
現在発売中の雑誌掲載の
お知らせです!





{D5070232-1546-43EB-BECB-73C84FF6460D}







真夏の印旛沼にて
ハイスピードクランキンをハメた
アングリングバスの新連載が
始まりました!





「上記の判断が結果を分けるのが
バスフィッシングである」
ということを再認識できる
内容であります!




{7D37EBD7-9C37-49FA-A1F5-E6139165D7A0}






表紙にも初登場です!
(小さいですが 笑)


ぜひチェックお願いします^^

H1相模湖〜試合編〜

テーマ:
試合当日。


朝から何度も天気予報をチェックして、
雨が降らないことと、それほど
気温が上がらないことを確認。




気温が上がらない=魚が浮かない



ということで、決して好反応とは
言えませんでしたが、
ミドルレンジのメタルゲームを
メインにすることに。




対ミドルレンジに用意した
タックルは3種類。

◆ワサビー4g用
HB640LS-sgt
ステラ2500SDH
PE0.6+フロロ8lb

◆ワサビー8g用
HB660MLS-sgt
ヴァンキッシュC2500HGS
PE0.6+フロロ8lb

◆ワサビー18g用
LTT650MH
メタニウムHG
FCスナイパーBMS14lb


普段18gにはフロロの10lbを
組みますが、今回は4〜6mの
ミドルレンジを釣るため、
フォールスピードが出過ぎないように
少し太めのラインを合わせました。
18gに太めのラインを合わせると、
スライドの幅が狭くなり、
よりバーチカルに
落としやすくなります。





そしてスタートして1秒後には
ファーストキャスト!





H1ではプレッシャーを避けるため、
スタート直後にロングランをすることが
多いのですが、今回はスタート時に
ベイトを見つけており、そのまま
ワサビー4gをフォール!笑





数回落とし直すも反応がないため、
日相園前の橋脚跡でジャークベイト。




一番良い場所でジャークベイトを
投げている選手をよく見ると
オリキンさん^^;




今年、全ての試合でエリアが
バッティングしているんです 笑




程なくしてオリキンさんが
ジャークベイトでキャッチ。
私は何もなく、日相園の周辺の
ミドルフラットに移動し
メタルワサビーをローテーション。


スタート後2時間程を費やしましたが
反応はなく、もしやシャローが復活?
と思い、揚沢へ移動。
プラクティスの時には発生して
いなかったボイルをちらほら確認し、
状況が大きく変わったのだと判断。





しかしシャローを流すも反応はなく、
ミドルレンジに映る魚も反応なし。





吉野入口や柴田周辺のミドルレンジを
チェックしつつ、ニゴイの反応しかなく
一二三のフラットへ。




この時点で11時を過ぎており、
ゼロ帰着が頭をよぎりました。




なるべく一箇所にとどまらず、
広大なフラットをスピーディに
魚探掛けしつつ、時折映るベイトに
ワサビーを投入。重さやカラーも
こまめに変えながら釣っていくと、
ようやくバスをキャッチできましたが
5mレンジを18gで釣ったのに、
重さにして推定200g・・・。





やはりエリアを変えようと
朝イチのエリアに戻りますが、
やはりベイトやバスらしき反応が
あるもののノーバイト。
試合終了ギリギリまで、
帰着の列に並びながら
キャストしましたが何もなく
1本230gで帰着し、150名中52位で
試合を終えました。





今回の反省点としては、
狙いは間違っていないものの、
魚が口を使うタイミングまで
頭に入っていなかったことです。




風が吹き始めたタイミング
曇りだしたタイミング
昼過ぎに風が強くなるタイミング


これらの時に、良いエリアを
釣っていればミドルレンジも
しっかり機能していたと思われます。






真剣にプラクティスをして
試合を経て答えあわせをすると、
本当に勉強になりますね!






ウェイイン後はノリーズ代表として
ヒラクランクギルシリーズの
豆知識をお話しさせていただき、
BBQで北さんらトッププロに
タメになる話を聞いて
会場を後にしました。





{BB9575CF-1CF6-4F43-9E47-2D82FC306B83}






次回の試合はH1最終戦!の前に、
とあるローカルトーナメントに
参加させていただく予定です。

初参加なので楽しみであります^^




丸2日をプラクティスに充て、
ざっくり2つのプランを建てました。





①体感的に暑くなるまでは
チャンネルが寄ったミドルレンジの
フラットでメタルゲームに徹し、
とにかく3本揃える。


②暑くなり、魚が浮き出したら
ディープ隣接のシャローカバーを
ヒラクランクギル・ガルツーチューン
で流しキッカーを狙う。




{4AA6E7F6-B2D6-466A-ACFD-B312503E52E3}


プラクティス一日目は木曜日、
冷たい雨が降って北風が吹き、
水温が一気に下がった日です。



{F27B78FF-3507-4585-9DAA-E4BEE0EB972A}



まとまった降雨が見込まれたため、
ハイデッキなしのシンプル装備!




トップからディープまで
ありとあらゆる釣りをスピーディに
試し、魚が浮いておらず、
また魚が浮いてくる気配もなかったため
早々にミドル〜ディープをメインに
することに。

この日はワンドの入り口4mにて
ワサビー8gでキャッチした魚が
最もまともなサイズで、他にも数本
キャッチしましたが、
どれも決定打になるような
サイズではありませんでした。




小規模インレットの周りなど、
フレッシュな水が供給されるような
ごく狭いエリアではスピナーベイトにも
反応がありましたが、サイズが
かなり小さく乗らないバイトも多いため
試合のプランからは除外しました。


ちなみに今回投げたスピナーベイトは
ウインドレンジ1/2ozの
ダブルウィローモデルです。




秋口の相模湖はベイトが小さく、
甘噛みが多発するためシルエットを
小さく、なおかつ見切られないように
速巻きに対応できるスピナーベイトを
選びました。




とにかく寒い一日でしたが、
移動がてらに立ち寄った
シャローカバーで1500g級のバイトを
ヒラクランクギルガルツーチューンで
確認し、当日の天気次第で
メインパターンにしようと考えました。

ギルが浮いてくる、もしくは晴天で
係留船などの浮き物に魚がついたら
ヒラクランクで釣るパターンです!



以上のことを踏まえつつ、
前日プラクティスで各所を
見て回りますが、相変わらず魚は
沈んだまま。

ミドルレンジもさほど
反応がなく、かわりにミドルレンジに
絡んだシャローフラットのカバーで
ジャークベイトを連続ジャークすると
300gくらいのサイズは何とか
キャッチできそうな感じでした。





{871D19E8-98D4-40DA-A8D6-FD636EEB058E}

※デッキは雨で濡れています

↑地形変化に絡んだ4mレンジの
ベイトについていた800g。
このサイズがかなり貴重でした。




というわけで、
非常に長くなりましたが
前述の①②に加え、
③シャローのジャークベイト
をプランとして追加し、
試合に臨みました。













H1グランプリ相模湖戦

テーマ:
長期にわたり更新が滞り、
その間もアクセスしていただいた方々、
記事を楽しみにしていただいた方々に
大変ご迷惑をお掛け致しました。

インスタグラムとフェイスブックは
ネタを変えて更新しておりますので、
そちらもフォロー頂けると幸いです。





さて、先週末はAOYレースの山場となる
H1グランプリ第4戦が相模湖で
開催されました。





{B74FAD52-EF4B-4794-8C4F-5160295B16DC}


朝はご存知バサー副編集長の
タックルチェックを担当。
この日のルアー、右手のケースに
入ったメタルバイブのみです 笑


{C9C36B14-9258-48FC-8D7A-B5A8EE3935AF}







結果から申しますと、1本230gのマメ
一本しかキャッチできず、
釣ってきた中でも順位はかなり低い
位置で試合を終えました。




年間順位にも響いただろうと
肩を落として帰着の列に並ぶと、
年間上位陣が総崩れとの噂。
そして、1〜5位までで魚を
キャッチしたのは私だけだと判明。




わずかにウエイトを追加したことにより
亀山ダムのスーパーロコ松本さんを
抜いたものの、今回優勝者の方が
3700gを超えるビッグウエイトを
持ち込んだことにより
亀山戦と今回のウエイトのみで
年間首位となりました。

つまり私はAOYランキング2位でステイ、
首位が入れ替わったことになります。



年間2位と言えども総ウエイト制で
あること、ウエイト差がほとんどない
ことを考えると、最終戦牛久沼の
結果がそのままAOYレースに
影響しそうです。




魚のポピュレーションの問題なのか、
豊富なベジテーション攻略次第なのか、
魚の動きをつかむのが難解な牛久沼
ですが、出来ることを全てこなし、
最終戦に臨みたいと思います!


釣りの内容やプラクティスの内容に
ついては次回!



今日は印旗沼にて

アングリングバスの

新連載ロケでした!







{43EF1137-E62A-4AA2-9E42-EA0708ABB350}






お題は3本4100gをハードベイトで!

という厳しいものでしたが、

なんと9時過ぎには3本で

5キロ弱のウエイトをマーク!





{B6534454-FA48-4185-97DD-D27AB2123EDA}







クリスタルSとショットフルサイズが

バッチリハマりました!





{CD34844B-8FD7-4F28-9754-FCE6F6F105EC}






意外なベイトの存在も

明らかになった取材の模様は、

8月発売のアングリングバスにて

ご覧ください!!






真夏のクランキン最高であります!








ジャングルクルーズもしましたよ!




{3019C9B7-FCEF-422F-9B28-286692105C23}