足のアーチ構造、ゆっくり走る動作/BORN TO RUN | 股関節が硬い 徹底究明!中村考宏の超スムーズ股関節回転講座

股関節が硬い 徹底究明!中村考宏の超スムーズ股関節回転講座

骨盤後傾から骨盤をおこし股関節を超なめらかに。体幹と四肢を連動させ動きの質を追及する。運動とは人の重心が移動することである。運動を成立させるべく構造動作理論(Anatomical Activity)に基づくトレーニング方法と身体観察について綴ります。


テーマ:
大阪の皆さま、骨盤おこしセミナー&構造動作トレーニング会 にご参加ありがとうございました。
私が話していた本はこれです。
BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

人類は走るために生まれた?!
すごく読みにくい本で400ページ以上もありますから読み切ったときには達成感がありました。
地名や登場人物がたくさん出てくるのですが、ごちゃごちゃしていてイメージが湧きませんでした。
中盤以降からは別人が書いたのか?スーと読むことができました。
アメリカのエンターテーメントは実に壮大です。
人類が何のために生まれてきたのか、いろいろと想像させてくれます。
作者がいうには、高性能シューズを履くと怪我をするから裸足で走るようにといいます。
そして、大手シューズメーカーのナイキが悪の根源だというのです。
どうなんでしょうか???
研究論文もいくつか用意されていましたが、信頼度の高いエビデンスなのでしょうか?
ビックビジネスの裏側の戦いを想像してしまいます。
作者は、ワラーチというゴム草履をはいて長距離を走ることができるタラウマラ族の走り方を研究しています。
日本でも、この本の影響でベアフットランニング(裸足で走る)やワラーチランニングが流行っています。
私のところにも「裸足で走るといいのですか?」という質問もたくさんきます。
考えないといけないことは、「何を目的に裸足で走るのか?」ということです。
速く走ることが目標なら世界で実績のある走りのスペシャリストから指導を受けるのがいいでしょう。
怪我を治すことが目的なら世界で実績のある治療のスペシャリストから指導を受けるのがいいでしょう。
しかし、本来「速く走ること」と「怪我をなおすこと」はイコールでなければならないと考えます。
これらを兼ね備えたスペシャリストチームから指導を受けることがベストなのでしょう。
とはいっても、一般ランナーにとっては夢のような指導ですね。
私の構造動作トレーニングからの提案は、走る以前の身体の状態を考えることです。
医学的にも足のアーチ構造は重要です。
まず、足のアーチ構造を自力でつくることからはじめてみてはいかがでしょうか?
そうすれば、裸足で走ろうが、ワラーチで走ろうが、高性能シューズで走ろうが、何の問題もないと思います。せっかく、ものがすぐ手に入る日本にいるのですからシューズを履きこなさない手はないですね。

前置きが長くなってしまいました。
セミナーではアクセルとブレーキのお話をしました。
それを踏まえてトレーニング会では、ゆっくり走る動作 を行いました。
これは、リハビリと考えてもいいでしょう。
いくつかのチェック項目があります。
ゆっくりと走る動作の中で自分の身体、骨格構造を探りながら見つめなおすのです。
完璧な動作ができる人なんていません。
自分の動きを探ってください。
そして、身体をゆるめることができるようになったら、さらにもっと深いゆるみを探ってください。


「股関節が硬い」徹底究明!中村考宏の超スムーズ股関節回転講座-2012.11.11大阪


締めは重心移動と股関節の可動。
運動は重心移動です。
アクセル全開、重心を移動させます。
柔軟性の高い参加者たちが、「自身の股関節がこんなにも動いていなかったのか...。」と、ショックを受けていましたが、これからスタートすればいいのだと思います。
180度開脚 ができる柔軟性の高い方の純粋な股関節の体幹前屈を計測すると90度で床に到達するところ20~30度にしか満たしません。
走るということにしても、動作は重心移動からはじまらなくてはなりません。
柔軟性、ストレッチングではないのです。
何においても、「何を目的にするのか? 」、そして、手段方法を選択する必要があるのだと思います。

ところで、私たちは何のために生まれてきたのだろう???
永遠のテーマですね。

中村考宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス