語学留学の孤独。 | フランスとわたし。30歳からのフランス留学
新型コロナウイルスに関する情報について

フランスとわたし。30歳からのフランス留学

30歳を超えてフランスに移住しました。
いつかフランスに住みたいと思っていたことが、やっと現実に。夢だったフランス生活とは。。。

いつまで経ってもフランスの暮らしに慣れない。

 

今週は語学学校のクラスがいつもより倍以上人数が多い。

発言の機会が減るからあんまり好きじゃないし、

何よりすごい孤独感を感じる。

 

クラスメートはヨーロッパ圏がほとんど。

スイス、イタリア、スペイン、スウェーデン、ドイツ。

それにメキシコ、ブラジルって感じで

アジアは私1人。

 

上記の国々だと、

共通言語としてスペイン語、ポルトガル語があるし、

フランス語とかなり近いので

彼らは母国語をフランス語をミックスして話していても

会話が通じてしまう。

 

しかも、今週は授業の後半やたらゲームすることが多くて、

それもきついなと思ってしまった。

例えば世界の著名人をひとり決めて、

質問して行ってそれが誰か当てるとか。

 

この誰を選ぶかってところで

なんとなくヨーロッパ圏の人にとっては常識なんだろうな

って人が選ばれるので、ついていけなくなったりする。

ポカーンと見ているだけだし、

取り残されている感が半端ない。

 

しかも、先生も大抵はスペイン語、イタリア語、ポルトガル語のどれかを

多少知っているので、生徒とそれで盛り上がれたりするけど、

日本語知ってる先生ってまずいない。

ていうか、日本語話したいとか勉強してる外国人て

相当変わってんなって最近気づいた。

 

だって、日本でしか使えなくない?!

英語とかフランス語、スペイン語なら役立つだろうけど、

日本語だよ。

しかも、大概日本に興味ある先生もあんまりいない。

なんかそこでもちょっと孤独というか、寂しい気持ちになる。

 

それでも日本といえば、日本食や新幹線が世界的に有名だから

なんとか持ち堪えられている。

日本食大好きっていう人は本当に多い。

 

やっぱり2番じゃダメなんだよ、1番じゃないと。

世界で1番になるってこういうことなんだなと思ったし、

1番をとってくれた昔の人たちに感謝している。

日本を誇らしく思えるし、自分の国のことを知っている人がいるっていうのは

何か心温まるものがある。

 

今B1のクラスにいるけれども、

全然話せるようになっている気がしないし、

なんか今週は全然ダメだなって感じ。。

もう毎日帰りたいって思って授業受けている。

 

 

ちなみに滞在許可証は無事受け取りできた。

コロナのおかげで、前みたいに人がごった返して長時間待たないといけないわけではなく、

予約した人が予約した時間に来るだけだから

すぐに終わって楽ちんだった。

ずっとこうならいいのに。

 

滞在許可証ももらえたので、

これでいつでも日本に帰れるし、再入国できる!

と思ったら、すぐにでも帰りたくなってしまった。。。

 

はあ。

こっちで結婚してずっと暮らすなんて全然現実味がない。

在ヨーロッパの日本人の人たちは本当にすごいなって思う。

 

早く帰国したい。