Hello!

英米で通算人生の半分以上 

を生活している

英語コーチ RYOKOですニコニコ

 

――――――――――――――――――――

5月コーチングはおかげさまで満席ですニコ

 

体験セッションに多数お申し込みいただきありがとうございますニコニコ

 

6月以降コーチング開始ご希望のかた

体験セッション優先予約受け付けています。

 

★体験セッション毎月先着3名様無料(通常¥3000)

 6月の無料枠は残席1名様です。

➞ こちらから
――――――――――――――――――――

 

 

 

「ひとつの~」という意味を持つ

不定冠詞の”a” または ”an”

使い分けルールは

この不定冠詞の後に来る

単語(通常、名詞又は形容詞)が

 

子音ではじまる場合は ”a”

母音で始まる場合は  ”an”

 

と覚えていませんか?

 

例えば

an apple,

an icecream

an umbrella

an egg

an orange

 

 

どれも母音アルファベット、a, i, u, e, o

始まっているので ”an” を使いますね。

 

では次の単語はどうでしょう?

 

Euro, heir, hour, MBA, one, unicorn

 

”an”がつくのは

heir, hour, MBA

 

 

えっ? 

Euro, union, one は母音のアルファベットで

始まるから 

an Euro, an unicorn, an one hour

じゃないの、とおもいませんか?

実はこれらにつく冠詞は ”a” なんです。

 

 

この母音で始まる単語の前には

”a” をつけるという基本ルールの

落とし穴

 

母音かどうかの判断が

 

単語の綴り(スペル)に頼れない場合があり

 

単語の発音が母音(a, i, u, e, o)で

始まるかどうか

 

で決めるという注意が必要です。

 

 

上記の例で言うと

Euro, unicorn は 子音 の音で始まり

one は子音 w の音で始まるので

冠詞 ”a” をつけます。

 

 

一方、

hour, heir, MBA の場合

 

hour heir h サイレントh と言って

発音されず

h の後の  や  の母音アルファベットが

単語の最初の発音になっています

 

MBA は子音”M” で始まりながらも

発音はアルファベットの名前  'em' 

読むので母音発音

 

というわけでまとめると

 

 

 

丸ブルー基本ルール

子音アルファベットで始まる単語には ”a” をつける

母音アルファベット始まる単語には ”an” をつける

 

丸レッド例外ルール1

’h’で始まる単語で

発音されない(サイレント) ’h’ の次に

母音アルファベットが続く綴りの単語で

母音の発音で始まるので ”an”をつける

 

丸レッド例外ルール2

綴りは母音で始まるが子音発音で始まる単語

には ”a” を付ける

特に ’u’ ’o’ で始まる単語に注意

 

 

たかが冠詞、と言っても

奥がふか~い。

スペルが出来るだけでなく

単語の正しい発音をしっていて

初めて使い分けができるんですね。

 

 

正直、使い分けを間違ったからといって

相手があなたの英語を理解できない、

というわけではないですが、

 

 

せっかく英語を勉強するなら

スペルだけでなく、

文法、発音もきちんとやりたい!

 

という方は

単語暗記の際に発音も

しっかり要チェックですね!

 

 

 

さて6月開始コーチング枠

残席わずかです。

 

ご興味のある方はまずは体験セッションを!

優先予約を受付いたします。

下記入力フォームからお申し込みください。

     下差し

体験セッションでは

 

★ 目標を明確化しゴール設定

★ カスタムメイド学習戦略を提案

〇 セッション形式はオンライン

〇 約90分

 

毎月先着3名様限定!無料体験セッション(通常 ¥3000)の予約をご提供しています。

 (6月の無料枠は残席1名様です。)

お申し込みは → こちらの入力フォームから

 

セッションを体験した方々の感想はこちらから。