englishbuffet-ryugakuのブログ
  • 05Nov
    • プリンスエドワード島からの紅葉便りの画像

      プリンスエドワード島からの紅葉便り

      みなさんこんにちは11月も半ばに近づき、グッと秋色が深まってきましたね今日はカナダの最東端にある有名な島(赤毛のアンの物語の舞台です)プリンスエドワード島にある語学学校SACLIの方から紅葉の美しい写真が届きましたのでシェアします↑透明度の高いMooney's pond反射した風景も綺麗~私はアニメや小説、映画も含めて赤毛のアンのお話が大好きです島の絵葉書のような美しい風景もさることながら、その当時に使われていた、家具やキッチン道具も興味深く、特に食事やお菓子のシーンがでてくるとワクワクします当時のお菓子を再現して作られている本があるので、たまに見てはその頃のアンの生活に思いを馳せていますこんなに素敵な島なのに、残念ながまだ行ったことがないのですが、プリンスエドワード島を特集している旅番組を見つけては、こんなところを歩きたいなぁとか想像を膨らませています本当にいつか訪れたい島の一つです・・・おまけに・・もう終わってしまいましたが、可愛らしいハロウィンの様子もプリンスエドワード島にもとっても素敵な語学学校がありますよ気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

    • マルタからの現地情報♪の画像

      マルタからの現地情報♪

      みなさん、こんにちは!早いもので今年も残すところ2ヵ月弱となりました。入国できる国も出てきていますが、まだ日本からは留学や海外旅行には行きづらい状況が続いています。そんな中、コロナウイルス感染拡大の状況を考慮しながら、現地の語学学校は開校しているところが増えてきています今日は”地中海の宝石”と呼ばれるマルタに本校がある、人気の語学学校ECのスタッフの方より、今のマルタの様子が届きましたので、こちらでシェアさせていただきます以下ご参照くださいませデータ上の感染者数の状況についてマルタでも第2波の感染者数増が見られ、推移としては現在「高止まり」の感がありますが、全体的なデータでは人口100万人あたりの累積感染者数は日本の約17倍となります。同時に、マルタでは積極的に検査を受けさせる体制となっており、人口1000人あたりの検査数は日本の約23倍となっています。また無症状、軽症者の割合が増えてはいますが、以前には無かった高齢者施設でのクラスター発生があり、死亡者数は人口100万人あたり144人で日本の約10倍となります。(フランス567人、ドイツ125人、韓国9人)日本と比較をするとやはり良いデータとは言えず、もちろん心配も尽きませんが、肥満率の高い人口構成、元々は近所に住む家族が週末に集まり、大声&大笑いで団欒を楽しむといった文化的背景を考えると、意外にまだ健闘中なのでは?という印象でもあります。規制強化について現在マルタで取られている主な規制は以下の通りとなります。●室内商業施設やオフィス内、屋外でのマスク着用義務●バーやクラブなどの営業停止●カフェやレストランの営業時間制限(午後11時まで)●屋外で集まれる人数は6人までとするまた一部ヨーロッパの国やアメリカなどについて報道されているような、マスク着用や規制強化などに反発す動きや論調は起きていません。<マルタ在住者としての感覚>日本での報道について日本のネットニュースなどを見ていますと、やはりヨーロッパ全体を一くくりに報道していたり、響きの強いロックダウン、外出禁止令等が、好んで使われたり、または一部のデモや閑散とした街の一角など、「絵になる」写真だけが選ばれて使われているのでは?と感じることがあります。少なくともマルタ、また私たち自身の周囲については、上記のような制限があること、自己管理と言う意味で気を付ける点があること以外、特段日常生活に支障をきたしているという感覚はありません 。(在宅ワークによる運動不足は否めませんが…)ラッキーかも?と思うこと現在の感染拡大の要因の一つに、気温と湿度の低下が上げられているかと思いますが、マルタでの毎日の気温は20度以上、日差しも強く、昼間は半そでで歩く人もまだまだ多いです。また海に囲まれているためか、湿度も他のヨーロッパ諸国よりも高いようです。ですので、例えば屋外テーブル限定で外食の計画を立てても選択肢はたくさんあり、適度にリラックス、楽しむことができます。また通学はほとんどの生徒さん方が徒歩となり、在宅ワークが可能な職種は在宅が基本なので、通勤&通学ラッシュで人混みに揉まれるといったこともありません。学校のあるセントジュリアンからスリーマにかけてのプロムナード沿いのカフェやビーチで過ごせるので、家に籠ることなく鬱々とした気分になってしまう・・という率も低いのでは?という気がしています。FACEBOOKでも学校の最新情報をご覧いただけますhttps://ja-jp.facebook.com/ec.malta/また渡航国における最新情報は以下の外務省海外安全ホームページからご確認頂けます。外務省 海外安全ホームページ海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。www.anzen.mofa.go.jp留学にご興味のある方はまず情報収集から始めましょう!留学のご相談・お問い合わせにつきましてはお気軽にどうぞ:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 28Sep
    • 今だから!バーチャル留学体験♪の画像

      今だから!バーチャル留学体験♪

      みなさん、こんにちは!海外に行けない今、オンラインを活用して様々な活動が可能になってきていますね。今日はオンラインで留学!”バーチャル留学”についてご紹介したいと思いますこれは現地の語学学校が開講しているもので、自宅に居ながら世界からのクラスメイトと共に授業が受けられるというものです。フルタイムで受講すれば、まるで学校へ通学しているかのようなしっかりした授業とアクティビティにも参加できますよ今回体験レッスンを受けたのは、世界6カ国に37のセンターを持ち、80年続く質の高い人気の語学学校、Kaplan International Collegesの総合英語の授業になりますまず、時間はイギリス時間とオーストラリア時間から選択でき、私はイギリス時間を選択したので、18時~の1時間半(1コマ)でした。結構たっぷりあるので、耳も脳もフル回転です通常は月~金曜日の週5日間(祝日を除く)で週20レッスンまたは28レッスンから選択できます。お忙しい方には一日1,2時間の時短コースもありますよ一クラス最大15名までで、今回のクラスはほぼヨーロッパ諸国からで、少しアジアの方もいらっしゃいました。先生のお話によると、ほとんどの方はイギリスに入国はされていて、14日間の自己隔離期間中、残りの方はまだ渡航できないので、自国から参加されているそうです(国籍割合はレベルやクラスにより異なります)この日のテーマは”Advice and suggestion”というもので、"You should" " You'd better" "I recommend""It's high time"を使って、いろんなシチュエーションの人にアドバイスをするという練習がありました。3人ずつグループに分けられて10分程度話し合ってから発表する流れで、グループごとにいろんな発想が出てきてなかなか面白かったですまた”Use of English”というコーナーでは、一つの文章を他の表現法で言い換えたり、街中で見かけるサインについて説明したりしました。↑テキストが出てくると画面上に先生が生徒の答えや説明を書き込みされます1時間半の間に3回ほどグループで話し合う時間があるのですが、時々先生も入ってくるので、みんな真面目に集中して参加していました画面越しのやり取りにはなりますが、お互いに顔はちゃんと見えていますし、積極的に発言するようにして参加すれば、かなり集中して勉強できるシステムとなっています最初は大変かも知れませんが、1週間もすれば授業の流れや要領もつかめると思います☑留学本番前に慣れておきたい☑インターナショナルな環境で英語学習してみたい☑学校へ通うようにしっかりと集中して勉強したいという方には、良い学びの機会にしていただけるかと思いますご興味のある方はまず無料体験レッスンからご案内させていただきますねオンライン留学の様子は学校のサイトからもご覧いただけますまたFACEBOOKでも学校の最新情報を発信されていますhttps://www.facebook.com/kicjapanオンライン留学や学校のご相談・お問い合わせにつきましてはお気軽にどうぞ:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 15Sep
    • ニュージーランド・マオリ語週間の画像

      ニュージーランド・マオリ語週間

      Kia Ora (キオラ、ニュージーランドのマオリ語で"こんにちは”)ニュージーランドに旅行や留学したことがある人ならこの言葉はきっと聞いたことがあると思いますマオリ語とは先住民マオリの言語で、同国では毎年1週間の「マオリ語週間」を設定し、使用する人が減少傾向にある中、マオリ語の促進に努めています今年はちょうどいま、9月14日から9月20日までです(↑ニュージーランド観光局より)NZの公用語は、英語、マオリ語( Māori Language)そしてニュージーランド手話があります。ちなみのこのHelloに代わるあいさつ、”Kia Ora”はニュージーランド航空の機内誌にも使われていますよ今年、そのニュージーランド航空は80周年を迎え、機内誌にはこれまでの歴史が特集されています。ご興味のある方はこちらからご覧くださいね機内誌「Kia Ora」この期間中はスーパーの商品名がマオリ語で書かれたり、マオリ文化に関わる映画祭やイベントが各地で行われますさてこのマオリ語、街中では聞けることは少ないと思いますが、結構あちこちで見かけることはあります。というのも、NZの地名や食べ物によく使われているからです例えば地名なら、北島の温泉地で有名な”Rotorua(ロトルア)”は、roto(湖)+rua(2)=第2の湖という意味になり、また南島のクレイフィッシュ(イセエビやロブスターの一種)の産地、Kaikoura(カイコウラ)は、kai(食べる)+ koura (クレイフィッシュ)=クレイフィッシュを食べる場所・・ということになります。なるほど~!その土地の特徴を表現しているのですね(↑ニュージーランド観光局より)食べ物なら、たとえばさつまいもの事はkumara(クマラ)、白身の魚Hoki(ホキ)、アワビはPaua(パウア)、アサリをPipi(ピピ)などがありますよほとんどがローマ字読みなので日本人には読みやすく、むしろ英語圏の人は読みにくいそうです今後、国境が開いて、もしニュージーランドへ行かれたら、ぜひ身の周りにあるマオリ語を見つけてみてくださいね

  • 12Aug
    • イギリス・ボーンマス★学校再開と街の様子の画像

      イギリス・ボーンマス★学校再開と街の様子

      みなさん、こんにちは!今日はイギリス・南西部のリゾート地、ボーンマスにある語学学校、Anglo ContinentalのHaruyoさんより、現在のボーンマスの様子をお知らせする動画が届きましたので、こちらでシェアさせていただきます。3月23日から始まったイギリスのロックダウンですが、今では随分緩和され、ソーシャルディスタンスなどのルールもありますが、カフェ、レストラン、パブ、美容院、映画館なども再開していて、ようやく少しずつ、通常の日常生活に戻りつつあるそうです街中で一番大きく変わったのは、みなさん普通にマスクを付けていることです。公共交通機関の利用時や店舗、スーパーに入る際もマスク着用が義務付けられていますそして、ついに学校も8月3日(月)より再開されています日本では現在、外務省より全世界に対し、感染症危険情報が発出されています。イギリスは感染症危険レベル3(渡航は止めてください)のままですが、イギリスへ留学予定の方、これから考えたいという方にも現地の様子をご参考にしていただけましたら幸いですここでボーンマスのご紹介(ボーンマス観光局からの紹介動画です)ボーンマスはイングランド南西部の海岸沿いにあり、10km以上の海岸線が続く人気の高級リゾート地です一方、静かで治安が良く、落ち着いた街でもあります。ロンドンからバスで約2時間なので、週末に遊びに出やすく、学校からもエクスカーションで連れて行ってくれますし、オックスフォードやケンブリッジのトリップもありますよ英国内「最も幸福な街ランキング」で1位を獲得したこともある、イギリス人にとって憧れの地ですそうイギリスへ行ったらぜひクリームティも味わってみてくださいねスコーンに紅茶、ジャムにクロテッドクリームのセットスコーンはイギリスの国民食ともいえるもので、いろんなレシピがありますが、お家でも思い立ったらいつでも作れるシンプルな材料なのもいいですねやはり本場で食べると粉や素材の味が違うので、どこで食べてもとっても美味しいそうですよ学校や留学のお問い合わせにつきましてはお気軽にどうぞ:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 07Aug
    • NZ・オークランドのロックダウン明けの様子

      みなさん、こんにちは!今日はニュージーランド最大の都市、オークランドにある国際色豊かな学校、Worldwide School of EnglishのMaiさんより、ロックダウン明けの学校周辺の様子を動画で案内してくださっていますので、こちらでシェアさせていただきますNZは当センター取り扱いの英語圏の中でも、いち早くロックダウンが解除され、日常の生活を取り戻していて、現在はほとんどの学校が再開しています。まだ国境は開いていないのですが、ニュージーランドへ留学予定の方、これから考えたいという方にもご参考にしていただけましたら幸いです※学校での対面授業は5月18日(月)から再開されています。(画像をクリックしてください)オークランドは"City of Sails"(帆の街)と呼ばれており、街の中心のハーバーにはたくさんのヨットが並び、気軽にフェリーでお出かけできますこれがまた旅気分が高まって楽しいんですよ例えば10分ほどで行ける対岸の街Devonprtこの小さな街には地元の人で賑わうビーチがあり、気軽に魚釣り体験もできメインストリートにはカフェに雑貨、アンティークショップ、こだわりのチョコレート屋さんなどふらり~っと街歩きをしたいときにピッタリですMt. Victoriaという小高い丘からオークランドの街を一望できるので、こちらもぜひお忘れなく学校の動画もぜひ当校の動画サイトからご覧くださいhttps://www.englishbuffet.info/留学サポートセンター/学校や留学のお問い合わせにつきましてはお気軽にどうぞ:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 08Jun
    • 留学専用の動画サイト・オープンのお知らせ★

      みなさん、こんにちは!今回は留学の動画サイトがオープンしましたのでそのお知らせになりますしばらく海外へ行けない状況が続きますが、いつか国境が開かれたら留学したい!とお考えの方もいらっしゃると思います。その時までは準備期間として、いろいろ情報をご提供できたらと思っています動画サイトでは、お勧めの素敵な学校をひとつずつ紹介してゆきますので、ぜひご参考にしてみてくださいね街並みや雰囲気も見れますので、どんなところに行ってみたいかな~とイメージしてみてください 今回はカナダ・バンクーバーにあります、VGC International Collegeをご紹介しますこちらからご覧くださいhttps://www.englishbuffet.info/留学サポートセンター/学校や留学のお問い合わせにつきましてはこちらまでお気軽にどうぞ:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 22Jan
    • アニメでフランス語!の画像

      アニメでフランス語!

      Bonjour à tous!(みなさん、こんにちは)語学に興味を持つきっかけだったり、学習ツールとして活用するのにドラマやアニメは楽しく学んで最適な手段だと思いますそこで今日はフランス語学習者の方に向けて、お勧めのアニメ”Caulliu(カイユ)”をご紹介します内容は子供向けなのですが、テーマは家族の日常生活あれこれがメインなので、フランスでの日常会話を主に聞きたい、生活の様子を知りたい方にはきっと良い教材になると思いますこの”カイユ”は1997年ごろにカナダで始まったアニメ番組のようで、フランス語の絵本が原作になっていますホームページはこちらからどうぞhttps://fr.caillou.com/regarde?ytpage1=1(Caillouのホームページよりお借りしました・こちらは英語版も出ています)主人公は4歳の男の子カイユで、妹やパパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、近所のお友達など、わかりやすい登場人物で、ナレーションもついているのが良いです“カイユ”とはフランス語で小石という意味ですが、男の子の髪型とリンクしているようですというのも、原作の絵本では”9ヶ月の赤ちゃん”という設定でスタートしたため、成長してもカイユだとわかりやすくするため、髪型をそのままでアニメ化されたそうです話すスピードもゆっくりめで、日常の中で使われる単語も聞き取りやすいので、何か少しずつでも理解できると嬉しくなりますし、楽しくなりますいろんなエピソードがあって飽きることなく、続けられると思います私も時間があれば通勤電車の中で観ていますが、絵の感じがちょっとレトロなのが可愛らしく好みの設定ですフランス語学習を頑張っている方、ぜひ一度ご覧になってみてくださいねÀ bientôt(ではまた~)**************************************************************当センターではフランス語留学もお取り扱いがございますので、フランス国内、カナダ(モントリオール)でご相談していただけますどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 27Dec
    • クリスマスから新年に咲く花・ポフツカワの画像

      クリスマスから新年に咲く花・ポフツカワ

      みなさん、こんにちは令和元年も残すところあとわずかとなりましたねこの時期になるといつも思い出す花があるんです。ニュージーランドの北島の主に海岸沿いではちょうどクリスマスから新年にかけて、真っ赤な花が咲くのです通称クリスマスツリー、”ポフツカワ”という木です(Pohutukawa:写真はウィキペディアよりお借りしました)ニュージーランド原産で夏に緑の葉の中に真っ赤な花が咲くので、この花が咲きだすと、”クリスマスが近づいているわ~!”という気分になります不思議と真夏のクリスマスによく合う、素敵な花なのです街中にある木だと、散った後もそこら中が真っ赤な絨毯のようになりすごく綺麗ですよこの名前、実はニュージーランドの先住民マオリ族のマオリ語で、”細かい水しぶき”という意味なんだそうです。花の咲き方がなんとなくそんな雰囲気がありますよねそしてなんと食べても美味しいのですそれはポフツカワの花から集められた蜂蜜です純度が高く白みがかったクリーム色をしていて、お味はなめらかでコクがあり、海岸に生息していることから、少し塩味も感じられます。でもとても食べやすくて私も大好きですちなみに日本でも売っているお店がありますよはちみつ好きな方はぜひお試しくださいねまたもしこの時期にニュージーランドへご旅行・留学などで滞在される方は、ぜひ海岸沿いへも足を運んでみてください今年もたくさんの方に当センターをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。年末年始のお休みは12/29(日)~1/3(金)までとなります。どうぞ皆さま、良いお年をお迎えくださいませ留学スタッフ一同

  • 20Dec
    • 2020年度・カナダのワーキングホリデービザ受付スタート!の画像

      2020年度・カナダのワーキングホリデービザ受付スタート!

      みなさん、こんにちは12月も半ばを過ぎ、気が付けば来週はクリスマスですね~今回は来年カナダへのワーキングホリデー渡航をお考えの方にお知らせです少し前になりますが、12月9日よりワーキングホリデービザ受付がスタートしました来年度も募集人数は6,500人で、まずは申請アカウントを作成してから応募します。その後、招待状が届きますが、いつ招待状が届くか、あと何人枠があるかどうかなど以下のサイトで最新情報をご確認ください。https://www.cic.gc.ca/english/work/iec/selections.asp?country=jp&cat=whそして招待状を受けてビザ申請を行ったのち、指紋採取のためのレターが届きますので、東京の指定の施設にて指紋採取完了すれば、最終的にビザレターが届いて完了となりますただし、次の手続きステップに進む際は期限が設けられているので、必ず期日内に進めていただく必要がありますカナダ政府がHP上で公開している一連の流れについて、こちらからご覧くださいhttps://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/work-canada/iec/application-process-glance.htmlカナダはワーキングホリデーでも留学でも常に人気の国です計画されている方は、ぜひお早めに申請を済ませてくださいね行き先選びや語学学校のご相談はいつでもお気軽にお問い合わせください丁寧にご案内させていただきますお問い合わせはこちらまでどうぞ:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 02Dec
    • エアライン・オブ・ザ・イヤー2020はニュージーランド航空に決定!の画像

      エアライン・オブ・ザ・イヤー2020はニュージーランド航空に決定!

      みなさん、こんにちはつい先日、AirlineRatings.comより、エアライン・オブ・ザ・イヤーが発表されましたAirlineRatings.comとは、7名の審査員で、合計200年以上にわたる航空業界での経験を持ち、12の審査カテゴリーで航空会社を評価しています。カテゴリーの中身は、乗客のレビュー、機内設備、安全性、保有機材の機齢、収益性、環境面でのリーダーシップなどが含まれます審査員は、米国、フランス、英国、オーストラリアより選出されているそうです。2014年から5年連続、今回6度目の受賞となるニュージーランド航空は、なんと!事実上、全てのカテゴリーで首位を獲得驚くべき偉業を達成しているエアラインと評価されています実は私も以前にNZ旅行の際、利用したことがありますが、その時もとても印象が良かったですクルーの方々の笑顔とスマートなサービス、それに機内食もとても美味しかったです~国内線でたった1時間半程度のフライトの時でさえ、フレッシュなサンドイッチに感激したのを覚えていますもしニュージーランドに行くご予定のある方は、ぜひニュージーランド航空、一度体験してみてくださいねちなみに、トップ20位までのランキングをご紹介します ニュージーランド航空 シンガポール航空 ANA カンタス航空 キャセイパシフィック航空 エミレーツ航空 ヴァージン・アトランティック航空 エバー航空 カタール航空 ヴァージン・オーストラリア航空 ルフトハンザ・ドイツ航空 フィンエアー JAL KLMオランダ航空 大韓航空 ハワイアン航空 ブリティッシュ・エアウェイズ アラスカ航空 デルタ航空 エティハド航空ニュージーランド留学、もちろんその他の国も留学にご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せくださいね:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしておりますAD

  • 22Nov
    • 40歳以上の楽しい留学♪の画像

      40歳以上の楽しい留学♪

      みなさん、こんにちは今日も大人の留学をお考えの方に嬉しいニュースです50年以上の語学教育の実績を持つ語学学校LSIでは、40歳以上の大人の留学生もWELCOMEですアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの各センターでは1年を通して『Club40+』というプログラムに参加できます午前中は各国からの様々な年代の方と一緒に英語を学び、午後は大人の方に興味を持ってもらえそうな特別なアクティビティが用意されています【プログラムに含まれる内容】*午前の英語学習:週20レッスンの英語学習(様々な年代の方と一緒に)*午後のアクティビティ:週3回(都市により異なることもあります)*期間:1~4週間*参加条件:40才以上*英語レベル:初級~中級(センターにより異なります)課外活動サンプル:ワイナリー訪問、レインフォレスト、マオリ織の見学、ボートクルージング、観劇、ナイアガラの滝、ケンジントン宮殿など・・(センター、季節により異なります)クラスメイトが全員40歳以上なので、共通の話題が持ちやすく、気兼ねせず話しやすい、友達も作りやすい環境ですよ~アクティビティも大人向けに工夫されているので、より楽しんでいただけると思います滞在方法はホームステイ、寮、ホテルなどご希望に合わせてお選びいただけます楽しみながら英語を学びたい、旅行より一歩踏み込んだ海外生活をしてみたい、定年退職して時間の余裕ができた、習っている英語を試してみたい・・など、いつまでも好奇心旺盛な40歳以上の方にとってもお勧めのプログラムですご興味のある方はどうぞお気軽にお問合せくださいね:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 08Nov
    • 大人向け留学の行き先が増えました!の画像

      大人向け留学の行き先が増えました!

      みなさん、こんにちは今日はオトナ留学をお考えの方に嬉しいニュースです近頃語学学校では30歳以上や50歳以上の大人の生徒さん専用のコース(さらに校舎も!)を設定しているところが増えてきておりますが、嬉しいことにカナダにさらに増えました語学学校は世界的にも有名な質の高い人気学校ECで、バンクーバーで30歳以上、モントリオールで50歳以上のコースが開講しますバンクーバーは温暖な気候に恵まれており、大自然を楽しめる非常に人気の高い都市です自然を活かしたアクティビティスポットがたくさんあり、公園や植物園はもちろんのこと、山登りやサイクリングなど、”アクティビティも楽しめる都市”としてお勧めです一方モントリオールはケベック州最大の都市で、別名『北米のパリ』と呼ばれ、建物や街並みやヨーロッパ風、とっても優雅な雰囲気が漂っています50歳以上のコースはモントリオールならではのスペシャルコースグルメやワイナリーツアー、料理レッスンを含んだ平均6~8名の少人数制でより世界中からのお友達と知り合いやすい環境です【開始日】★バンクーバー校の30歳以上のクラス:2020年1月6日~毎週月曜日入学OK★モントリオール校の50歳以上のクラス:2020年10月5日~30日の1か月限定(2週間~4週間)留学はいくつになってもできます!旅行と合わせてちょこっとだけ留学もありですご興味のある方はどうぞお気軽にお問合せくださいね:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 19Oct
    • イギリスでクリスマス体験留学★の画像

      イギリスでクリスマス体験留学★

      みなさん、こんにちは!今回はイギリスの南西部のリゾート地、ボーンマスにある学校から素敵なお知らせです大規模で様々なプログラムを持つ人気の語学学校、Anglo Contineital(アングロ・コンチネンタル)では、12月9日からクリスマスをテーマにした無料のアクティビティが行われます以下にご紹介いたしますね★ 街の中心地ボーンマス・スクエアにあるバーへお出かけ クリスマスアート&クラフト クリスマスクイズ大会 クリスマス・ツリー・ワンダーランド散策 クリスマスマーケットでお買い物 サンタクロースと一緒にアングロ・コンチネンタルでクリスマスパーティそして11月15日~2020年1月2日はクリスマス・ツリー・ワンダーランドが楽しめます世界中のクリスマスツリーが集まってくる美しいイベントですよ↑きらびやかなツリーストリート自然の木の香りがします星空の下でスケートや音楽を楽しんだり、イルミネーションに彩られた街やマーケットを散策してみるのもこの時期限定の体験です今年は海外でクリスマス気分を味わってみよう!とお考えの方はぜひお勧めしたいですまた学校からのオプショナルツアーで、バースやロンドンのクリスマスにも参加できます特にロンドンのハイドパークで行われる”Winter Wonderland"はロンドン一番のクリスマスイベント小さなローラーコースターやスケートなどのアトラクションも楽あり、もちろんマーケットも楽しめますよご興味のある方はどうぞお早めにお問い合わせくださいね:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 09Oct
    • 2020東京オリンピック~フランス語でおもてなし!の画像

      2020東京オリンピック~フランス語でおもてなし!

      みなさん、こんにちは!今回はフランスの南仏にあるモンペリエの学校から素敵なお知らせですAccent Français(アクサン・フランセ)では、東京オリンピック開催期間中に来日が予想される、フランス語圏からのお客様をおもてなしするための、特別なプログラムが用意されています日本の国について教えたり、空港や駅でのサポート、都市や交通手段についての説明など、短期間でも一クラス10名の少人数制で、実践力を身につけますモンペリエは地中海に程近い学生の街で、パリから列車で約3時間のところに位置します。年間のうち300日が晴天というお天気にも恵まれ、70か国以上からの学生が集まる、活気ある魅力的な文化を体験できる街となっています↑観光も楽しい活気あるコメディ広場↑国際色豊かな学生と素敵な校舎↑実践的に読み書き、会話、作文にも取り組みます2024年にはパリオリンピックが開かれますので、日本からフランスへ繋がっていますし、この学習を通してより両国の文化を体験していただける良い機会だと思いますフランス語を習得して、東京とパリ、両方のオリンピックを楽しんでみたいですね詳細はこちらをクリックしてください。(クリックすると大きく見れます)当センターではフランス語留学もお取り扱いがございますので、フランス国内、カナダ(モントリオール)でご相談していただけますどうぞお気軽にお問い合わせくださいね:075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactお待ちしております

  • 28Sep
    • 10月!イギリス留学セミナーのお知らせの画像

      10月!イギリス留学セミナーのお知らせ

      みなさん、こんにちは  徐々に秋らしくなってきましたね 今日は10/26(土)15時から開催しますイギリス・ボーンマス留学セミナーのご案内です ここで少しボーンマスをご紹介します【ボーンマスってどんなところ?】イギリスの南西部に位置し、ロンドンから列車で約2時間のリゾート地です国内でも指折りの白砂のビーチが美しい風景で、「最も幸福な街」にランクインしたこともありますよ落ち着いた雰囲気で治安もよく、ロンドンよりも生活費も抑えられますゆったり流れる時間の中で、じっくりと学びたい方、ホームステイ生活を楽しみたい方、留学が初めての方、学生の方、大人の方・・みなさんにお勧めしたい穴場の街です週末には学校からロンドン、オックスフォード、ケンブリッジへの観光もありますので、4週間留学すれば、だいたい主要な観光地を巡ることも可能ですよ学校紹介はこちらからどうぞ!http://ryugaku.englishbuffet.net/node/46#overlay=node/46/↑夏には観光客で賑わうボーンマスビーチ↑ホームステイは学校厳選の親切なファミリーと滞在↑夕方のアクティビティ~人気のウクレレ講座ちょっと興味があるけれど・・という方もまずは講座に参加してみましょう!留学へのヒントが見つかるかもしれませんよご予約はお電話・メール・当校受付にて承ります。(先着7名様になります):075-275-5985:http://www.englishbuffet.net/contactみなさまのご参加をお待ちしております