"potluck party"とは? | 英語の世界観

英語の世界観

私達はことばを通して世界を見ている。そして使うことばによって、見えてくる世界が異なることがある。英語の世界観とはどのような世界であろうか。普段意識しないことばから、その世界観を探りたい。


テーマ:
今日は"potluck party"ということばに注目です。

たまたま英文を読んでいたら出てきたものですが、どのようなパーティーでしょうか。ロングマンExams英英辞典で"potluck"を見てみましょう。

a meal which everyone who is invited brings something to eat

大意は「招待されたみんなが食べるものを持ってくる食事」ということです。

"potluck party"と言うと、みんながそれぞれ食べ物を持ってきて楽しむパーティーということです。

同じくロングマンから例文をあげてみます。

Can you bring a salad? It's a potluck.

「サラダ持ってきてくれる。ポットラックよ」ということです。

"potluck"は訳語として「有り合わせの料理」や「持ち寄りパーティー」などがありますが、日本語にしにくいことばです。

以前にも取りあげましたが、そもそも"party"という概念が日本とアメリカでは異なるので、"potluck party"も日本語にしにくいのだと思います。

"potluck party"の他に、"potluck supper"や"potluck dinner"という言い方があるようです。

アメリカ文化の一つとして"potluck party"を知ってもらえればと思います。

ビュー(英語の世界観)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス