Hello!

The Kanto area has had unusual snow this week, and I hope that you are not getting a cold or flu despite the changeable weather.

今週、関東は珍しい積雪に見舞われましたね。 気まぐれな冬の天候ですが、流行りの風邪など召されていませんように。

 

Because of this coldness I often feel like having a nice cup of tea/coffee, and recently I am quite into something called the Irish tea.

さて寒いシーズンなので、レッスンでは温かいものをお出ししてますが

最近ちょっとはまっているのが、アイルランドの紅茶。

 

Last December while travelling in England, we had tea at many places (as basically they are really easy to get and taste good).  

After coming back home, my eyes were drawn to one of the tea brands' pages and I ordered one small package of Irish tea, which on arrival instantly and utterly surprised me.

 

昨年暮れにイギリスを旅したとき、あちらでたくさん紅茶を呑みました。

(基本的に紅茶は、安くておいしいのです)

それで帰ってからいろいろな紅茶のページを見ていたところ、隣国アイルランドのIrish Teaに目が引かれて試しに小さな箱をオーダーしてみたら、何かもうその美味しさに驚きで。

 

 

Having studied in Ireland before moving to the UK, I had not at the time understood the tea nor its richness, so in a way the years and some kinds of perspectives could make me realise that they had such special mellowness.

 

アイルランドは、イギリスの前に一年英語を勉強した場所なのですが、当時は(十代の終わり)私自身あまり紅茶のおいしさがよく分かってなく。

年月が経ち、少し大人の視点で「アイルランドの紅茶ってこんなに芳醇だったのか」と気づきました。

 

 

Dublin, Ireland (its size being as similar as Hokkaido) 

北海道ほどの大きさのアイルランド

 

Irish Tea "Barry's Tea":  http://www.barrystea.ie

 

 

Then without a doubt, it became one of my favourite teas to serve.

迷わず、今年レッスンでお出ししたい紅茶の一つに決まり。

 

As for the English tea, there are also great varieties as everybody knows in general, like renowned Fortnum & Mason, Whittard, Twinings etc.

ちなみに英国紅茶は(日本でもよく知られてるように)ヴァラエティに富み、フォートナム&メイソンやウィタード、トワイニングなどが有名ですね。

 

My favourite way of tea is to pour little honey and milk rather than sugar, and that will just make a great combination for the day. 

濃いめのミルクティーに、お砂糖よりもはちみつを少したらして呑むと最高ですよ。