Hello!

How are you, already getting at the latter half of January?

早いもので一月も後半になりましたが、いかがお過ごしですか?

It seems that the cold and flu are spreading really quickly these days, so please do take care.

このところ風邪やインフルエンザが急に流行っているので、お気を付けください。

 

さて先週から中級と初級コースのレッスンが続いてますが、洋書と洋楽CDの貸し出しも継続しております。

 

 

持ち帰った英語の本を、生徒さんはじっくり読んだり、声に出して音読したり

"Reading aloud 音読"のメリットと効果について書いてみたいと思います。

 

 

試しに、ある本から抜粋した英語のパラグラフを見てみましょう。

(*声に出して読み進めると、音読の効果がより伝わるかと)

 

"The name Kyoto means 'capital city'.  And for more than a thousand years, from 794 until 1868, Kyoto was the capital city of Japan.  For many people, it is still the most important city in the country.

 

But Kyoto is two cities - a new one and an old one - in one place.  The new Kyoto is a busy, noisy, modern city, just like so many cities around the world.  The old Kyoto is a quite place with its gardens and its temples made of wood.  And the old city is still alive.  In Kyoto, the old and the new live together, hand in hand.

 

If you want to visit Saiho-ji, one of the old Buddhist temples, you must do more than just pay money.  You must sit quietly for some time, then say or write Buddhist prayers, before you can go in.  This temple has a moss garden, which was made by the famous Japanese gardener Muso Soseki in 1339.  The garden is cool, green, and beautiful."

 

(from the book "World Wonders" by Oxford university press)

 

 まず、数字の読み方の練習・・・とっさに数字が出てきた時、意外とすらすら

言えない場合があります。 上記の西暦ですと、読み方は

794  seven hundred and ninety-four

1868  eighteen sixty-eight

1339  thirteen thirty-nine

になります。

 

2020年  two thousand and twenty / twenty twenty

 

② 冠詞 a/an, the がどういう風に使われているか、理解できるようになる。

特に冠詞の使い方がよく分からない方は、いろいろな英文を読むうちに「初めにaが

出てきてその次がtheで・・・なるほど、二回目以降はtheか」「ある特定のものや、ただ一つしかないものにはthe」などの規則性がつかめてきます。

 

また、母音a-e-i-o-uで始まる単語(old, autumn, earth, envelope, ink etc)のときに

付くtheは、発音がザ→ジと変わりますね。 

the old Kyoto ・オールド・キョウト

the new Kyoto ・ニュー・キョウト

 

an old city アン・オールド(続けてアノールド)・シティ

a new city ・ニュー・シティ

こういった細かいことも、習慣的に読むことで発音が慣れ、板に付いてきます。

 

③ スピードの練習。 日頃から英語のニュースを聴いたり(真似して復唱する:シャドーイング)、英文を読みあげることでナチュラルなスピードに近づくメリットがあります。 

初めはたどたどしくても、何度もやっている内にスピードアップし抑揚をつけて、

より英語らしく発せれるようになりますよ。

 

 

一日おきや毎日5分、のように自分が続けられるペースも大事で、そのうち「今日は

まだ英語発声してないから何だかスッキリしない・・・」みたいになってきたら良い傾向と流れです。

Enjoy trying!