こんにちは、english-chanです。

 

金曜日に〇高から共通テストリサーチが返却されました。

期待していた予備校からの講評は、サラッとしたものだったようです。

 

結果は、水曜日午後からネットで見た判定と同じでした。

金曜日まで待つ必要は無かったですね。

娘の時は、覚えておきます。

 

第一志望大学の結果は、

河合 D 東進 E 駿台 E でした。

 

第二志望大学の結果は、

河合 C 東進 C 駿台 C でした。

 

河合塾の判定より駿台の判定の方が厳しい理由は、ボーダーとして見る基準が違うからでしょう。

河合塾のボーダーラインはC判定の50%ですが、駿台のボーダーラインはB判定の60%を基準としています。

東進はよくわからないです。ここだけ、点数じゃなくて偏差値での判定です。誰かわかる方、教えて下さい。

 

共通テストリサーチ結果を見た息子は、この点数差では第一志望大学は難しいなと言ったきり、他の大学の判定内容を詳しく見ようとはしませんでした。

 

やはり、難化した数学が皆より出来ていなかった事と、漢文の失点が響いています。

どうやら息子は、第一志望大学の門を叩くことが出来ないようです。

 

夏からずっと第一志望大学の過去問に取り組んでいたので、受験出来ない事が悲しいです。

塾の三者懇談で相談してから、前期後期の出願先を決定したいと思います。

 

共通テストリサーチは、駿台6校河合7校記入出来たのですが、それぞれその内2校は私立大学を記入するようになっていました。

息子、相変わらず受験する私立大学の入試方法を覚えていません。

共通テスト利用で出願している大学は、7科目900点の入試方式を選ばなければならないのに、3科目を選んでいたり、5科目を選んでいたり、共通テスト併用型を選んでいて、一つも正解の入試方式を選んでいませんでした。

 

ここから他の方のブログが見れます。ランキングの投票も兼ねています。

応援よろしくお願いいたします!

           ↓

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へにほんブログ村

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村