オウム・インコの日 | どうぶつびより

どうぶつびより

「淡路ファームパーク・イングランドの丘」動物飼育スタッフによる公式ブログです。時にゆる〜く、時にまじめに、動物たちの魅力を毎日お届けしています。⊂((・x・))⊃


テーマ:



こんばんは!



本日は6月15日、
オウム・インコの日です!

オウム・インコの日とは、
日本動物園水族館協会が定めた日です。
絶滅の危機に瀕しているオウム、インコたちについて知っていただこうという日になっていますオカメインコ



「そんな日があるんだね~」


ちなみに何故6月15日かといいますと、
6(オウム)月15(インコ)日というように語呂合わせになっているのです。


「なるほど!」


ペットとして人気の高い彼らですが、野生の姿を想像したことはありますでしょうか?

世界には約350種類ものオウム、インコが生息しており、その内の約100種類が絶滅の危機に瀕しているといわれています。

原因としては農業開発や、都市開発のための森林伐採や密猟などですナイフ

彼らの多くは樹洞(樹にあいた穴)を巣として使用するので、森林が失われるということは繁殖が困難になってしまうことに繋がります。

またペットとして人気が高いために、違法に捕獲されてしまうことも多く、さらに劣悪な環境下での輸送のため捕獲したほとんどが死亡してしまいます。

彼らを守るために生息地ではさまざまな取り組みが行われていますが、それらを完全に防ぐことは難しい状況です。



日本にいる私たちに出来ること、それはそんな彼らの現状について知って覚えていただくということがまず大切で、とても意味のあることなのですオカメインコ

またオウム、インコの仲間たちの多くは長寿命であり、中には100年生きた種類もいますガーベラ
ペットとして飼おうと考えている方は、きちんと最期まで愛情をそそぎ、世話をすることが出来るか、よーーーく考えた上でお迎えしてください。

中には繁殖が難しいために野生から捕獲された子たちが売られていることがあります。
国内で繁殖された子を選ぶことも大切です。





かなり真面目なお話になってしまいましたねアセアセ

最後に少し宣伝を…、

オウム・インコの日についての看板を『いろトリドリ舎』前に設置しましたので、当園にいらっしゃった際にご覧いただけると幸いですニコ


\こんな感じです!/



最後までお付き合いいただきありがとうございました!





担当***ふなき


イングランドの丘 動物園スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス