どうぶつびより

「淡路ファームパーク・イングランドの丘」動物飼育スタッフによる公式ブログです。時にゆる〜く、時にまじめに、動物たちの魅力を毎日お届けしています。⊂((・x・))⊃


テーマ:
今年は5月10日〜16日が愛鳥週間ということで、当ブログでも鳥に関する話題が続いています。ヒヨコ

今日は鳥は鳥でも趣向を変えて、今まで記事にしたことのない「猛禽類のトレーニングに使用する道具」についてご紹介しますね。晴れ

モデルはハリスホークのアリス。クラッカー

まず猛禽類を腕に乗せる上で必要なのが「グローブ」です。パー
グローブは扱う人の肌を猛禽類の鋭い爪から守るために必要なのはもちろんですが、鳥たちからも「掴まっていて落ち着ける場所」「この上にとまるといい事がある」と認識してもらうことが重要です。クローバー

次が「アンクレット」。両足首に常時装着していて、犬で例えるなら首輪のような役割を果たします。あし
こちらも革製、ゆる過ぎずきつ過ぎず、個体の体の大きさに合わせて作成します。劣化しやすいので少なくとも半年に一回くらいは交換します。レンチ

アンクレットに穴が空いているのは理由があって、この「ジェス」と呼ばれる紐を通すことで初めて役に立ちます。ひらめき電球
ジェスには目的別に繋留用やフライト用、素材も革製やナイロン製などがありデザインも様々。ドリル
ジェスを両脚のアンクレットに通した状態で握ってしまえば鳥の動きを制御することができます。カギ

こちらは「リーシュ」と呼ばれる紐。猛禽類を繋留しておくのに使います。犬でいうところのリードですね。しっぽフリフリ
リーシュには関節があるので鳥が動き回っても絡まりにくくなっています。ロボット
グローブにはこのリーシュを通すための金具も付いていて便利です。手裏剣

こちらは「パーチ」。鳥が休憩する場所として使いますが、金属の輪っかにリーシュを通せば屋外で繋留しておくことも可能です。カギ
当園のものは手作りですが、これもデザインは用途や鳥種によって様々。メモ

この鳥の形をしたものは「ルアー」。空中で振り回して捕まえさせる道具で、本来は鷹狩りの練習に使いますが、当園ではパフォーマンスやアリスの遊び道具として使っています。UFO
鳥型やウサギ型などがあり、振り回しやすく猛禽類が掴みやすい適度な重量感が求められます。てんびん座
ちなみにグローブの下に付いているピラピラ(正式名称わからないので)もルアーのような役割を担っていてただの飾りではありません。メガネ

空中でルアーが獲れるようになると、応用でフリスビーキャッチなんかもできるようになります。
小型犬用フリスビーにご褒美の肉片を取り付けられるように改良しています。CD

アリスのフリスビーキャッチ練習風景です。音譜


以上が当園でアリスに使用している代表的な道具になります。本

最後に、ちょうど先日アリスのアンクレットが替え時だったので交換した時の様子を掲載しますね。カメラ

アンクレットやジェスは専門店等で販売もしていますが、革のハギレを買ってきて手作りするほうがコスパがいい上に、好きな素材を選ぶのが楽しくて愛着も湧きます。アート

今回は初のベージュを選択。脚の色に馴染んでいい感じです。プレゼント

アリスはアンクレットの交換や爪切りは慣れているので、膝の上で仰向けにしてもいい子にしてくれます。合格

あ、ちなみにアリスを屋外でフリーフライトする際にサインは「ホイッスル」を使用していますが、呼び声やジェスチャーなど猛禽を扱う人によってサインは様々です。ニコニコ

当園でアリスのフリーフライトをご覧いただく機会があったらぜひ道具にも注目してみてください。目

p.s 
5/13をもちまして、第7回・動物アイドル選抜選挙の投票期間が終了しました。みなさまのご参加、応援ありがとうございました。かお
近日中に当ブログ「どうぶつびより」にて結果をご報告しますのでもうしばらくお待ちください。べーっだ!


担当 ごとう

イングランドの丘 動物園スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。