水の上でぷーかぷか | どうぶつびより

どうぶつびより

「淡路ファームパーク・イングランドの丘」動物飼育スタッフによる公式ブログです。時にゆる〜く、時にまじめに、動物たちの魅力を毎日お届けしています。⊂((・x・))⊃


テーマ:



こんばんは!



本日はオシドリです!



オシドリといえば…
カモの仲間なだけあって、よく池の上をすーいすいっと気持ち良さそうに泳いでいます。


\すいすーい/
「ぷかぷか気持ちいいな」


そこで、
なぜあんなにぷかぷかと水に浮くことが出来るのか疑問に思ったことはないでしょうか?


答えは大きく分けて2つあります。


「なんででしょ~?」


まず1つ目ニコ

鳥たちは尾羽の付け根辺りに、脂腺と呼ばれるものを持っています。
そこから分泌される油を嘴で羽に塗ることで、清潔に保ち、防水性を高めているのですガーベラ

この脂腺は泳いだり、潜水したりなど、水辺で生活をする鳥たちが特に発達しており、オシドリ含むカモ類もその発達している仲間に入ります。


「えっへん!」


続いて2つ目!
羽にも水に浮く秘密が隠されていますキラキラ

外側の水をはじく羽の下には、
綿毛のようにふわふわとした羽、『綿羽』がたくさん生えており、この羽に空気をたっぷり含ませることで、浮き輪のような役割をしているのです。

ちなみに羽毛布団やダウンジャケットなどに使用されている羽は綿羽になりますニコ


以上、これらのお陰で水面に浮くことが出来るわけなのです!


「そういうことなのでーす」


いかがでしたでしょうかヒヨコ

オシドリたちが水面に浮くのには、様々な秘密が隠されていました。

オシドリ含むカモの仲間たちが優雅に泳いでいる姿を見かけたら、そういえばそういう理由があったなと思い出していただけると幸いです。






担当***ふなき

イングランドの丘 動物園スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス