みなさん こんにちは

 

きょう、3月16日は田を守る神様に16個のお団子をお供えする「十六団子の日」

 

日本では古来から、山には神様が住んでいると考えられていました

 

春になると山の神が山から降りてきて田の神として稲作を守り

 

収穫を終える秋になると、田から上がって山に帰っていくという

 

神去来(かみきょらい)の伝承が信じられてきたそう

 

 

室町時代以降、旧暦の6月16日に16個の餅を無言で食べると病気にならないという

 

「嘉定喰い(かじょうぐい)」という風習があったそう

 

これが江戸時代になるとかたちを変え、16文でお菓子を買い

 

笑わずに食べ切ると病気にならない、という風習に変わっていきました

 

そもそもの始まりは、848(承和15)年に仁明天皇が年号を嘉祥とする際

 

悪疫を払うために賀茂神社に16個の菓子を祀った宮廷行事に由来するといいます

 

ちなみに、6月16日は「和菓子の日」に制定されています

 

 

16という数字は謂れのある数字として風習の中に根付き

 

「十六団子の日」や和菓子の伝統として伝えられてきたんですね

 

i.s星