みなさん こんにちは

 

きょうは旧暦の1月7日。人日の節供

 

中国では毎年官吏昇進を1月7日に決めることから

 

その朝に薬草である若菜を食べて立身出世を願ったのが「七草粥」のはじまりだといいます

 

中国より伝来した七草粥、7種(草)は

 

日本では平安時代初めに宮中や幕府の行事として伝わり

 

やがて庶民へと広まったといいます

 

昔は、旧正月の子の日に野に出て7種(草)の若菜を摘み

 

お粥で食べ、邪気を祓い、一年の無病息災を祈る行事として定着したようです

 

 

「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」

 

7種(草)の若菜の生命力を吸収するとともに

 

青菜の不足しがちなこの時期ならではの古人の優れた知恵に感服

 

消化吸収がいい七草粥は、正月のご馳走で疲れた胃腸を休め栄養補給をする

 

実に理に叶った料理

 

1月7日に限らず、食べ過ぎや飲みすぎの翌朝に是非いただきたい

 

 

写真は大和市郷土民家園の園内にある畑で栽培されていたスズシロ(大根)

 

毎年、スズシロ(大根)と民家園を囲む泉の森に自生するセリも使って

 

あ隣にある古民家「旧北島家住宅」の大かまどで七草粥を作って振る舞われています

 

i.s星