みなさん こんにちは

 

きょうの日本列島は移動性高気圧に覆われて、広い範囲で青空が広がっています

 

東京は気持ちいい秋晴れ
 

「秋高し」とは、秋になると大気が澄んで空が高く感じられること。秋の季語

 

 

広い芝生の空間に周りを取り囲む樹々。都心とは思えないほど広い公園「新宿御苑」

 

秋は空が澄み、より一層高く広く感じます

 

 

御苑内を散策中に出会った不思議な光景

 

巨樹のまわりに色んな形をしたものがニョキニョキと生えています

 

 

「ラクウショウ(落羽松)」の「気根」、「膝根(しっこん)」と呼ばれる根っこ

 

湿地に生えると呼吸のために根が上に向かって伸びます

 

都内でこれほど気根が発達した木は大変珍しく、とても貴重なものだとか・・・

 

 

鳥のような羽根を持ち、落葉する松に似た樹木が名前の由来の「ラクウショウ(落羽松)」

 

北アメリカ原産のヒノキ科(スギ科)の落葉高木。湿地や沼地に自生します

 

メタセコイアに似ていますが、膝根(しっこん)という呼吸根を地上に出すのが特徴

 

沼などの湿地に生える杉に似た樹木ということから「ヌマスギ(沼杉)」とも呼ばれます

 

 

樹高は10~40m。枝から出る側枝に扁平な線形の葉が互生します。メタセコイアは対生

 

雌雄同株で、4~5月頃に雌雄それぞれの花を咲かせます

 

雄花序は尾状になり、雌花序は小さく目立ちません

 

花後にできる実は球形の球果。若い緑色の実はメタセコイアよりも大きく目立ちます

 

10月~11月頃に緑白色から褐色に熟します

 

実の写真は2018年9月に川崎市緑化センターで撮ったもの

 

i.s星