みなさん こんにちは

 

新横浜・西方寺の参道に咲いている白花の彼岸花

 

「ヒガンバナ(彼岸花)」と「ショウキズイセン(鍾馗水仙)」との自然交雑種といわれています

 

 

「シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)」はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草

 

本州から沖縄にかけて帰化し、道端や土手などに自生します

 

草丈は30~50cm

 

根際から生える葉は線形。ヒガンバナよりも太く、ショウキズイセンよりも細い

 

葉のある時期には花は咲かず、開花時期には葉がありません

 

開花時期は9月~10月

 

茎頂に円柱形の花茎を直立させ、白色の6弁花を輪生状につけます

 

強く反り返りますが、ヒガンバナほどは反り返らず、縁の皺も弱い

 

雄しべは6本で、先に花粉をつけます

 

別名を「シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)」と呼ばれます

 

 

赤い「マンジュシャゲ(曼珠沙華)

 

 

黄色い「ショウキズイセン(鍾馗水仙)

 

 

赤、白、黄と咲きそろって見事~

 

i.s星