みなさん こんにちは

 

「就眠運動」とは、植物が眠るような動きをすること

 

マメ科の植物のほとんどは、夜は葉を閉じてまるで眠っているよう

 

夜間に葉から水分が蒸発していくのを防ぐためだといわれます

 

実際、マメ科の植物を眠らせない実験をすると枯れてしまうというから驚きです

 

 

きょうは、そんな「眠る植物」をアップします

 

沢山の細い葉が並んで涼しげに見える観葉植物「エバーフレッシュ」

 

 

熱帯アメリカ原産のマメ科コホバ属の常緑高木。樹高は30m

 

葉は2回羽状複葉で小葉は長円形。ネムノキと同様、夜間には閉じます

 

開花時期は4月~9月。花色は薄黄緑色

 

葉腋から長い花柄を出し、その先に球状の花序を多数つけます

 

花後には赤いサヤの中に黒い種子の入った実を付けます

 

和名を「アカサヤネムノキ(赤莢合歓木)」と呼ばれます

 

葉姿がネムノキに似て、結実時の莢色が赤色になることに因みます


花後の果実は、莢が赤色で曲がりくねります

 

 

花の写真は先週、自宅近くの園芸店で撮ったもの

 

果実の写真は昨年の10月、二子玉川のガーデンアイランドで撮ったもの

 

眠っている葉の写真がないのが残念・・・

 

 

気がつけば8月ももう終わり

 

梅雨が明けた途端の猛烈な暑さ、そして台風と、記憶に残る令和最初の夏

 

週末は夏にさよならしに葉山の海に行ってきます

 

もちろんBGMは山下達郎の「さよなら夏の日」~♪

 

i.s星