みなさん こんにちは

 

8月は京都では先祖の霊をお迎えするお盆の月

 

13日から五山の送り火の16日までの「盂蘭盆(うらぼん)」で先祖の霊を各家にお祀りします

 

「六道まいり」は、その前の8月7日から10日までの4日間に先祖の霊をお迎えに行く

 

京都のお盆の風習のひとつ。「お精霊(しょらい)さん」とも呼ばれます

 

お盆で先祖の霊を迎える家族は、六道珍皇寺の参道で魂の依り代になる

 

「コウヤマキ(高野槙)」の枝を買い求め

 

本堂前で水塔婆に呼び寄せたい先祖の戒名や俗名を書いてもらいます

 

そして冥土にまで届くといわれる「迎え鐘」を突いて霊をこの世に呼び寄せます

 

お向かいされた先祖の霊は「コウヤマキ」へ乗り移り家族と共に懐かしい家に帰っていきます

 

帰り道は寄り道をせずに帰るのが習わしだとか・・・

 

 


樹形の美しさから、ナンヨウスギ、ヒマラヤスギとともに

 

「世界三大公園木(造園木)」のひとつに数えられる「コウヤマキ(高野槙)」

 

日本および韓国済州島の固有種のコウヤマキ科の常緑高木

 

コウヤマキ科は1属1種

 

古代には棺材として最上級とされ、弥生時代や古墳時代には木棺として用いられたそう

 

水に強くて朽ちにくいことから、湯船材や橋梁材として重宝されています

 

和名の由来は、高野山真言宗の総本山である高野山に多く生えていることにちなみます

 

別名を「ホンマキ(本槇)」と呼ばれます

 

高野山では霊木とされるコウヤマキは、悠仁親王の「お印」としても知られています

 

 

あまり剪定しなくても年を経るごとに風格が漂い

 

和風庭園の主役となる端正な円錐形の樹姿は

 

東京スカイツリーのデザインの原点になったともいわれます

 

i.s星