みなさん こんにちは

 

「副花冠(ふくかかん)」とは、花被や花冠が拡大したもので

 

花被の上にできる花びらのように見える部分のこと

 

よく知られているのはスイセンですが

 

他にはトケイソウ、ワスレナグサ、キョウチクトウなどに見られます

 

 

純白の花が清楚で美しい「セイロンライティア“Ceylon wrightia”」

 

 

スリランカ原産のキョウチクトウ科ライティア属(リグティア属)の常緑低木

 

リグティア属は世界に30種くらいが分布するといいます

 

日本へはタイを経由して渡来したそう

 

樹高は70~200cm。よく枝分かれをします

 

葉は楕円形で先が尖り、対生します

 

開花時期は6月~10月(20℃以上の温度があれば周年開花)

 

枝先に散形花序を出し、花径3cmくらいの白い5弁花をつけます

 

花の真ん中にある白い髭のような細かい花弁のようなものは副花冠が発達したもの

 

 

写真は、6月に訪れた石垣島にあるサイエンスガーデンで撮ったもの

 

i.s星