みなさん こんにちは

 

きのう、浅草寺の「ほおずき市」へ行ってきました

 

7月9日と10日の2日間、都内最古の寺院である浅草寺では「ほおずき市」が開催されます

 

「四万六千日(しまんろくせんにち)」の縁日にちなんで開かれる「ほおずき市」

 

この日に浅草寺で参拝すると、なんと4万6000日分のご利益があるといわれます

 

年数になおすと約126年分ですから、一生分以上の功徳が得られることになりますね

 

ちなみに、四万六千日の数については

 

米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけたなど諸説あるそう

 

 

古くから下町の人々に親しまれてきたという夏の風物詩

 

浅草寺の境内にはたくさんの露店が並びます

 

ホオズキのオレンジ色と風鈴の音色を楽しみながらのそぞろ歩きは格別

 

 

 

東アジア原産のナス科ホオズキ属の多年草「ホオズキ(酸漿)」

 

漢字では「酸漿」のほか「鬼灯」「鬼燈」とも書きます

 

赤く熟した実を大蛇の目に例えて、別名を「輝血(かがち)」とも呼ばれます

 

 

俳句では「酸漿」が秋の季語、「酸漿の花」は夏の季語

 

i.s星