豊かさを受け取っていた事と私なりのお金との付き合い方 | フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラーのブログ

フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラーのブログ

国産マウントフジフラワーエッセンス開発者・エネルギーワーク専門家パビットラの本格的エネルギー解剖学ブログ講座です。フラワーエッセンスの花のエネルギーを本格的に学ぶ人に必須のブログ講座です。フラワーエッセンスがチャクラなどにどのように働くかを学ぶブログです。

豊かさを受け取っていた事と私なりのお金との付き合い方


すっかり忘れていましたが大きな豊かさを受け取っていた事と、今日の分かち合い で、
「ダイレクトなお金という事柄、しかも大きな額であったのに、豊かさと成功に、自分の中で結び付けてはいませんでした。
世間で流行っている引き寄せや成功の法則とは違うかもしれませんが、私なりのお金との付き合い方というものを、改めて感じました。
近いうちに、この事について書いてみようかな、と思っています。」
と書きました。

今日は、その続きを書きましょう。
書いてある内容に同意出来ない方もおられるかもしれませんが、そこは何卒お許し頂き、個人のマインドが世界を創造しているという、ひとつのモデルとしてお読み頂ければと思います。




「豊かさと成功」石鹸  オーラスプレーフォーミュラー 



イラストレーター時代から、お金には無頓着でした。
特にすごく才能があるわけではなかったですが、毎日、ただ絵が描けるだけで幸せでした。


この感じは、例えば、歌やダンス等、創造活動をされている方の多くが、たぶん体験しておられるのではないかと思います。
それをする事自体が幸せで、それが出来るなら、他には何も要らないという感覚?
創造活動でどんな努力や苦労があっても、何をしても楽しくて幸せという気持ち?



仕事だけでなく、プライベートでも絵を描いていました。
仕事も趣味も絵で、それだけで喜びでした。
自分にとって、当たり前の自然でした。

だから、絵を生業にするのは、子供時代からの自然な流れであり、それが叶わないというヴィジョンは、元から私の中にはなかったのですね。
絵に自信があるといった事ではなく、小学校を卒業したら中学校に行くのが通常であるのと同じくらい、疑いようのない、当たり前の成り行きだったのですね。


自分がやりたい事が分からない、進路をどうしよう、お金の為に何かをする、といったスタンスとは、対極の世界にいました。






イラストレーターというお仕事をされている方なら、ギャラの相場というものをご存じかと思うのですが、入る額は少なくはありませんでした。
とびきり有名でなくても、数日で描いたポスターが、アルバイトさんの年収以上になるような業種です。


入って来るギャラの使い道もなく、とりあえず身内にあげるおこづかいの封筒が、分厚くなっていきました。
銀行からは、「こんな額を普通預金に入れたままの人はいないですよ」と、営業の電話がよくかかってきましたが、「別にいいです」と、無関心でした。


長期の旅行に行く暇もないので、お金の使い道として、自然とモノや環境に使うようにもなりました。



その時に、思った事がありました。



お金が入ると、値段の高いモノが増えます。
お部屋も、高級なところに住むようになります。


でも、自分の喜びのポイントは、絵を描きたいという事でした。
お金が入ろうが入るまいが、絵を描く事自体で、もう喜びは完結していました。
お金が自分がした事の結果だという感覚は、ありませんでした。



高いお洋服は、クリーニングに出さないといけないので、そのやりとりが面倒、
高い時計は、専用ケースに入れたりメンテナンス代が高額になったり、手間がかかる、
新作が入ると自発的に取り置きしておいてくれる等、しがらみが増える、
広い部屋は、歩く距離がそれだけ増え、掃除の時間も増える、
モノが増えると、必要な収納スペースも増える、
色々な事を誰かに頼むとしても、話し合いに時間を取られるし気もつかう、
身内におこづかいをあげるのにも、額が多いと法律に拘束される、
確定申告の処理が手間取る、
どうでもいい知識を知らないといけない、




何だ、お金が入ると、そういったものにかける労力や時間が増えて、絵を描く時間が少なくなっているじゃないか! !と。







そして、高いモノが増えて、思った事がありました。

例えば、アーティストがこころを込めて創った一品モノや、職人さんの技が際立ったモノは、今も好きです。


同時に、新しいモノやお気に入りのモノを手に入れる事は嬉しいけれど、金額のハードルが高くなっているだけで、やっている事、感じる事、受け取る気持ちは、ハードルが低い時とあまり変わらない、という事。
ハードルが高くなると、それが日常となり、慣れてもしまいます。

高いモノだから、喜びが比例して増え続ける事はないのだ、と思ったのですね。
1000円のキャラクター時計でも、ン十万やン百万の高級時計でも、家1軒買えるような超高級時計でも。
勿論、モノとしての完成度や素晴らしさがあり、審美眼が養われるといった事はあるのでしょうが、こころが受ける根本的な刺激としては、外のハードルの高低によっては、あまり変わらないのだな、と。
(あくまで私の場合ですが)



若くして、何となくお金離れをしてしまったのですね。



好きな絵を描くにあたって、お金をはじめ、他の事に煩わされないでフォーカス出来れば、ただそれでよかったのです。


私がセラピストになった理由 人生の理由で、「4か月の間、朝から晩迄みっちりのトレーニングで、それなりの参加費であったにも関わらず、よくもまあそんなきっかけで受けたものです。」と、何となく書いていました。
参加費の額というお金に煩わされずに、受けたいトレーニングを受けれる、そんな感じです。



有名な芸術家さんでも、倉庫のようなアトリエで一人寝泊まりして、あまり食事もとらず、食べてもインスタント食品のようなものばかりで、自分の通帳にいくら入っているか知らない・・・といったふうに、創作活動以外は無頓着な方がいます。
ここまで極端でなかったとしても、食べる事を忘れたり、食べる時間がもったいないという感覚は、たぶん、創作活動をされている方の多くが、分かるのではないでしょうか。


 





うまくいっていたイラストの仕事を中断して長期海外に行く決心をした際、アトリエを引き払いました。
自分でも信じられませんが、もっと大切な事が出来たのですね。
その時、あげたり、寄付したり、売ったりしたりして、モノをなくしました。
この処分にも手間がかかり、モノを持てば持つ程、動くにも労力がかかるものだ、と思いました。
お金も、自分に必要なだけを残しました。
お金の方が自分に合わせてくれるだろうから心配ない、そんな軽快な信頼がありました。

自分にとってさしあたって必要のない余分なお金が増減しても関係ない、本当に大切な事をする時はお金に煩わされない、必要な分はどこかにいつもあるのだという、妙な信頼があったのですね。
それは、絵を生業とするのが当たり前だった感覚と似ています。

また、お客様に出す食べ物がなくなった時、「ちょっと離れから持って来ます」と言って、近場のコンビニに買いに行くCMが、昔あったかと思います。
必要なものはどこかにあるという妙な信頼は、これとも似ています。

コンビニがケアしてくれるから、余分なものを自分のところにキープする事にエネルギーを注がなくてもいい、必要になった時にはいつでもコンビニからその分を調達出来る、そんな感覚です。



上位身体の次元からみるなら、私の「必要なものは与えられるから、煩わされない程度の豊かさでいいわ」という信じ込みも、誰かの「~~だから豊かになれない」という信じ込みも、誰かの「大成功して大金持ちになれる」という信じ込みも、信じ込みという点では同じであり、優劣も善悪もありません。


自分のマインドが、世界を創造する、という事なのですね。



豊かさの為のメソッド、プログラム、おまじない等がたくさんありますが、もし、何をやっても受け取れないのなら、もしかしたら、ポイントと違うところを一生懸命やっている事が、原因かもしれません。
あるいは、元々がマインドの欲望から作られたプログラムであるなら、根本の部分には作用してはくれないかもしれません。
たとえ一時的に何とかなっても、また内側に同じような辛さ、不安、痛みがやって来るなら、探るポイントを見直す時期なのかもしれません。
これは、豊かさだけでなく、仕事、恋愛、あらゆる領域でも言える事でしょうか。




雲をかぶった富士山
ヒーリングバザール店長撮影



マウントフジフラワーエッセンスは、マインドを真向から能動的に扱い、マインドでマインドを何とかするといった働きかけとは、違った次元に作用します。
だから、「豊かさと成功」を使って思いがけない豊かさを得たといった特徴的な作用は、「何かの次元の仕組みを動かす、呼び水のようなもの」だと言えるかもしれません。

マインドから自由である事を、思い出す事へ。
マインドの信じ込みを超えた先へと橋を架けるのが、マウントフジフラワーエッセンスの特徴のひとつです。
勿論、表層での形式や言語表現はありますが、その作用の深みは、花のbeing━臨在、沈黙から伝達されます。(・・・という言語表現しか出来ないのですが。)


花のbeingは、人のマインドが差し出す条件によって、罪悪感を増幅したり、自信を喪失させたり、尊厳を傷つけたりといった、条件や順位付けはしないのです。
花は、いつも、花のままです。
だから、マウントフジフラワーエッセンスを使う時には、ただ、花のエネルギーにハートを開き、くつろぐというシンプルな在り方で充分なのですね。


4月のゴールデンウイークに一部を開催予定の「マウントフジフラワーエッセンス講座」現在改編中)では、花のbeingと内なるbeingが、深く共振していく事へと開かれていきます。



色々と書いてしまいましたが、きっとお金に苦労していないからだと思われたかもしれませんが、実は、お金持ちと貧乏の両方を経験しています。



とりあえずここで終わりにして(=^・^=) また続きを書くかもしれません。




★フラワーエッセンスを実際に使用されてのご質問への回答は、こちらからご覧ください。


●運営しているサイト
  フラワーエッセンスのハートサポートシステム
  日本フラワーエッセンス協会
  オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
  フラワーエッセンスの選び方
  フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
  ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」


よろしければ、応援クリックを2回お願いいたします。





いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m

パビットラ(中沢あつ子)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります