エネルギーボディ(サトルボディ)とチャクラについて104+「癒しフェア」のお知らせ | フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラーのブログ

フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラーのブログ

国産マウントフジフラワーエッセンス開発者・エネルギーワーク専門家パビットラの本格的エネルギー解剖学ブログ講座です。フラワーエッセンスの花のエネルギーを本格的に学ぶ人に必須のブログ講座です。フラワーエッセンスがチャクラなどにどのように働くかを学ぶブログです。


テーマ:
エネルギーボディ(サトルボディ)とチャクラについて
~第120回目の原稿より~第7身体(ニルバーナ体)―34
+癒しフェアのお知らせ




 こんにちは、パビットラです。
マウントフジフラワーエッセンスからみたエネルギーボディ(サトルボディ)、エネルギーワークをテーマにしたこの連載、今回も、第7身体(ニルバーナ体)とその周辺についてのお話をしていきましょう。


 その前に、アナウンスさせて下さい。


 2012年8月4日(土)&5日(日)に開催される「癒しフェア東京」に、今年も「ハートサポートシステム(有)」がブース出展する事となりました。
ブースでは、フラワーエッセンスやヒーリンググッズのご提供と、日本フラワーエッセンス協会認定フラワーエッセンスセラピストによるミニ個人セッションを行います。
また、今年も、無料ワークショップをさせて頂く事となりました。
8月4日(土)16:00~17:00に、「エッセンシャルライフWithフラワーエッセンスヒーリング」というワークショップを行います。マウントフジフラワーエッセンスによるリーディング&ヒーリングを基盤に、個々の方の「テーマ」を、一般的なやり方とは違った切り口で扱います。ご参加の際には、扱いたい「テーマ」(実現したい事、困難に感じている事等)をひとつ決めてお越し下さい。
ご興味のある方は、是非、いらして下さいね。
✿注✿
この原稿は、元々は2012年7月27日に配信されたメルマガVOL421号に掲載されたものです。
上記のイベントは終了していますが、アナウンスの内容も、このまま掲載させて頂きますね。


✿関連ニュース!!✿
関連して、今年2013年の「癒しフェア」にも、また出展する事となりました。
今年も、ブースでのフラワーエッセンスやヒーリングバザール製品の特別価格でのご提供、そして、日本フラワーエッセンス協会認定のフラワーエッセンスセラピストのミニ個人セッションを行います。
また、今年も、マウントフジフラワーエッセンスの無料ワークショップを開催させて頂く事が、急きょ決定致しました。
ブログに不定期で転載中の、この「エネルギーボディ(サトルボディ)とチャクラについて」ですが、今回の記事の内容、掲載のタイミングがぴったりでした (=^・^=)


今年2013年の「癒しフェア」は、以下のようになっております。



✿癒しフェア2013東京✿
8月3日(土)・8月4日(日)
東京ビッグサイトにて

〔昨年のご報告〕
癒しフェア東京2012
癒しフェア
報告
〔今年のアナウンス〕
癒しフェア東京2013
*まだほとんどアップされていません。


❤無料ワークショップ❤
8月4日(日) 14:00~15:00
ワークショップ会場C(西1商談室4)

セラピスト パビットラ (マウントフジフラワーエッセンス開発者)
アシスタント 
日本フラワーエッセンス協会認定フラワーエッセンスセラピスト
*詳細内容は、決まり次第、サイトやブログでご案内させて頂きますね。


✦関連記事✦
❁別ブログ「製造元がおすすめする季節 目的 症状別 フラワーエッセンスの選び方」
続々イベントに出展決定!「癒しフェア」と「癒しの祭典」
速報!!決定!!今年も「癒しフェア」で無料ワークショップを開催します!!




 では、本文に入っていきましょう。


 前回、 “霊的進化”は「それ」とは何の関係もない、というお話をしました。
“霊的進化”は進化しますが、「それ」は進化しないのです。
超シンプルです。


 “私”は、「それ」の探求の道のりで来ては去って行く現象を、認識したり、概念化したり、“霊的進化”とラベリングしたりする事が出来ます。
そんなふうに“私”によって対象化出来るという事は、内側の現象であれ外側の現象であれ、二元性の内にあるのだという事を、単に示してくれています。
二元性を超えた「それ」は、“私”によって対象化される事はないのです。
超シンプルですね。


 対象化は、どこから起こるのでしょうか?
それらが起こる源へとシンプルに戻って行けない時、私達は、“霊的進化”の道のりを、グルグルしてしまうのですね。


 その都度、起こる源へとただ戻るシンプルさを、「瞑想」と呼べるのかもしれません。
これを日常的に意識していると、対象をグルグルする時間と距離が少なくなって、どんどんシンプルになっていきます。
更に、そんな「瞑想」が当たり前になってくるにつれ、グルグルの有る無しに影響されないスペースへと開かれていきます。
そして、生きる事全体の質が、変化していきます。その「感じ」をほんの少しでも経験したなら、“霊的進化”といったニュアンスが全くしっくりこない事に、気づくかもしれません。


 でも、この「瞑想」が、“私”によって“対象”として理解されるなら、選択肢のひとつとして選ばれるなら、グルグルはより複雑になり、“霊的進化”といったニュアンスが、しっくりくるでしょう(!)。


 生きる事全体の質の変化に、時間は必要ありません。
ですが、起こる源へとただ戻るコツを掴む為の時間、つまり地道な「瞑想」が、道のりにおいて間接的に役立つ事もあります。
それは、言ってみれば、努力を止める為に努力するようなものです(!!)。これを、別名、探求、修行と呼んだりもするかも?
でも、そんな矛盾も、起こる源へと吸収されていくのです。







 前回も書いた、

欲しいものと、欲しくないもの、
必要なものと、必要でないもの、
引き寄せたい事と、引き寄せたくない事、
やりたい事と、やりたくない事、
なりたい自分と、なりたくない自分、
本当の自分と、偽りの自分、
といった期待と怖れの二元性の極。


 期待と怖れの間で反応する“私”は、創造力と想像力で、“私”自身が安全である為の夢を持たせます。
例えば、宇宙を全面的に信頼する、宇宙に全て開け渡すと言う背後に、“私”の期待通りに物事が起こる宇宙であってほしいという、“期待する大前提”が潜んでいたりします。これは受け取るけど、これは受け取りたくないといった・・・。
“私”に都合のよい宇宙が実現される“完全な保証”の為に、宇宙を信頼して開け渡すなら、それは、スタートから条件付の信頼と開け渡しなのですね。
でも、これは、私達が対象に対してとっている、とっても自然な反応なのです。


 “期待の極”の実現と“怖れの極”の回避の為のハウツー本やグッズは、古今東西に数限りなくあり、たくさんの“私”が引き寄せられます。
これは、欧米から発信される“精神世界”に限らず、政治、経済をはじめ、あらゆる分野に当てはまります。


 そして、“私”の価値観や立場によっては、表層では正反対の様相になる時もあるでしょう。
引き寄せたい事の為に平和運動をする“私”もいれば、引き寄せたい事の為に戦争をする“私”もいるわけです。


 でも、どんなに多彩な様想があったとしても、そこにある“私”の反応の根本は、同じです。



 期待と怖れという二極のベースにあるのは、生と死です。
このサバイバルの根っこは、肉体の生死に始まって、霊的な生死にも引き継がれていきます。
肉体の次元から霊的な次元へと螺旋階段を上昇しても、“私”は、この二極の反応の根本を持ち運びます。


 “私”の期待と怖れ、生と死の二極が、何らかの名のもとに迷信を創造したり、何かと引き換えの“永遠の保証”を付けたりする事もあるでしょう。
それらは、どんなに馬鹿げたものであれ、信憑性がありそうなものであれ、長い時を経ながら、“私”によって信じられ続けます。
地上でも天上でも、世界は “私”によって認識され、概念化され、ラベリングされて、対象化され続けます。


 そんな風に、現実的な事でも霊的な事でも、小さな事でも大きな事でも、生と死のサバイバルから、“私”は、様々な世界を紡ぎ続けるのですね。
生と死から自由になろうとする、道のりにおいてすら!


 そして、生と死からの自由という概念もまた、“私”による対象化なのです。




 
 



 前々回、マウントフジフラワーエッセンスを開発する際、1930年代のバッチフラワーエッセンスより現在迄、世界中で使われている「太陽法」とは違った、新しい生成法を試みたといったお話をしました。


 「太陽法」では、火の力によって花の肉体は死に、水に放たれた花の魂の本質的な力は生かされます。
花の肉体とその背後にある純粋な要素(魂)を、自然界の元素を使って分離させるとも言えるでしょうか。
この生成の過程で起こる生と死という二元性の分離は、私達人間が死を迎えた時、肉体は地へと、魂は天へと分かたれる事とも似ています。


 あるいは、霊的な次元での死と再生、新たな次元での復活を表現してもいるでしょうか。
“私”が死ぬ事で大いなるものが誕生する事の象徴、と言ってもいいのかもしれません。
まさに、花の錬金術です。


 でも、「それ」への探求者達を鼓舞する触媒、「指し示すもの」、「招き入れるもの」としてのマウントフジフラワーエッセンスの生成にあたっては、これら二元性の世界観とは違った「何か」が必要でした。
生と死という分断、生滅という象徴を超えた何かが。


 生と死、あるいは死ぬ事を通して再誕生するといった“私”の概念化。
それが肉体次元であれ霊的次元であれ、個人の次元であれ宇宙的な次元であれ、それらを超えたところに、「それ」はあるのですから。
「それ」には、生まれる事も死ぬ事も起こった事がなく、超えて行く過程もないのですから。


 ところで、私が関わっている「ハートサポートシステム(有)」のフラワーエッセンス講座には、バッチフラワーエッセンスを学ぶ講座、プロを養成する講座もあります。
一般的に、バッチフラワーエッセンスは、使用者の不調和な状態に対してボトルを選び、本来の調和的な状態へと戻る事を助ける事で知られています。
ですから、それぞれのボトルの作用において、ポジティブ―ネガティブ、調和―不調和の対極に言及する事は少なくありません。
例えば、ラーチというボトルの自信がある事―自信がない事、ホリーというボトルの愛―憎しみ、ゴースというボトルの絶望―希望。
(ここでも、見事に二元性が出てきましたね。)


 90年代前後より世界中で誕生した新時代のフラワーエッセンスと比較して、バッチフラワーエッセンスは 、古典的フラワーエッセンスであるとよく言われます。
ですが、私自身は、今の時代だからこそ、バッチフラワーエッセンスの新たな可能性を開花するよいタイミングであると、長年感じてきました。だからこそ、日本で最初に、ヒーリングやセラピーの現場に、バッチフラワーエッセンスを導入したのですね。


 実際、バッチフラワーエッセンスに採用された花達の中には、一般に言われる以上の領域に作用する潜在性を持ったものもあり、類似の作用を持つ新時代のフラワーエッセンス以上の可能性を感じています。
英国で実際に野生の花達に出会い、そう感じもしました。


 そして、ダイアモンドのカットに別の角度から光をあてる事で、隠れていた別の姿が浮かび上がるように、これ迄のバッチフラワーエッセンスとは違った切り口での可能性を開花する為に、「エネルギーペネトレーションペンダント」(EPP)を用いたエネルギーワークの個人セッションを体系化しました。
「エネルギーペネトレーションペンダント」(EPP)を使うと、エネルギーボディ(サトルボディ)の様々な層へとバッチフラワーエッセンスのエネルギーを浸透させる事が出来、作用が多次元的になるのですね。


 「エネルギーペネトレーションペンダント」(EPP)は、エネルギーワークの為のツールです。フラワーエッセンス、ジェムやカラー等のヴァイブレーションエッセンス、精油をはじめ、様々な触媒を使って、エネルギーボディ(サトルボディ)への深いヒーリングを行う事が出来ます。
(注)ハートサポートシステム(有)主催の各種「フラワーエッセンス講座」では、微細エネルギー解剖学の理論と共に、基本の使い方が学べますので、興味のある方は、ハートサポートシステムのサイトをご覧下さい


 微細エネルギー解剖学的に言うなら、心理レベルへの働きかけを得意とするバッチフラワーエッセンスは、エネルギーボディ(サトルボディ)の下位身体の二元性の次元、つまり、感覚、感情、気持、思考、認知、行動といった領域を、不調和から調和へ、ネガティブからポジティブへと整えてくれます。
その為、バッチフラワーエッセンスの使用を進めていくと、寄せては返す波のように、同じ次元の中での水平的な繰り返しとして感じられ、「この先に何かありそう、もっとこの先を知りたい」といった渇望が生じる事があります。
それは、“霊的進化”を続ける事から、これを超えたもっと別の何かがあるのでは?と思い始める事と似ています。


 「エネルギーペネトレーションペンダント」(EPP)は、バッチフラワーエッセンスの下位身体の調整を、二元性の引き合いが終わる第5身体(スピリチュアル体)へと橋架けします。
二元性が現れる種の領域に働きかける事は、下位身体でのエネルギー調整が、よりスムーズになる事を助けてもくれるでしょう。
初期反応(浄化反応)がマイルドになり、ヒーリングの安定と定着によってぶり返しを予防し、ヒーリングの深みと幅を広げ、気づきの質を深めてもくれます。


 また、変化する動きの世界に生きながら、期待と怖れの二元性の極での達成の背後にある、変化を超えた達成(うまく言えませんが)とつなげてくれます。
“私”の創造と想像の引力圏外の「私」との出会いへと、開いてくれるのですね。


 「エネルギーペネトレーションペンダント」(EPP)で上位身体と下位身体に橋を架ける事によって、調和―不調和=良い―悪いといった大前提は手放されていきます。
それは、同じコインの裏表なのです。
あらゆる人の人生は、コインの裏表、二元性の両方があって生じ、変化していけるのです。


 「エネルギーペネトレーションペンダント」(EPP)を使ったバッチフラワーエッセンスの講座やセッションでの経過を聞くと、何かあってもあまり悩まなくなった、毎日何となく嬉しい感じがする、いつもどこかに信頼感がある、といった感覚として、その作用を受け取られる方も多いようです。


 そして、第5の次元での対極の融合から下位身体の次元を生きる事は、そのもっと先にある、対極を超えた中心のスペースへと向かう準備をしてくれます。
つまり、「それ」への扉がある事に、気づかせてくれるのです。

(つづく)




❤最新の各講座の詳細と全体案内は、以下からご覧頂けます。
◆フラワーエッセンス全体案内
◆フラワーエッセンス基礎講座(パート1)(マウントフジ&バッチフラワーエッセンス合同) 
 
9月3日、9月17日、10月1日 18:30~21:30
◆マウントフジフラワーエッセンス基礎講座(パート2) 
 
10月12日・10月13日 11:00~18:00
◆バッチフラワーエッセンス基礎講座(パート2) 
 
10月8日、10月22日、11月7日、11月19日、12月3日 18:30~21:30
◆マウントフジフラワーエッセンスプロ養成講座 
 
10月14日(補講) 10:00~19:00
   
11月2日・11月3日 11:00~19:00 11月4日 10:00~18:00
◆バッチフラワーエッセンスプロ養成講座
 ✿日程調整中
◆レイキ(Ⅰディグリー・Ⅱディグリー)
 
 
7月6日・7月7日 11:00~18:00


❤癒しフェア2013東京❤ 今年も出展決定!!
 8月3日(土)・8月4日(日) 東京ビッグサイト
 出展ブース
  フラワーエッセンス、パワーストーン、チベット法具、セイジ等の特別価格販売
  
日本フラワーエッセンス協会認定フラワーエッセンスセラピストのミニセッション
 無料ワークショップ (マウントフジフラワーエッセンス)
 
 8月4日(日) 14:00~15:00 ワークショップ会場C(西1商談室4)
  セラピスト 
パビットラ
(マウントフジフラワーエッセンス開発者)
  *どなたでもご参加頂けます。





★フラワーエッセンスを実際に使用されてのご質問への回答は、こちらからご覧ください。


よろしければ、応援クリックを2回お願いいたします。


にほんブログ村


ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m



●運営しているサイト
  フラワーエッセンスのハートサポートシステム  
  日本フラワーエッセンス協会  
  オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)  
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)  

●運営している三つのブログ
  フラワーエッセンスの選び方  
  フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー  
  ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」

パビットラ(中沢あつ子)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります