おはようございます。

スピリチュアルメッセンジャーMaoです。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

先日、MakikoさんからPMで

「今日は千葉の大黒天様(真野寺)と十二天神社へ参拝へ行ってまいりました~。」

とメッセージを頂き

「わ、私も今日、上野の大黒天さまに行ってきたよ~。」

と会話していたのです。

Makikoさんのブログを読んでビックリ

リプログ失礼です。。

私の手の内にも大黒天さまが・・・(笑)

 

 

 

Makikoさんのブログを読むと謎にウキウキ感が・・・・

少しお話して下りてきたことをお伝えするとスッキリしましたニコニコ乙女のトキメキ

 

Makikoさんのブログより、

總持寺と言ったら

私のご縁は

西新井大師。

厳島神社へ行った次の日に年内最後の写経に参加しました。(前回お参りの時に申し込み済み。)

写経は一字一字書写することで 仏様と一体になり、自身の浄化ができるそうです。

一願を込め、写経させていただけました。

この日はM穂さんと少し合流できました。ラブラブ

 

 


写真提供M穂さんラブラブ

コスモスが綺麗でした。

 

大黒天さまの使いはネズミねずみ音譜なんですって

鼠年の縁なのかしら・・・ニコニコ

 

大黒天さまをお財布に入れ、

開運招福ねずみ

Makikoさんと共に新年、幸先の良いスタートですドキドキ

 

先日私は

上野の寛永寺(根本中堂)

と大黒天護国院と

(谷中七福神の一社なのだそうです。)

摩利支天 徳大寺にご挨拶に行きました。

 

 

寛永寺 

寛永寺は天台宗の別格大本山のお寺です。
寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、

江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)大僧正によって建立されました。

 

後には第四代将軍・德川家綱公の霊廟が造営され、将軍家の菩提寺も兼ねるようになりました。また東叡山主を皇室から迎えた(輪王寺宮)ことで、江戸時代には格式と規模において我が国随一の大寺院となったのです。

 

HPより抜粋
 
天海大僧正建立のお寺。
靴を脱いでお堂にあがれます。
いつも私は両大師止まりでした・・。
ご縁させていただいたTさんから教えていただきました。
Tさんとのご縁は導きなるもののようです。
次の記事に書きますニコニコ
 
大黒天 護国院
 
やはり靴を脱いでお堂にお邪魔できます。
護摩木がありました。
次は七福神めぐりします。
 
摩利支天様は昨年、お力をお客様にも私にも沢山くださって 

感謝感謝でお参りさせていただきました。

案内でボロボロになったパンフも頂けて嬉しかった~(笑)

 

おみくじの裏にあった神の教

神の教

腹が立つなら一足上がれ、岩の下をば水が行く

一歩上がれ。世の中に尽きぬ諍いの種も、親心になり神心になって眺めれば、腹も立たぬ、憎くもない。むしろ優しい気持ちになれる。神様御照覧の下、穏やかな気持ちになって導いてやれ、救ってやれ、助けてやれ、そのためにも先ず自分が一歩退いて反省することが肝要である。

 

素敵なメッセージだったので載せます。

 

お読みくださりありがとうございます。

 ランキング参加しています。

写真とブログ村のロゴをクリックしてくださると嬉しいです。


image

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

 ありがとうございます😊


Mao