前回記事の続きです。

続いて石徹白(いとしろ)地区にある白山中居(ちゅうきょ)神社へ向かいました。

スキー場のある桧峠を越えねばならず、白山長滝神社の宮司さんから1週間前から雪が降っているので路面の凍結に注意するようにとアドバイスをいただいて向かいました。

写真はありませんが、国道から脇道へ向かう直前に、雲がきれて正面に大きな雪山が見えました。

峠では道路の凍結はなかったのですが、標高が上がるにつれて道路沿いには除雪した雪が残っていて、少し雪も散らつくようになりました。


到着です。
一瞬だけ晴れました。
立派な銅の鳥居。




本殿とブナや杉の巨木群は岐阜県の天然記念物になっています。



由緒書。
ご祭神は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、菊理媛神(くくりひめのみこと)です。




鳥居をくぐると杉の巨木に囲まれた参道になります。
人との大きさを比べてみてください。



橋を渡るため、石段を下ります。
私はここで足を滑らせて尻もちをつきました。




白山の方から流れてきた川です。
九頭竜川を経て日本海へと流れていきます。




橋の向こう側は一段と澄んだエネルギー状態になります。



境内に着きました。
本殿の横に磐境(いわさか)があります。



磐境の由緒書。



本殿。
白いシートに覆われていました。


 


 

お参りの後は、杉の巨木の浄安杉に会いに行きました。
境内から300Mの山中に立っています。






結構急な山道です。


 

靴が良くなかったのか、数回足を滑らせました。


 

見えてきました。



とても巨大な杉です。
参加者さんが小さく見えます。
頑張って登った甲斐があります。




上部は4本に分かれています。


 




 

 

境内に戻ると雪が降り始めました。

 

紅葉の中、しんしんと降る雪が綺麗だと参加者さんがおっしゃっていました。



白山中居神社は白山の登山道の入口にあります。


お昼になりましたので、滝よりも先にランチをすることにして、白鳥町の中心部へ向かいました。

(続きます)


 

*********************

エナジースペース京 杉
チャクラマンダラヒーラー 臼田知弘
TEL&FAX  052-934-7612

Eメール  energy.miyako@gmail.com
ホームページ http://energy-miyako.com/

インスタグラムhttps://www.instagram.com/tomohiro_usuda/
各種メニューはこちらをクリックしてください
インタビューしていただいた記事はこちらです
ヒーリングなどのご感想の記事はこちらです

*********************