ENBUゼミナール -2ページ目
2012-05-18 19:00:32

卒業生・柏村信さんが作・演出の舞台チラシを持ってゼミへ宣伝に来てくれました~!

テーマ:卒業生
2006年春期演劇コース

赤堀クラス卒業の柏村信さん、

自分が作・演出する舞台

『クイナノアラハ(ワ)シ』の

チラシを持って宣伝に来てくれましたビックリマーク

$ENBUゼミナール-柏村信

劇団安全品『クイナノアラハ(ワ)シ』

2012年5月31日(木)~6月3日(日)

下北沢OFF・OFFシアター

下北OFF・OFFで公演するのは

劇団としては一つのステイタス。

しかも同期だけではなく、

2010年映像俳優コース卒業生も

出演するというゼミとしては嬉しいことアップ
2012-03-22 11:16:48

板垣恭一さんの講座が迫ってきています!

テーマ:お知らせ

以前このブログでもお知らせしておりました、アドバンス講座・板垣恭一コースは、3月24日22時が、申し込みの締め切りとなっております。


プロの俳優として、自分が観客に与えられるものは何か。

商業演劇を中心とした演出、またプロ対象のレッスンコーチを務める板垣恭一さんから、じっくり学びましょう。


■アドバンス講座「板垣恭一コース」

■講師:板垣恭一

■ゲスト俳優:山崎秀樹(青年座)
※参加者と一緒に、ワークショップに参加します。
プロの俳優の稽古場での立ち方・考え方を盗んでください。

■日程

3月31日(土)16:00~22:00
4月1日(日)16:00~22:00
4月2日(月)19:30~22:00
4月3日(火)19:30~22:00
4月5日(木)19:30~22:00
4月6日(金)19:30~22:00

※最終回、スタジオでの発表会がございます。

■場所:ENBUゼミナールスタジオ(中野坂上)
■受講料:31500円(税込)
■定員:20名(先着順)

http://enbuzemi.co.jp/news/2012/post_01/advance.pdf


■お申込み方法
メール・電話・ENBU事務局窓口にて承ります。
メールでのお申込みの場合、件名を「アドバンス講座・板垣恭一コース」として、本文に「名前・ふりがな・性別・年齢・住所」を明記してenbu-info@enbuzemi.co.jp  までお送りください。

質問なども、お気軽にお問い合わせください。

ご応募、お待ちしております!

■お問い合わせ
ENBUゼミナール
東京都中野区本町2-28-11-2F
Email: enbu-info@enbuzemi.co.jp

TEL: 03-5358-5211(平日10:00~22:00、土日10:00~18:30)

2012-03-14 14:28:52

卒業生が若手演出家コンクール2011にて優秀賞&観客賞を受賞!!

テーマ:授業レポート
若手演出家コンクールで、

卒業生の村井雄さん(開幕ペナントレース)が

優秀賞&観客賞を受賞合格

残念ながら最優秀賞は逃しましたが、

圧倒的な得票で観客賞を受賞いたしました。

村井さん、本当にオメデトウございま~す!!

コンクールの詳細はこちら

そんな開幕ペナントレースの公演が間もなく始まります。

『アントンとチェーホフの桜の園』
3月22日~25日
アサヒ・アートスクウェア

是非、ご覧下さいビックリマーク
2012-03-14 14:07:33

福原クラス初日、満員御礼!本日18時が早くも千秋楽です!!

テーマ:演劇作品
2011年春期演劇コース・福原充則クラス(昼間部)が

昨日、初日を迎えました。

な~んと、満席札止めとなってしまいました!!

お帰りいただいてしまったお客様、

本当に申し訳ございませんでしたしょぼん

そして1時間30分の公演が終了すると

ロビーは人で溢れかえり、

「面白かった~!!」

「泣きました・・・」など

いろいろ感想やコメントが出演者に飛び交いました。

そして、本日はマチネ・ソワレとなり、

18時からの公演が千秋楽です。

まだお席には余裕がありますので、

今ならゼミまでお電話下さ~い!

福原クラスの皆、今ある力をすべて出し切って下さいパンチ!



2012-03-05 15:10:34

ゼミスタッフ池辺さんが赤ちゃんを連れてゼミに来ました!!

テーマ:スタッフの日記
昨年10月15日に女の子を産んだスタッフ池辺さんが、

本日娘さん(創純ちゃん)と一緒にゼミに来てくれましたクラッカー

ENBUゼミナール

ENBUゼミナール

いやぁ~、カワイイ!!

明日から池辺さんの実家へ行くそうで、

生まれて初めての初飛行機飛行機 で~すアップ
2012-02-27 15:41:43

卒業生・鈴木太一監督がゆうばり国際にて3冠受賞!

テーマ:卒業生
卒業生監督がまたまたやりましたビックリマーク

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にて

卒業生・鈴木太一監督による『くそガキの告白』

「審査員特別賞」

マスコミ、興業関係者が選ぶ「シネガーアワード」

主演の今野浩喜(キングオブコメディ)「ベストアクター」

以上3賞を受賞!!

そして、さらに主演の今野浩喜さんは

「ゆうばりファンタランド大賞人物部門」も受賞。

これも合わせると4冠達成クラッカー

残念ながらグランプリは逃しましたが、

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭での

ENBUゼミナール卒業生初受賞として本当に嬉しいです。

そして卒業生・小栗はるひ監督が

エントリーしていた作品『どんずまり便器』から

「ベストアクトレス」として主演 菜葉菜さんが受賞。

結果、ENBUゼミナール卒業生オールで5冠達成ビックリマーク


『どんずまり便器』は4月14日から渋谷のユーロスペースにて、

『くそガキの告白』は6月30日から新宿のテアトル新宿にて公開されます。
2012-02-27 14:48:41

3分間ムービーフェスティバル開催!

テーマ:授業レポート
昨日は「3分間ムービーフェスティバル」を

学内で開催いたしました。

ENBUゼミナール-3分間ムービー
(スイマセン蛍光灯が妙に明るくて)


「3分間ムービーフェスティバル」とは

映画監督コースの生徒たちが

「3分間」という時間制限の中で、

決められた「テーマ」の作品を自由に制作し

発表する学内イベントです。

2011年春期から講師の方や卒業生を審査員として迎え、

順位も発表するというシビアさもあります。

昨日の講師審査員は池田千尋監督

卒業生審査員は平波亘さん、味澤幸一郎さん、名倉広さん、今野恭成さんの4名。

2011年秋期映画監督コースの中から今回エントリーしたのは以下の6名。

今福達也『別の世界へ』

上田浩之『Etude of the Living Dead』

森下亮『であい君』

菱川ダニエル『五十年の孤独』

山田祐希『永遠に正しく出会えない私達』

山本真希『instant men』

いやぁ、今回の作品レベル、非常に高いビックリマーク

審査員も悩みに悩んで順位発表。

クラッカー第1位 合格山田祐希『永遠に正しく出会えない私達』

第2位 山本真希『instant men』

第3位 菱川ダニエル『五十年の孤独』

順位発表の後で、

今回審査員をしていただいた卒業生が

寺子屋ゼミナールで撮影したワンピース作品を上映!

味澤さん、名倉さん、今野さんの4作品。

やはり卒業生は一味違う力作でした。

そして、その後はお決まりの居酒屋での交流&反省会。

こういうのも大事なんですよね~。
2012-02-18 17:41:06

【演劇コース】【監督コース】三浦大輔さんの授業

テーマ:授業レポート

本日は、11秋の演劇コースと監督コースの生徒が、
三浦大輔さん(ポツドール)の授業のために来ています!


なんと目 監督コースはここで、俳優として授業に参加します!

自ら演じてみることで、俳優の気持ちを理解し、
その体験を通して、「演出する」ということについて学びます。
とっても大事な授業です。


去年はこの「演劇講座」がきっかけで、演劇にはまる生徒が続出するほどでした。
11秋の生徒たちはどうでしょうか??

反応が楽しみです!

2012-02-16 21:06:33

映像科日記(4回目)

テーマ:スタッフの日記
どうも
映像科です

雪です!
雪の少ない地域で育った僕はテンション上がります
ソイッ!WOW!

はい

まぁ
終わるものがあれば始まるものもあるわけで

篠原監督の次は
山下敦弘監督の映画制作も本格的に始動です

生徒をしごく段階で
まだまだ撮影まで時間がかかりそうですが
身の引き締まる想いであります

過去ENBUゼミナールで『不詳の人』、『道』
という快作を生み出してきた山下さん

今回はなにをやるかって?

ドロップシネマを楽しみにしていてくださいよ
ふふふ…


では今日はこの辺で


最後に2月14日の釣果を報告

$ENBUゼミナール
大漁じゃー!

※上記は一例です
その他にもたくさんいただきました

みなさま本当にありがとうございます
また肥えてしまう…
2012-02-13 15:29:59

映像科日記(3回目)

テーマ:映像作品

こんにちは。


少しずつ暖かくなってまいりましたね。

時間は前の記事と前後しますが、11年春映像俳優コース「篠原組」がオールアップしました!


神奈川県葉山のロケセットにて夜中まで撮影、撮影、ご飯、撮影の毎日。

緊張感のある日々を出演者である生徒さんも過ごしていたご様子。


ENBUゼミナール-篠原組

朝は日が出る前から準備をし神社で撮影。


ENBUゼミナール

ロケセットの裏(飾り込み前)で休憩中。


ENBUゼミナール

日常を離れお芝居に集中できる濃密な時間をスタッフキャストさんと共に過ごすことができました。


ENBUゼミナール



今は毎日絶賛編集中であります!

4月のドロップシネマフェスティバルが楽しみです。本当に!