食のおもしろことわざ話 ⑦ ~冬編~

テーマ:

袖すりあうも他生の縁

 今日も素敵なご縁をいただきありがとうございます。


『食のことわざおもしろ話し』

その七  
案じるより団子汁



意味 : あれこれ心配したところでなるようにしかならないのだから、団子汁でも食べて気楽

     に待つのがよいということ


解説 : ずばり平常の精神衛生法をさとしている。「案ずるよりも生むが易し」をもじった

      しゃれたことわざ。


     

ちょっと雑学 : 精神衛生法といえば、杉田玄白の著作に 「養生七不可」というものがある。

           これは養生の七つの不可のことで・・・

         

            1 昨日の非は恨悔すべからず。
           2 明日の是は慮念すべからず。
           3 飲と食とは度を過ごすべからず。
           4 正物に非(あら)ざれば、苟(いやしく)も食すべからず。
           5 事なき時は薬を服すべからず。
           6 壮実を頼んで、房をすごすべからず。
           7 動作を勤めて、安を好むべからず。


  つまり      1 きのうの失敗は後悔しない。
           2 あしたのことは心配しない。
           3 食べるのも飲むのも度を過ぎない。
           4 変わった食べ物は食べない。
           5 何でもないのにむやみに薬を飲まない。
           6 元気だからといって無理をしない。
           7 楽をせず、適当に運動を。

 

   まさに養生訓ですね^^  




きもったま姐さんのブログ




にほんブログ村