最近よく入ってくるNSRエンジンのOH(^-^)
今回のはオートボーイのシリンダーキットで100ccに排気量UPしたものです…………

が、お客さんから振動がいきなりひどくなったとの事で、フライホイールを動かしてみると、上下方向に動くのでクランクサイドベアリングは間違いなしに破損しています(^_^;)
心配なのはクランク自体が既に入手困難なので、使えるかが心配です。
取り合えずケースを割ります。

またまたいつものようにカッターの刃を使ってケースを痛めないように(^-^)

開けてみるとサイドベアリングは粉々寸前やったんですが、それよりももっと深刻な問題が(^_^;)
ケースのベアリングハウジングが広がってしまって、新品のベアリングを入れてもかなりガタガタなんです( ̄^ ̄)
まあ、仕方ないので、何とかします。

よくチンポ…………ではなくポンチでハウジングの周りを叩いて絞めてるのを見かけますが、ヒデハルではポンチは使いません。
こんなタガネのような物で叩いて絞めるんです。
ポンチは点しか叩きませんのでまあ子供騙し程度で熟知してない素人レベルですわ(-。-)y-~
このタガネでは外周前面を絞めれますので、熟知している方なら必ず私と同じやり方でやられますね(`・ω・´)✌
下の写真がハウジングを絞めて縮めたものです。
通常NSRはL側はベアリングがスコンと入りますが今回のはベアリングが入らないように意図的に( ̄^ ̄)


ハウジング何とかなりましたが、クランクにもL側がオイルシールの段つきがかなり激しいので、通常は交換ですが、クランクがすでにありませんので、オイルシールの打ち込みの深さを変えて段つきのないところにオイルシールを固定します。

ここもかなりキッチリ位置を出さないとだめなので、ちょっと浅めに固定することにしました。
オイルシールを浅くしたら一次圧縮が…………

なんて、ド素人ですよ( ̄^ ̄)
その程度で一次圧縮は下がりませんし、ボアUPした時点で一次圧縮はかなり上がります(-。-)y-~

下の写真はオイルシールを入れる工具です。
以前も書きましたが通常打ち込みますがヒデハルでは確実に入れるために特殊工具を使います( ̄^ ̄)
以外と斜めに入るんですよ(,,• ₃ •,,)

さて、クランクを組み付け…………

フライホイール側のテーパー部分がかなり酷い状態になっております(ll゚д゚ll)

直したらなあかんやろうなぁ(-。-)y-~
でもあまり削る余裕がないところなので、旋盤で0.1㎜だけ同角度で整えました(`・ω・´)✌
削り過ぎるとフライホイールの位置が変わってしまいますからねぇ(,,• ₃ •,,)
なんとかましになったかなぁ( ̄^ ̄)

あとはクランクを引き抜いてケースを合わせます(^-^)

おっと、R側のサイドベアリングも交換せんと(^_^;)
ヒデハルではベアリング挿入もノーマルのインストゥーラは使用しません。
独自の特殊工具を製作して、常温で引き込みます。
よくネットで見かけますよね。
ケースを少しあぶってベアリングを入れるみたいな…………( ̄^ ̄)
しかもショップがやっとんねん。

ただのアホですよ。
絶対あぶりません。
下の写真がベアリングを引き込んでいるところです。
ノーマルインストゥーラは打ち込みますがうちでは確実に入れるために引き込みます。

R側のオイルシールを入れる前にカラーが酷い段つきを起こしてますので、これも新品に交換です(,,• ₃ •,,)
ちょっと気になったんで、外したオイルシールの中を見てみると…………( ̄^ ̄)

やっぱりモリブテンほりこんでますねぇ(-。-)y-~
皆さんよくモリブテングリス使われてますか?

グリスには種類が沢山あります。
使用用途によってうちでも使い分けていますが…………( ̄^ ̄)
用途わかってます?(-。-)y-~
モリブテングリスは通常ギヤどうしの当たりをとったりするものなんです。
削る為のグリスです。
それをシールの-内側に使こてどないすんねんな(-。-)y-~
みんなもやってるやろ?(=_=)
考えて使わな( ̄^ ̄)

さてR側のクランクのサイドシールを挿入します。
これも通常の打ち込みではなく確実に入れるために特殊工具を製作し締めこんで入れますねん(`・ω・´)✌

あとはクラッチを…………

あっ、( `Д´メ)
ギヤの破片見つけた( `Д´メ)
走り屋のガキんちょが狙ってる女の子の話をしに来てたので危うく見落とすところでしたわ(^_^;)
クラッチのドライブギヤがかけてますやん(^_^;)
これも新品に交換です(,,• ₃ •,,)

あとはクラッチを取り付けて…………

あっ、( `Д´メ)
バランサーアイドルギヤが( ̄^ ̄)

なれと言うものは怖いもので、一瞬みただけでおっぱいのカップ数が…………(,,• ₃ •,,)

失礼(^_^;)
ギヤがずれてるのがわかりました(^_^;)

このギヤ、ノーマルは4枚のギヤで形成されてますがフリクションロスになるので内側のギヤを取り除くのはよく知られています。
でもこのギヤ、かなりの力で圧入されてまして、一旦抜いて入れる時に相当ぴったりと合わさないとギヤがずれるんです。
写真の左を見てください。
金尺をギヤの凹に入れると左右のギヤがずれてるのがわかります(^_^;)
右上の写真でもわかるでしょ?あきらかにずれてます。
直したのが右下です(,,• ₃ •,,)
まあ適当なショップやプライベートならこんなもんでしょうねぇ(-。-)y-~

でもこのアイドルギヤは続きがありまして。
下の写真を見てください。
ギヤを修正した後の写真です。
合いマークが少しずれてるのがわかるでしょ?

じつは修正前のギヤではこの合いマークがぴったり合ってたんです(^_^;)

なにが言いたいかと言うと、ひょっとしたらこのエンジンを作られた方はわざとギヤをずらしてクランク側とバランサー側の合いマークが合うように加工されてたのかも…………(,,• ₃ •,,)

しまったぁ(ll゚д゚ll)

なんて事はありません。
ひょっとして、わざとギヤをずらして合わされたとしても、ノーマルギヤが左右ぴったり合ってます( ̄^ ̄)

と、言うことは…………?(,,• ₃ •,,)

ケースにある合いマークと言うのはあくまでもアバウトなんです。
それを必死にギヤをずらしてまで合わせるなんて…………(^_^;)

まあ頭のいい方なのかもしれませんが、もう少し考えが足りなかったんでは?(^-^)

さてクラッチもとりつけたので、完了(,,• ₃ •,,)

私の様な職種の人間はアホではできません。

考えて考えて考え抜いて物の構造を理解しないと出来ない仕事なんです。

最近はネットでググれば何でも調べれますが、まずほとんどが素人の書き込みでしょ?
それを安易に信用する方が非常に多いです。

ネット社会の悲しい現実ですねぇ…………

0.1millimeter accuracy
ヒデハルエンジニアリング

追伸(,,• ₃ •,,)

シリンダーはどっかでポート加工されてましたが既に吸気のセンターリブにクラック入ってますわ(-。-)y-~