いながき@ありがとうです。

 

ライトエモーションフリーでの、『子供の不登校を見守るお母さん』向けのフレーズです。

 

フレーズ自体はネガティブよりに作るのがポイントです。

 

子供の不登校を見守るお母さんはその心配の大きさを測りましょう。最大で10です。

それに対して今、相対的にどれくらいに感じるかを数値で書き留めます。

 

次に、胸の付け根(左右どちらかの青い■のところ)に手を当てて、次のフレーズを唱えます。

『私だけしか、子供の幸せにできないと決めています。そう考えています。そう感じています。そう信じています。そういうパターンを持っています。そういう部分を持っている自分を深く受け入れて深く愛します』

 

強い想いはお互いに袋小路に入ってしまうので、少し力を抜くと良いですね。

気持ちではなく現実を変えることが大事です。

 

そして、先ほど書き留めた数値と比較します。小さくなっていれば変化有りです。

そのまま何度か唱えましょう。全く変化のない人は、無意識的にもそう思っていないと解釈してください。

 

数値は0になるまで何度か唱えますが、数値の下がりが止まってしまったら、もうちょっと具体的なフレーズにしたりして工夫してください。

 

数値が0になると、ちょっと感覚が変わっているかと思います。それで解放終了です。

 

ライトエモーションフリーのやり方(簡易版)も、ご覧下さい。

 

感想等は、LINE@からお願いします。


一般社団法人行動変容協会

エモーションフリーをはじめ各種セラピーを教えています。

ライトエモーションフリーのやり方(簡易版)を公開しています。

 

フレーズを唱えた結果や感想や質問はLINE@からお願いします。

全てにはお答えできませんが、目を通させていただきます。スタンプだけでもOKです。

友だち追加