● 天空が描く美しい18度の奇跡

こんにちは。大人の占星術:旅する占星家・Emmy(蛭田えみ)です。

6月14日の夜、天空は18度祭りだ。

現在、本来の場所にある、射手座の木星と山羊座の土星と魚座の海王星。

この3つが、それぞれの星座の、18度。

それに加えて、蠍座の月、蟹座の火星までが、18度に並ぶ。

この日の夜は、夜空を見上げながら、または、暗い浴室の中にキャンドルをともしながら、自分の内側に、向き合ってほしい。



18度は、サビアンでは19度。

「膨らませる」という度数だ。

人は、目の前の日常しか見えていないと、充分な力を発揮することができない。

実現不可能なように感じる、イマジネーションの世界でもいいから、自分がやりたいことを、大きく膨らませる必要があるのだ。

そして、その夢の中にある、一筋の現実とのつながりを、手に取っていく。

この度数は、3つ目の始まりでもある。

ただ単に、時が経って、新たにスタートするということじゃなくて、たくさんの経験を積んできたからこそ、見えるものがあるし、信頼できるものがある。

とりわけ、安全圏から飛び出すような経験は、私たちを成長させてくれたはずだ。

また、この18度のホロスコープでは、水のグランドトラインができてて、そこに、火と地の要素が加わっていて、風がない。

自分に向き合うということは、正しさをはかる理論や知識は、一旦休んでてもらうこと。

例え、常識的に正しかったとしても、自分の中で、解決していない事、腑に落ちていないことは、終わったことにする必要はない。

・・・っていうか、できないはずだ。

例え過去の出来事であろうと、今思い出すなら、今の感情だ。

しっかりと向き合い、あなたが未来に向けて、どんな行動を起こすために、持ち続けている想いなのかを、問いかけてみてほしい。

その時すぐにはわからなくても、数時間後、数日後、遠くない未来に、答えはやてくる。

家事の合間に、ホッとしている時かもしれないし、仕事の後、買い物をしている時かもしれない。

答えがやって来る時や場所は、自分の心の奥に委ねてみよう。

きっと、あなたに必要なことを、キャッチできるだろう。





あなたの星の世界を思いっきり生きる!

人生が変わる星の世界24ステップ

ー 24日間無料メール講座 ー

【無料公開】

↓↓↓今すぐ内容を見てみる↓↓↓