占星術家Emmyの星物語~星の声を聴く、もっと自分を好きになる!

占星術・ホロスコープには、人生の使命や才能が、描かれています。星占いではないのです。
新月満月の力の使い方、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座、12星座、それぞれの質をいかす方法をお伝えします。


テーマ:
● 実践講座で使うホロスコープ~ソーラーアークとセカンダリープログレス

こんにちは。蛭田えみです。

生まれた時のホロスコープって、一生変わりません。

だから、才能を読み解いたり、両親との関係を見るのに、使います。

でも、才能の次に知りたいのは、時期。

いつどんなことが起こりやすいのか。

時期を知るために使われるホロスコープがあります。



ソーラーアーク、セカンダリープログレス、トランジット(ソーラーリターンで見ることも。)

ソーラーアークとセカンダリープログレスは、天体の動きによって、未来を予測していく方法です。

セカンダリープログレスは、1日1年法とも呼ばれます。

1日後の天空の星が、1年後の運勢を表すという、考え方です。

32歳の時の運勢を知りたかったら、生後32日後の星の配置を見ます。

プログレスは、太陽・月・アセンダント・MCを使うことが多いです。

トランスサタニアンは、ほとんど動かないので、使われません。

ソーラーアークは、太陽の動きは、セカンダリープログレスと同じです。

そして、その他の天体は、太陽が動いた度数だけ、動かします。

これだと、冥王星などの、動きの遅い天体も活用することができます。

セカンダリープログレスでも、ソーラーアークでも、大きな変化が示唆されるとき、人生の変化が起こりやすいのです。

例えば、私は42歳~43歳で、とても大きな人生の変化を体験しました。

もちろん、天王星のハーフリターンの影響もありました。

しかし、セカンダリープログレス(SP)や、ソーラーアーク(SA)にも、強い時期表示があったのです。

SPアセンダントと太陽が、n土星と冥王星に強くコンタクト。

生命の活力である、アセンダントや太陽が、土星と冥王星にコンタクトしたこと時期は、生命の危険も考えられます。

それがあったから、やりたいことをしようという決断ができたのだと思います。

冷静に考えたら、子供が大学に入学したばかりの時期に、退職して、起業するなんて、考えられないですから。

SA金星が、n太陽・ノード・MCに、SA土星・冥王星が、n月に強くコンタクト。

かなり、強く影響しているものだけ見ても、これだけあるのです。に強くコンタクト。

金星と太陽は、いかにも恋愛っていう感じです。

恋愛に限らず喜び事の表示ですね。

そして、出会って1週間で結婚を決めたことは、縁であるノードが表しています。

また、MCにも影響していることで、仕事を変わる可能性も、表れています。

土星・冥王星と月は、ここでも健康に関するテーマが、表れています。

月は、12ハウスルーラーで、6ハウスにあるからです。

かなり、強く影響しているものだけ見ても、これだけあるのです。

この時期に、何も起こらない方が、不自然ですね。

占星術は、運命論ではなく、持って生まれた才能を、様々なことに使うことができます。

だけど、避けて通れない、大きな転機があるのも事実です。

星の声を聴いて、過去に怒った意味を検証し、未来に想いを馳せる。

ホロスコープを目の前にしたときの、何よりの醍醐味です。

占星術への入り口は、2時間凝縮講座から。

   
@emmylifeで検索
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

旅する占星家:蛭田えみ  (Emmy)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります