みぶきえみです。

今日は七夕七夕

子供たちが小さかった頃
サ行がうまく言えなくて

『ちゃちゃの葉ちゃらちゃら~』

と、歌っていたのが懐かしい。

講座でトランジットの話をしてると
久しぶりに、プラネタリウムに
行ってみたいなと思った。

だって、街中の空は
なかなか星がきれいに見えなくて。

夏の夜空に一晩中輝く
ひときわ明るい3つの星。


はくちょう座のデネブ
わし座のアルタイル
こと座のベガ。

この3つを繋ぐと夏の大三角ができる。



星座は、あまりわからないと言う方も
七夕のお話なら知ってるんじゃないかな。

ベガは織姫、
ルタイルは彦星としても有名。


この2つの星は
実際には約15光年離れてて
光の速さで移動したとしても
15年かかる距離。

お話では、織姫と彦星は
まじめに働くことを条件に
1年に1度会えることになってるけど笑い泣き

七夕の7月7日は梅雨時期でもあり
キレイな星が、見えないことも多い季節。

小さい頃、雨の空を見ながら
織姫の気持ちを考えて
悲しくなったことを思い出す。


純粋だったんだなぁ~(笑)

七夕はもともと
旧暦の7月7日のお祭り。

今の7月7日と旧暦の7月7日では
ベガとアルタイルの高度が
ぜんぜん違う。

旧暦7月7日なら
宵の空に織姫星・彦星を含む
夏の大三角形が
天頂に昇っているので
天の川もよく見える。

そして、必ず上弦前後の月が出てる。

この月が正しい七夕の脇役だ。

天の川を東から西へと渡っていく月が
二人の渡し船という
設定になっているからだ。


だから、七夕は
月齢に合わせた旧暦で
楽しめる行事だ。

夏の空には、この大三角のほかにも
いて座やさそり座などの
有名な星座が空を彩る。

子供の頃、星空を見るのが大好きで
天体望遠鏡付きの本を
買ってもらったことがある。

なかでも、この文章は
ずっと頭に残ってる。
下矢印
『もし月まで新幹線で行くと。
…あなたの孫の孫の孫の・・・・・・が
おじいさん、おばあさんに
なったときに着きます。』


この文章とイラストは
今でもはっきり覚えてる。

記憶をたよりに描いたのが、この絵。

月まで行くお話だったのに
記憶にあるのは
わっかが綺麗な土星。

きっと記憶の混乱が
起きてるんだろうけど。



宇宙の大きさに
とてつもない感動を覚えたのが
占星術への入口だったかも。

街中では、自然の夜空では
なかなか見えにくい星空。

たまには、プラネタリウムで
ほっと一息ついてみて。


下矢印七夕の優待価格・お申し込み開始
下矢印七夕・スタートオープンチャット